100歳まで生きたいと思う?

2017年06月01日

「100歳まで生きたいと思うか?」というアンケート調査(朝日新聞2011.10.5)をしたところ、「いいえ」と答えた人の割合が65%にもなり、100歳まで生きることへの消極的な意見が多く見られました。

主な理由は、「病気になってまで生きたくない、親族に迷惑をかけたくない、100歳に意味を感じない」など、、、

逆に「はい」と答えた人は35%。当然のことながら積極的な意見が多く、「やりたいことがたくさんある、孫子の成長を見届けたい、長生きすればいいことがある」などでした。

さらに「もし自分で自分の寿命を決められるとしたら、いったい何歳まで生きたいと思うか?」というアンケートを全国の30代〜40代の女性100人にしたところ、なんと! 平均77歳という結果に・・・

現在、女性の平均寿命は86.6歳。世界最長寿を誇っていますが、悲しくも30代〜40代では、それよりも10歳も短くていいと答えているのです。

なぜそうなるかというと、「年を取るほど病気が増える、他人の迷惑になる、長生きしていてもつまらない」など、若い世代ほど年を取ることに対して、かなりマイナスのイメージで捉えているのです。悪く言えば、年寄りは自立できなくなった厄介者と映っているのでは?

しかし、本当にそれでいいのでしょうか?
だれでも年は取ります。しかも、それは極めて必然的で公平なことです。
では、77歳まで生きられればいいと思っている人が、その年になった頃に本当に死んでもいいと思えるのか? 「いや、今は死にたくない、もう何年か生きたい」となることは間違いないでしょう

さらに、80歳になったからといっても同じです。人間、もう死んでもいいとは中々なれないのです。
生きている限りは「生きていたい!」と思うのが人の性(さが)。それも元気であればなおさらです。

ところが平均寿命80歳といっても、その前に亡くなる人は5割近くいるのです。
そして、その多くは、がん、心臓病、脳卒中などの生活習慣病が原因です。

「病気になってまで生きていたくない」と言いながら、その実状は辛い病気に罹って死んでいっているのです

平均寿命まで5割死亡.jpg

その一方で、100歳近くにると、がんの死亡率は極端に少なくなります。老衰や肺炎などによる死亡が多くなります。

年代別がんの死亡割合.jpg

寝た切り要介護の第1の脳血管疾患による死亡割合は、50代以降、100歳になってもそう変わりません。

つまり、“100歳長寿”に近くなるほど、がんにも生活習慣病にも罹りにくく、最後まで元気でいられる可能性が高いのです。また、仮に要介護になっても、その期間はかなり短くて済みます(寿命も近いですから、、、)

さらに調査してわかったことは、100歳以上生きている人のほとんどは、100歳の時点で日常生活に不便のない、自立した生活を送っているということです(慶應大学医学部老年内科学教室の新井康通医師より)100歳長寿者の元気度.jpg

ピンピン110歳目指して 活動中。仕事もやれる間はやり、生涯現役を目標にしている。
ナガシマ プロフィール こちら→
posted by Dr.ナガシマ at 11:25 | アンチエイジング

介護のリスクを下げる!?

2017年05月25日

『ピンピン110歳』を目指す私にとって、介護になることは絶対に避けなければなりません。

その原因を調べてみると、血管系の疾患が28%、ロコモ関連の疾患が23%となっています。血管系疾患とは、脳卒中・心疾患・糖尿病などのことです。

また、ロコモとは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下してくることをいいます。

このように介護になる原因の半数以上は、「血管系の疾患」と「ロコモ関連の疾患」なのです
これらの疾患は主に生活習慣に起因することから、『生活習慣病』とされています。

では、自らが介護にならないようにすることはできるのか? そのためにはどうしたらいいのか?

まず60代、いや50代になったら生活習慣病に罹らないことです。さらに、できるかぎり老化を防止する(アンチエイジング)という自助努力が必要です。

先述しましたように、介護になる原因の半数以上は「血管系の疾患」と「ロコモ関連の疾患」。つまり、これらに関係した生活習慣を見直すだけでも、介護のリスクを半分以下にすることができるのです

一方、遺伝などの影響は比較的小さいことがわっています。

要介護になった原因.jpg

生活習慣の改善で血管系疾患の予防はできます。介護のリスクも低くできるのです。

自分の努力次第で介護にならなくて済むことを、あらためて肝に銘じようと思います

介護になった場合心配なこと.jpg

ナガシマプロフィール →

そら サプリメント →
posted by Dr.ナガシマ at 16:35 | 介護問題

医療で生活習慣病と要介護をなくせるか?

2017年05月22日

“お任せ医療”になっていないか?
生活習慣病とは、その名のとおり「食生活や運動習慣、休養、喫煙、飲酒など」の生活習慣が悪化することで引き起こされる病気です。がん、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、肥満など、そのほとんどは生命を脅かす病気です。ちなみに、<歯周病や虫歯>も生活習慣病にあげられています。

では、こうした生活習慣病を医療に任せるだけで治るでしょうか? 

残念ながら、自分から生活習慣を変えない限り、根本的には治らない病気なんです。
「先生、なんとかしてください」「すべてお任せします」といった”お任せ医療”ではけっして治らない。

聖路加国際病院名誉院長の日野原医師も「自分のことを医者に頼りきりではいけない。皆さんの健康は、皆さん自身が守るのです」、と言っているのです。

生活習慣病とは?.jpg介護が必要となった原因.jpg

薬で「完治」できるのか?
例えば医薬品。「血圧をコントロールする」「血糖値を下げる」「コレステロール値を下げる」「がんを縮小させる」。こうした薬は症状をおさえることが目的で「完治」にはつながりません。
抗がん剤にしても、がんが縮小する効果があるのはすべての患者ではありません。
※4週間で(たった)2割の人に50%の腫瘍の縮小が見られれば効果ありとして、“抗がん剤”に認可されてしまいます。

薬を逆に読めばリスク.jpg
がん治療も根本の原因が取り除けていない、だから再発する!
実はがんも、がん細胞自体が本当の原因ではなく、がん細胞をつくってしまう事(つまり、生活環境や生活習慣のありかた)が根本の原因なのです

そして、今のがん医療では、この根本の原因を問題にしていません。治療が目的で、予防は目的ではないからです。対症療法なのです。

根本の原因が取り除けていないのだから、再発することに何の不思議もないのです

S200P7
posted by Dr.ナガシマ at 17:12 | 生活習慣病

「朝食を抜くと太る」という過度な信仰の罠

2017年05月06日

東洋経済新聞のオンラインに
「朝食を抜くと太る」という過度な信仰の罠
朝食と体重の関連性は明らかになっていない

という記事が載っていました。

http://toyokeizai.net/articles/-/121488

いかに肥満やダイエットに関して、ウソの情報が流されているかということですね。
「朝食をしっかりとならければいけない」という情報も、実はコーンフレークを販売しているケロッグが仕掛けたという話もあります。

では、どうような食事のしかたで、肥満を防ぐことができるのでしょうか? 私の提案はつぎのようです。

肥満する、肥満しない食事法.jpg

この方法で得られる大きなメリットは・・・

「栄養のバランスが整えられる」「体脂肪を減らすことができる」「正しい食事法なので続けられる」「より健康になる」など。
そして、生涯にわたって肥満を解消することができるのです。


からだのリズムからすれば、午前中は排泄の時間なので軽めにし(栄養補給はしっかりしておく)、むしろ食事のメインは夕食とすべき。食事と自律神経は密接な関係があります。

jiritusinkeigurafu.jpg


BOSSダイエットは、このリズムにもそった自然で健康にもよい方法です。 詳しくは→






posted by Dr.ナガシマ at 16:04 | 肥満防止

自立が失われる年齢と、そのパターン・・・

2017年04月24日

いくら長生きといっても自立性が失われては、生き甲斐もなくなるし、楽しくありませんね。
「ピンピン110歳」を目標とする私にとっても、一番に気をつけなければならないことです。

では現実はどうなのでしょうか? その調査結果があります。
注目すべきは、多くの方が自立が失われ要介護となる中、男性の場合、生涯を自立して生きる人が10%以上もいるというのです。では女性の場合は・・・

秋山弘子・東京大学高齢社会総合研究機構特任教授は、全国から無作為に抽出された約6千名の高齢者の生活を20数年の間追跡調査し、その結果を報告しました(下のグラフ参照)。

このグラフは、「お風呂に入る、電話をかける、電車やバスに乗って出かける」といったごく普通の日常生活の動作を介助無しでできるか? つまり、自立して生活できる能力を加齢別、男女別に表したものです。

【縦軸】は自立の程度を示します。3点は自立して日常生活ができる状態。2点、1点と下がるにしたがって自立度が下がり、介助が必要になります。【横軸】は年齢です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<男性の場合>
男性のパターン.jpg
 
3つのパターンが見られました。
@約2割の男性は70歳になる前に健康を損ねて死亡するか、重度の介助が必要。長寿社会においては“若死”といえる。

A80歳、90歳まで自立を維持する人が10%以上存在する。しかし、残りの大多数の7割は75歳ころまでは元気だが、そのあたりから徐々に自立度が落ちていった。

<女性の場合>
女性のパターン.jpg

@男性と同様に、約1割を超す人たちが
70歳になる前に健康を損ねて死亡するか、重度の介助が必要になった。


A9割の女性たちは70代から衰えていった
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

男女合わせると、約8割の人たちが70代半ば(後期高齢)から徐々に衰えはじめ、何らかの助けが必要になった。

また男女別の特性として、男性は脳卒中など疾病によって急速に動けなくなったり、死亡する人が多く、女性は専ら骨や筋力の衰えによる運動機能の低下により、自立度が徐々に落ちていっています。

つまり・・・、
●男性の場合は「生活習慣病」における血管系の病気の予防
●女性の場合は「サルコペニア(筋肉減少症)や骨粗しょう症」などの予防

が特に重要になるということなのです。

自分のためにも、家族のためにも、はたまた国家のためにも、
自らの健康は第一で考えていかないといけないですね!


女性のサルコペニア.jpg

健康な状態を保つか? 加齢と伴に衰えるか?.jpg

生涯現役、ピンピン110歳をめざす!
ナガシマ プロフィール →
posted by Dr.ナガシマ at 11:27 | アンチエイジング

肥満しない食事法について

2017年04月07日

肥満が病気になりやすのみならず、老化をすすめてしまうことも科学的にわかってきました。
こうしたことから肥満がアンチエイジング(ピンピン長寿)に対して、大敵であることは言うまでもありません。

では、どうしたら肥満を防ぐことができるのでしょうか?
食事法に関する提案を一つしたいと思います。

よく言われている、「朝食は多く、夕食は少なく」は大きな間違いということです。
なぜなら、「朝食を多く食べると、体の本来の生理作用と相反するもの」となってしまうからです。
その結果として、肥満しやすくなるのです。

これまで言われてきたこととは、全く相反しますね!

ドイツのミュンヘン大学の研究によると、朝食をしっかりとる人は、少しだけ食べる人や食べない人に比べて、“カロリーを多く摂りすぎる傾向にある”との結果を報告しています。

交感神経・副交感神経 24h.jpg

実は、私たちが当たり前と思っている1日3食の食生活が定着したのは「近代」に入ってからです。
この習慣が登場したのは明治時代、それも富国強兵のためという説があります。

そして、戦後の高度経済成長期になると過食へとつながっていきます。
このため「1日3食」の習慣はカロリー過多になり、肥満やメタボ、生活習慣病の原因になってしまったのです。この食事のあり方は考え直さなければなりません。

現代人が太りやすい食習慣は・・・、

1日3食×.jpg

なのです。

では、肥満しない健康的な食生活とはどうあるべきなのでしょうか?

肥満しない食事.jpg

そもそも本来の人間の食習慣は「夕食中心」といえます。いまのような近代化された現代であっても、体の機能は私たち祖先と比べてあまり変化はありません。

人間本来の機能に適合した「夕食中心」の食事法にもどす必要があります。

先祖達の食事法.jpg

栄養バランスをとって一生スリムを維持する食事法「BOSSダイエット法」はこちら→






posted by Dr.ナガシマ at 10:47 | 肥満防止

最後まで活動的に生きる方法

2017年04月03日

そもそも歳って何? 誰が決めたの? 私にしたら大きなお世話。
歳だからという理由は、自分には関係ないとしたほうがいいと思います。
自分のことは、他人ではない自分が一番よくわかっているのだから・・・

実際、百歳で現役のスキーヤーだった三浦敬三さんや、今年百歳を越える聖路加病院の日野原医師など、年齢に関係なく活躍している人たくさんいます。日野原さんは何と!10年後までのスケジュールを決めているそうです。

いまや百歳長寿者は6万人を越えました!

三浦、日野原さん.jpg

科学的には、人間の体というのは120歳まで生きるように作られているそうです。
そこまで生きられないというのは病気をしたり、生活習慣や生活環境がよくなく、体がダメージを受けて寿命が短くなってしまうからなのです。

よく、うちの家系は短命だから、がん家系だからといって、自分の寿命を決めてしまう人がいるけれども、ほとんど根拠ありませんね。
遺伝が寿命に影響する度合いは、科学的には10%以下が定説なんです。
残りの90%は、生活環境や生活習慣です。

私はよく言うんです。
「もし、がん家系だとか、遺伝だとかが正しいとすれば、日本人の2人に1人はがんに罹り、3人に1人はがんで死んでいる、だから、ほとんどの人ががん家系になっちゃうよね?」
実際、誰でも「がん遺伝子」を持っているから、誰でもが、がんに罹る可能性はあります。
しかし、それも生活環境や生活習慣が重ね合わさって、はじめて“がん細胞”が増殖するということなのです。

もう一つ、“歳取らされちゃう”例。
“歯”についてです。


ほとんどの人たちが年取ったら「入れ歯」が当たり前みたいに思っているのでは?
今、厚生労働省では、「8020運動」というのをやっています。
80歳までに自分の歯を20本残そう!

ちゃんとしたケアさえすれば、何歳になっても健康な歯を残せるんですね。
だから厚労省でも、こうしたキャンペーンをやっている!

歯も「歳だから・・・」と思わされる典型例ではないですか

歯医者さんで「歯を良く磨け」と言われても、実際は難しいですよね。
専門家から言わせると、普通の人が完璧に歯をキレイにするのは、ほとんど不可能だそうです。

68歳になる私は、“歳”をよく聞かれるんですね。
でも、最近は「考えたくない歳になったので・・・」と、答えないようにしています。
心の中では“だから何なの!?”と言いたくなっちゃいます(聞いてくる人にも悪気のないのはわかっていますが)。
それに、趣味でボクシングもやっていますが、歳を理由に手加減されちゃたまりませんからね!

歳は関係ありません。でなければ、せっかくの人生がつまらないものになってしまうと思うから。
それには、まず健康第一ですね!

シャドー私.jpg

ナガシマ プロフィールこちら →

そらサプリメント こちら→
posted by Dr.ナガシマ at 10:38 | アンチエイジング

老化を防ぐ食生活の重要ポイント

2017年03月30日

「元気な長寿」のためには、食生活で何を最も重視すべきでしょうか?

急激にインスリンを上げない!
体内のインスリンを急激に上げない食事が大事ということです。インスリンを分泌する膵臓のβ細胞の働きを弱めてしまうからです。

インスリンは血液中のブドウ糖を細胞に取り込む働きをするホルモンです。このインスリンの分泌が減ったり、効き目が弱くなったりして起きる病気が糖尿病です。
「糖尿病で100歳まで生きた人は、ほとんどいない」そうです

高血糖になると大量の活性酸素が発生し、血管が傷つくため動脈硬化が進みます。
さらには心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすなどにつながってしまうからです。


長寿者はインスリン濃度が低い.jpg

「腹七分目」で長寿遺伝子がオンに!
そのためには“食べ過ぎ”を防ぐことが非常に重要になります。それも「腹七分目」です!
世界的な研究で、普通の食事を与えた個体より、炭水化物、脂質などを通常の7割程度にして与えた個体の方が寿命が延びることがわかっています。

例えば、米国立老年学研究所とウィスコンシン大学でおこなったアカゲザルの実験が有名です。
カロリーを70%に制限したアカゲザルのほうが、いつまでも若々しく寿命も長という結果になりました(ただし、栄養のバランスには配慮しました)

アカゲザル.jpg

昔から、食べ過ぎは短命になるとは言われています。さらに、普通よりも3割減らす小食にしたほうが長寿につながることが、科学的にもはっきりしてきたわけです

でも、単なる粗食になってしまうのは問題です
低栄養になったり、栄養バランスを崩せばかえって老化は進み、病気にもなりやすくなるからです。
たとえ「腹七分目」といっても栄養のバランスは良く、特に「5大栄養素」はしっかり摂ることが不可欠です。

食事と老人斑.jpg

BOSS法の食事は、上記の条件がすべて網羅されています。
アンチエイジングにもなり、生涯スリムを維持していける食事法「BOSS法」詳しくは→




posted by Dr.ナガシマ at 10:41 | アンチエイジング

老化しやすい人 常に若々しい身体を維持していく人

2017年03月01日

下のグラフを見ていただくと、その違いがわかると思います。

若々しさ と年齢グラフ.jpg

動物は意志を持たないので本能のままに老化していき死亡します。

また、普通の人は生活習慣や生活環境に身をゆだねて、健康になろうという意志をあまり働かせません。
したがって、悪い生活習慣や生活環境の影響を受けるまま生活習慣病にかかるか、老化していき死亡します

一方、ちゃんとした意志を持って努力する人は、常に生活習慣の改善に努め、悪い生活環境の影響も受けにくいので、若々しい身体を維持していくことが可能となり、最後には『ピン・ピン・コロリ』です


ピンピン110歳めざし、生涯現役で仕事をもって生きるというのが目標。
ナガシマ プロフィール →

生活習慣病の予防のために身体環境を整える方法とは?!→
posted by Dr.ナガシマ at 17:00 | 健康の考え方

どこのプロテイン・サプリメントがいいですか?

2017年02月28日

当社のプロテイン・サプリメント(名称『サプリタイム』)に関して、こんなご質問がありました。
ご質問者はN様、女性の方です。

【ご質問】ボクシングの超ハードな練習の後はプロテインもしくはアミノ酸を補給しないと疲労が残ってしまい、今までS製品とM製品を飲んでいました。両方共とても良い感じなのですが、M製品は飲み続けると蕁麻疹が出ます。ちょっと怖いです。S製品はホエイ、ソイ共に50食分で4000円位。M製品は45本で6500円位。

そらさんのサプリタイムはちょいとお値段が高い印象、というか、S製品等は何故こんな値段なんだろう?という疑問があります。他のメーカーではもっと安い物もあります。
ただ、自然の食品ではない物ですし、安かろう悪かろうでは元も子もないので、そらさんのサプリタイムを信じて購入した次第ですが、一般的に世に出回っているもので成分について気をつけた方が良いようなことがあったら教えていただきたくご連絡しました。

【ご回答】ご質問、本当にありがとうございます。こうした機会をいただけることをとても感謝しています。

さて、(ご質問にある)他社製品と当社『サプリタイム』との大きな違いは、「スポーツ・運動における補給用としてのものなのか?」、「健康維持・増進やアンチエイジングなどに供するものなのか?」にあるのではないかと思われます。

●配合している栄養素の種類と量が違います
まず、他社製品のプロテイン(たんぱく質)について比較すると、配合量も『サプリタイム』とほぼ同量であり、量的には問題ないと思われます。

でも、ビタミンについては他社製品は7種類に限定されています。また、カルシウムをはじめとしたミネラルはほとんど配合されていません。また、その配合量も摂取基準(表では「栄養素等表示基準値」)以下になっています。

つまり、最低限の必要摂取量にも満たないということは、あくまでプロテイン中心のサプリメントであり、ビタミン、ミネラルに関しては補助程度で、あまり重視されていないようです。

S社製品の主要成分.jpg

たとえば、ビタミンは補酵素といわれ、ビタミンB1は糖代謝の補酵素として、ビタミンB6はアミノ酸やたんぱく質代謝の補酵素としてなど。つまり、これらのビタミンがないと反応がストップしてしまい、エネルギーをつくることも、筋肉をつくることも上手くできないようになってしまうのです。
よくビタミンCがコラーゲンを生成して肌にいいというのもこうしたことによります。

ですから、プロテインを補給しても補酵素であるビタミンが不足してしいれば意味がありません。
また、カルシウムなどのミネラルは激しい運動をするほど消失しやすいので、やはり同時に補給する必要があるでしょう。

一方、『サプリタイム』は健康維持や肥満解消、アンチエイジングなどが主な目的であり、国で定める「栄養機能食品基準」に適合するビタミン12種類、ミネラル5種類が配合されています。また、オプティマルヘルス(最良の健康状態を目指す)という観点から、その量もたんに摂取基準という最低のものではありません。したがって、他社製品と比較すると2〜3倍量の配合となっています。

※栄養機能食品は? ビタミン、ミネラルに関する栄養補助食品として、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定める上・下限値の規格基準に適合していなければなりません。

プロテインの目的が違います
他社製品の説明を見ますと、運動後の筋肉増大が目的で吸収時間の早い「(乳性)ホエイプロテイン」を使っていると記載されています。つまり、普段の生活での持続的な栄養補給を目的とする場合には、必ずしも適当とは言えません。

一方、『サプリタイム』は、【(大豆)ソイプロテイン】【分離ホエイプロテイン】【グルタミンペプチド(ペプチドはアミノ酸とたんぱく質の中間の性質を持つ成分)】という3種類のたんぱく質(及びペプチド)を配合しています。その目的はつぎのようです。

運動直後や(寝起きの)朝の血中アミノ酸量の快復を早める等に最も吸収時間の短いグルタミンペプチドを、また、その後の吸収を持続させるためにホエイプロテインとソイプロテインをバランス良く配合させています。

なお、ソイプロテインはゆっくり吸収されることから、お腹がすきにくくなるという特徴があります。ダイエットや美容効果などに対してもソイプロテインの効果が高いとされています。
(サプリタイムに配合のソイプロテインは「非・遺伝子組み換え食品」です)

サプリタイムの栄養成分表.jpg

ペプチド、プロテインの吸収時間.jpg

●価格の違いについて
先述しましたように、ビタミン・ミネラルの種類と配合量の違いがあります。さらに、配合されている全ての栄養素原料の価格が違うのではないかと思われます。
『サプリタイム』に配合の原料は、すべて日本、ヨーロッパ、米国の一流企業のものを採用しています。また、それらのメーカー、国籍等を詳らかにしています(配合表をご覧ください)。

ところが、他社製品は不明です。スポーツ用品店などに卸していること(卸価格や中間マージンのこと)を考え合わせると、製品原価としてはかなり安価ではないか? そうなると、配合の栄養原料としては中国産などの安い物が配合されている可能性があるのではないでしょうか? 
当社そらの場合は、卸や中間マージンのない「お客様への直接販売」です。

かりにそうだとすれば、ビタミンやミネラルなどの原料価格は、『サプリタイム』の原料に比べて、1/3〜1/2ぐらいの安さになります(中国産原料については、もちろん当社も調査済みです)。
ちなみに、当社は基本的にチャイナフリーの観点から(品質、安全性を最優先して)中国産のものは原則的に採用していません。

また、ホエイプロテインを比較しても他社の場合、たんぱく質含有量が75%と表示されています。
一方、サプリタイムの“分離”ホエイプロテインのたんぱく質含有量は95%以上であり、純度が高く、不純物の少ない、吸収性に優れたものであるということが言えます。

蕁麻疹が出られたということですが、もしかするとホエイプロテインの純度の問題(“濃縮”ホエイプロテインで不純物が多い)があるのかもしれません(あくまでも推定の域をでませんが)。

製造コスト
ところで、大手メーカーである他社は、量産できて製造コストが安いのではないか? と思われるかもしれません。でも、それはないと考えます。

なぜなら、プロテイン・サプリメントの製造ライン(たとえば造粒装置など)は、1ロッドの製造量が決められてしまいます。製造ロットとは1回の生産単位のことであり、たとえ大手メーカーであろうと、その生産量には上限があります。すなわち、製造コストも定まってしまうということです。

しかも、当社『サプリタイム』の(委託)製造工場は、GMP認定のある日本でトップクラスの工場です。したがって、製造コストの違いはあまりないのではないかと思われます。

※GMPとは? Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」といいます。原料の受け入れから最終製品、出荷に至るまで、適切な組織のもとで品質管理、製造管理をおこない、品質と安全性が適正に確保されているとして、公益財団法人日本健康・栄養食品協会から認定を受けます。

造粒装置.jpg

●『サプリタイム』は、いろいろな使い方ができます
サプリタイムを半分量にしても、かなりの栄養量になります。
たとえば、サプリタイム1/2包(約8g)に牛乳100ml(たんぱく質量約3〜4g程度)を加えると、11〜12g程度のたんぱく質量が補給できます。これは、豚ロース(肉100g中、たんぱく質量27g含有)に例えると、約50g分(PDCAAS消化吸収率を考慮)を補給したのに相当します。

カロリーは、(サプリタイム1/2<50Kcal>+牛乳100ml<70Kcal>=120Kcal)

しかも、ビタミン・ミネラル類についてはサプリタイム1/2包であっても、国の定める摂取基準をほとんど上回ります。

『サプリタイム』の利用方法はいろいろなかたちで上手く使うことができます。

私(永島)の場合、ボクシングの練習後は、帰宅してすぐにサプリタイム・バニラ味1/2包を「豆乳100ml+少しのお湯」に溶かして飲みます。運動後30分間が(筋肉快復のために、たんぱく質を補給する)ゴールデンタイムといわれているからです。

豆乳.jpg

ちなみに、(68歳)私のリング上の相手はほとんどが20歳〜50歳までぐらいです。
3〜6ラウンド程度のスパーリング(原則マス)をやりますので、手前味噌になりますが、私のスタミナにはボクシング仲間も、また自分ながらも驚きです!(これもサプリタイムのお陰ではないかと思ってます) 

なお、『サプリタイム』は、ココア味にしろ、バニラ味にしろ、牛乳や豆乳を加えたり、果物を加えてミキシングしたりして、より飲みやすく、しかも栄養豊富な飲み物にすることができるのが良いところです。
(ココア味には、バンホーテンココアが使用されています)

サプリタイム』の詳細はこちら→

初回購入は半額にてお試しになれます。↓

suplitimehangaku.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 11:02 | 肥満防止

ウォーターサーバーの水は、やっぱりやめたほうがいい!?

2017年02月08日

体に占める水分量の割合は、小児で約60〜70%、成人で約60%、高齢者で約50%と、加齢とともに減少していきます。かつ、高齢者では口渇感を感じにくくなり、体内水分量の低下とあわせ、水分不足の調整が上手くできず、脱水状態となってしまうことがあり、熱中症の大きな原因ともなっています。
特に、年齢が高くなるほど水分補給が大切になるのはこのためです

水分の割合.jpg

ところで同じ飲む水でも、美味しくて、体に良いということから水道水を敬遠し、ミネラルウォーターや浄水器の水などを使う人が増えてきています。

そして最近では、ウォーターサーバーまでも一般家庭に普及するようになりました
ウォーターサーバーとは、天然水やろ過されたRO水(逆浸透膜処理された水)の入ったボトルを設置し、温水や冷水を汲み出すことができる給水機器です。その水も業者が宅配してくれるので便利というところも人気が出てきている理由のようです。

ところが、このウォーターサーバーにトラブルならびに相談件数が急増! 東京都が安全性の調査および商品テストを実施したところ、5台中2台で基準値を大幅に超える一般細菌が検出されたのです。

ウォーターサーバーの相談件数.jpg

いずれも設置使用開始時は細菌ゼロであったものの1台はわずか1日後、もう一台は5日後に基準値を超えていました。また使用2週間後にユーザーレベルでの清掃とボトル交換を行っても、翌日から一般細菌が検出されて、その細菌数が基準の100個/mLを超えるため【飲用不可】と判断されるレベルに達していました。

これではせっかく安全のためにウォーターサーバー導入したのに、かえって危険な水を飲まされる羽目になってしまいます。

一般細菌が検出されたからといって、必ずしも病原菌が存在するわけではありませんが、乳幼児や病人、高齢者など免疫力の弱い人には、【日和見感染症】を発症する場合があるので注意しなければなりません。

つまり、ウォーターサーバーの水を飲料水とすることには問題があるようです。
東京都の報告でも、「粉ミルクの調乳の際、熱いミルクに、さらにウォーターサーバーの冷水を入れるような利用法は避けるべき」と指摘しています。

ウォーターサーバーの一般細菌数.jpg

水道水よりも本当に安全な飲み水なのかどうかは、よほど慎重に判断しなければならないという良い例ですね。

もちろん私の場合、水道水に『サンゴの力』を入れて飲んでいて、もう30年近くになりますかね! わけのわからないミネラルウォーターやウォーターサーバーの水なんかは絶対に飲みません。

水道水に入れて天然のミネラルウォーターをつくる『サンゴの力』→
posted by Dr.ナガシマ at 15:29 | 飲み水

男性の骨粗しょう症は、女性より危険かも!

2017年02月02日

「ピンピン110歳」には、筋肉と骨の健康維持は絶対にかかせない問題です。

ところが、男性の大腿骨頸部骨折は毎年2万人以上も発症しているのです。しかも、この骨折の予後は女性よりも悪くて、死亡率が女性の2倍にも達しています。
1年以内の死亡率が31%にもなります。また、死に至らなくても半数以上に痛みが残り、歩行困難となって3分の1が長期療養施設に入所する結果となっているのです。

介護が必要になる主な原因.jpg

つまり、男性の大腿骨頚部骨折は女性に比較して発生率は低いものの、いったん発生するとその後の生活に著しく支障をきたしています。
いくら長生きしても、身体機能がダメになっては“生きる甲斐”というものが失われてしまいますね

男女に限らず、骨粗しょう症は絶対に予防しなければならない疾患です

男性骨粗しょう症 イラスト.jpg

ところで、男性の骨粗しょう症は60歳くらいから増え始め、80歳以上では約半数がかかっている状況です。

骨粗しょう症の予防方法は、基本的には男性も女性も同じ。
「食事と運動」と正しい生活習慣が原則です。
 
特に男性の場合、過剰な飲酒、喫煙、薬、内科的な疾患(腎不全、胃・肝臓疾患、呼吸器の疾患、糖尿病)などが骨粗しょう症の原因になっています。
さらに、メタボも骨粗しょう症にかかりやすいことがわかってきました。

実は、骨粗しょう症も「生活習慣病」の一種です。
つまり、男性の骨粗しょう症は女性と少し違って、生活習慣の改善こそ最良の予防法になるということなのです

男性といえども十分なカルシウムの補給は欠かせません。

もちろん、わたくし(永島)も、そらサプリメントを利用しながら1日1500r以上のサンゴカルシウムを毎日欠かさず補給しています。

  そらサプリメントの詳細は下図をクリック↓
そらサプリメント.jpg


そらサプリメント 詳しくは→






posted by Dr.ナガシマ at 11:28 | 生活習慣病

今年は昨年の4.4倍! 花粉症の原因とは? 対策は?

2017年02月01日

花粉症の原因は、免疫システムの崩れか!?

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー反応は、じつは免疫システムのバランスの崩れが原因です。
免疫は本来、ウィルスや細菌、がん細胞などを取り殺して、人体を守るためなくてはならない防御システム。そのシステムが狂いはじめて、守らなければいけないはずの自分の細胞を攻撃するようになってしまう!
その結果がアレルギー反応で、花粉症やアトピー性皮膚炎を発症するのです

アレルギーに関わる免疫のはなしを少しします。

いろいろある免疫細胞の中で、司令塔の役割をするのがヘルパーT細胞。この免疫細胞は、さらに「感染予防因子Th1細胞」と「アレルギー因子Th2細胞」とに分かれます。これら2種類のT細胞は、お互いにバランスを取りあいながら免疫をコントロールしています。

ところが、アレルギー因子Th2細胞が活発になりすぎて、アレルゲン(花粉、ダニ、動物の毛、卵、牛乳など)が体内に侵入してくると、IgE抗体というものを過剰につくりアレルギーになってしまうのです。

つまりアレルギー対策というのは、Th1細胞とTh2細胞のバランスが鍵!

このバランスを整えるのに期待できるのが乳酸菌のフェカリス菌といわれています。
「腸管免疫を活性化し、Th1細胞とTh2細胞のバランスを整える能力が高く、アレルギーを緩和できる」と、専門家は見ているからです。

花粉症アレルギー発生のメカニズム.jpg

そういえば、私も数年前から花粉症がすっかり出なくなりました。これも乳酸菌(フェカリス菌)1兆個のお陰かも?

でも今年は、昨年の4倍以上もの花粉が飛散するそうです。さて、今年はどうなるか・・・

悪い腸内環境.jpg

良い腸内環境 写真.jpg

便の40%は腸内細菌.jpg


1兆個の乳酸菌配合のMaxPia


posted by Dr.ナガシマ at 15:15 | 健康の考え方

『サンゴの力』で飲料水の長期備蓄試験の報告 9ヶ月目

2017年01月28日

災害時の飲料水はとても心配になるところです。行政などからも最低で3日間程度、できれば1週間程度の飲料水備蓄をしてほしいとの要望が出されています。
【備蓄量】1人1日3リットル×3日〜7日=9〜21リットル

さて、「市販のミネラルウォーターを開封せずに備蓄するのか?」となると、メーカーでは賞味期限を2年間に設定しているものが多いようです。

市販のミネラルウォーターは、何となく長く持ちそうだというイメージを持っておられる方も多いられるかもしれませんが、ペットボトルには「気体透過性」があるため長期間保管していると内容物の酸化や味の変質などが起こる可能性があり、賞味期限を2年程度にしているのだそうです。

また、備蓄用のミネラルウォーターも販売されていますが値段が数倍高くなります。

それに対し、私の場合は1リットル用のペットボトルに「水道水」と『サンゴの力』1袋を入れて密封し、備蓄用の飲料水として備えています

備蓄写真.jpg

そのメリットは・・・
@『サンゴの力』の効果で、水の変質がほとんどなく気軽にいろいろな場所に備蓄しておくことができる。
A経済性が高く、長持ちするので多くの本数が備蓄できる。
B何年たっても細菌が湧くことも無く、水の腐敗なども無いので安心して備蓄できる。


とくにBに関しては、「長期備蓄試験」をすすめて検証しているところです。

今回、備蓄開始から9ヶ月目の結果が出てきました。一般細菌数は「0」、PHの変化もなく飲料水として全く問題ありませんでした。もちろん、残留塩素も検出されていません。

試験結果表.jpg

次回(12ヶ月目)は4月上旬を予定しています。

★地震などの災害時に備えて『水の備蓄』を!
6年前の東日本大震災の時には、ミネラルウォーターの買い占めがおこり、「スーパーに行列、品切れ」という騒ぎが起こりました。いざという時の飲み水の備蓄が非常に大切だといことがわかります。

『サンゴの力』の場合は、1リットルの水道水に対してサンゴの力1包、10リットル用のポリタンクには10包入れることで常温で長期間の保存が可能です。


ポット型浄水器とサンゴの力.jpg

ウォーターサーバーとサンゴの力.jpg

50リットル分が1000円で試せる体験キット↓クリック
体験キット.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 14:46 | 飲み水

がんは、どのくらい「遺伝が関係するか?」の科学的研究

2017年01月26日

昨年ハーバード大学では、スウェーデン、デンマーク、フィンランドの同性の双子について、がんの発生状況を追跡調査し、一卵性と二卵性で同一部位のがんにかかる率の差から、遺伝的な要素の大きさを研究した結果を発表しました。

対象11部位のがんのうち、大腸がん35%、乳がん27%、前立腺がん42%というように、遺伝的な要素の影響が有意に検出されました。しかし、その他は環境要因の影響と考えられました。

一方、遺伝的な要素であっても環境要因の影響を強めたり弱めたりする部分があるため、ほとんどは環境要因を変えることで予防できると考えられたのです

さらに双子の1人が、がんにかかった場合、もう1人が75歳までに同じがんにかかるリスクも推計されました。

双子の赤ちゃん.jpg

 一卵性と二卵性それぞれの場合、大腸がんが11%と5%、乳がんが13%と9%、前立腺がんが18%と3%になりました。つまり、遺伝的な要因の強いこれらのがんであっても、また、例え遺伝子が100%一致していても、同じがんになる確率は1〜2割に過ぎなかったのです

そして、全体のがんとして遺伝は5%以下と考えられました。
すなわち、ほとんどの人は「がんが遺伝する」ことに対して心配する必要はないということです

がん家系ではないか? 遺伝ではないか? と考えるよりも、むしろ残りの95%は「環境要因」の影響なので、生活習慣や生活環境を改善することこそ最優先されるべきという結果です

がんの原因 遺伝は5%以下.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 17:36 | がん予防

なぜ、減塩すると高血圧の予防になるのか?

2017年01月18日

ご存知のように高血圧は動脈硬化につながり、脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。
「ピンピン110歳」を目標とする私に対して、最も注意しなければならないことですね。

ねたきり・要介護になる第一位の原因も脳梗塞なのです。

ところで、高血圧の人が“塩分”を制限すると、その6割に血圧の低下が認められるといわれます。それほど“減塩”の効果は高いのです

では、なぜ塩分を多く摂取すると血圧が上がるのでしょうか?

血圧を上昇させる食塩!.jpg

体内に取り込まれた食塩は、血管中でナトリウムNaと塩素clに分解されます。そうすると、塩素clが血圧を高める物質のACE(アンジオテンシン転換酵素)を活性化してしまうといいます。
このACEには、次の二つの血圧上昇作用があるようです。

一つは、血圧を低下する物質であるキニンを消滅させます。キニンは腎臓で尿の排泄を促したり、血管を拡張して血圧を低下させる作用があります。

二つは、血圧を上昇させる物質であるアンジオテンシンUの生成を促すことです。この物質は、血管を収縮させ、さらに血管収縮作用のあるアドレナリンの分泌を促したり、腎臓からナトリウムの排泄を抑える働きをします。

以上の結果、血圧が上昇してしまうのです。

これに対し、キトサンを摂取することで減塩効果を期待できるようです
キトサンはカニやイカの甲羅などから抽出される動物性の食物繊維です。
20世紀最後のバイオマス(生物資源)と言われ、農林水産省、文部省(現文科省)は約60億円を投じて研究した物質です。

現在では、手術用縫合糸や人工皮膚などの医療用素材から機能性食品、化粧品というような多くの分野で利用されるようになっています。

キトサンは強力なプラスの電気(+イオン)をおびている物質です。その一方で塩素はマイナスの電気(−イオン)をおびています。つまり、強力な磁石であるキトサンに塩素がくっついてしまうので、減塩効果につながるのです。

キトサンはプラスイオン.jpg

このため、食事で塩分を摂っても消化の際に塩素はキトサンにくっつき便として排除されてしまいます
つまり、ACE(アンジオテンシンU)も活性化されずに血圧の上昇も抑えられるので、減塩したのと同じ効果が得られることになります。

キトサン摂取と血圧抑制.jpg

ちなみに、わたくしもキトサンのサプリメント(当社のマックスピア)を20年以上飲み続けていますが、お陰様で68歳の現在にして、最高血圧110、最低血圧70という「至適血圧」の範囲を維持できています

マックスピアの詳細は→
posted by Dr.ナガシマ at 17:06 | 肥満防止

生活習慣病の予防に『体内環境を改善する4原則』

2017年01月14日

4原則.jpg

上の図をご覧ください。現代の私たちは、生活習慣病を引き起こす環境に否が応でも囲まれているのです

しかし普段の生活において、それらを意識することもなく、避けることもできません。
また、この(生活習慣病を引き起こす)環境を改善することはほとんど不可能です。

でも、「体内の環境を改善する」ことは可能です

体内の環境を改善できれば、外の環境からの悪い影響を受けにくくなります。
つまりは、生活習慣病を引き起こすリスクを下げることができるわけです

それが体内の環境を改善し、実際に実行できる「4原則』なのです。

4原則とは、@良い飲み水 A酸化の防止 B毒物の排除 C免疫の強化
posted by Dr.ナガシマ at 16:24 | 生活習慣病

年を取ったら“粗食”は大間違い! 要介護になる危険性も

2017年01月08日

年を取ったら“粗食”にしたほうがいいと信じている人が結構いるようです。
でも、カロリーを低くすることと、栄養を補給するということを勘違いしているのではないでしょうか?

例えば、聖路加国際病院名誉院長・日野原博士は現在104歳になられますが、確かに健康長寿のためにカロリー制限をすすめています。しかし、ご自身の夕食は、茶碗半分のご飯ながらヒレ肉のステーキか魚、たっぷりの野菜というように、たんぱく質やビタミンなどの栄養素はしっかりと摂っています。しかも、1日の摂取カロリーは1300Kcalに制限しているとのこと。

つまり、カロリーを低くしながらも栄養のバランスに留意していて、けっして粗食ではないのです

筋肉量は、なにもせずに年をとっていくと30歳頃から年間1〜2%ずつ減少し、80歳頃までには足の筋肉は30%も失われるといいます。

年齢と筋肉量の変化.jpg

そのまま放っておくと、足の筋肉が失われた場合は歩行困難となり、“要介護状態”になってしまうリスクが増加します。それを防ぐためには、やはり『栄養+運動』しかないのです。

最近では、この「栄養」に“プロテイン”を利用するのが、かなり有効であることが認められるようになってきました
プロテイン(protein)は、“たんぱく質”を意味します。しかし、日本の場合「プロテイン」というと、純度の高いたんぱく質を主成分とするサプリメントのことを指すようです。

先ほども言いましたように、年齢が高くなるほど“粗食”になりがちで、たんぱく質の摂取量は低下する傾向です。

高齢者の粗食に注意 新聞.jpg

最新の研究では、たんぱく質(肉や卵など)を多く摂取している高齢者の方が老化の速度が遅く、病気になりにくいことが分かってきました。この解決策として、ドリンクで飲めて、純度の高いたんぱく質を補給できるプロテインが注目されるようになってきたのです

これまでプロテインというと、若者が体を鍛えたり、競技選手が体を作る時に摂取するものと思われきました。しかし、むしろ中高年以降の方にこそ利用して欲しいサプリメントです。

プロテインドリンク.jpg

特に、年齢が高くなって筋肉が減少していくと、その減少分は“体の脂肪”に置き換わってしまいます。このため、見た目や体重はそう変わらないのに、体脂肪だけが増加するという「隠れ肥満」になってしまうのです。

この隠れ肥満は“隠れメタボ”につながり、(心臓病、糖尿病、脳卒中などの)生活習慣病の重大な要因になっているといいます

隠れメタボ 新聞.jpg

これに対して、プロテインは純粋のたんぱく質であり、脂肪分は含まれていません。そこが余分な脂肪分が含まれている動物性たんぱく質食品とは違うところ。低カロリー。体脂肪を増やさずに筋肉を増やすことができるのもプロテインの特徴であり、現代の中高年ほど利用したいサプリメントなのです


posted by Dr.ナガシマ at 15:48 | アンチエイジング

朝食にプロテインサプリで20年間、理想の「体重・体脂肪率」を維持

2017年01月05日

1月2日に、大宮氷川神社に初詣に行ってきました。
まず神様にお願いしたのは当然、「ピンピン110歳」でした。

えっ、何だ神頼みか!? と言われそうですが、それは違います。
「最善を尽くしますので、よろしく見守ってください」とお願いしたのです。

何の努力もせずに、ただ、おねだりするだけでは御利益は望めませんね。
「天は自ら助くる者を助く」と言います。他人に頼らず、自立して努力する者には天の助けがあり、必ず幸福になる。怠惰な者には、決して幸福は訪れないという意味です。

ところで、今年こそ肥満を完全に解消しませんか!
ご存知のように、肥満は脳梗塞や心筋梗塞、果ては“がん”の原因となり、ピンピンコロリには大敵です。認知症になりやすいことも報告されています。

でありながら、肥満を解消するというのは中々難しいですね。
巷で行われているダイエットで、果たして成功した例があるでしょうか?
一時は痩せられるかもしれないけれど、すぐにリバウンドしてしまう。
国で推進するメタボ診断もあまり効果を上げていないようです。

なぜうまくいかないのか? 
当然と言えば当然ですが、原因を間違えているから、結果が悪くでる。
つまり「因果応報」ですね。

食事制限さえすれば、あるいは脂肪カットのダイエット食品(やせるわけがありませんが)など・・・、とにかく減らすことばかり考えている、栄養無視!

しかし、肥満の本当の原因は「栄養不良」なのです。世界保健機関WHOも「肥満は一種の栄養失調状態」と述べています。つまり、カロリーばかり高くて肝心の栄養素は少なくバランスが欠けているのです。

とくに「朝食しっかり」というのが問題。しっかり食べても栄養にはなっていないのです。

朝食の例.jpg

ちなみに私が20年前、10sの減量に成功し、現在もそれを維持している食事法をご紹介します

永島ダイエット例.jpg

朝食には、胃腸の負担を少なくして栄養のバランスを重視。そのために、プロテインサプリ(当社のサプリタイム)を活用しています。

プロテインサプリには、たんぱく質(プロテイン+アミノ酸)、ビタミン、ミネラルがバランス良く、しかも豊富に配合されています。特に、たんぱく質の消化吸収には優れていて、カロリーも1食100kcalと少なく、胃腸への負担もありません。ですから、副交感神経と交感神経の働きを阻害することもなく、例えば、朝食後眠くなったりもしないのです。

栄養管理がしっかりできて、お腹も空きにくく、肥満解消にはうってつけ。安心して続けられるためにリバウンドの心配もありません。

以下が、私の毎朝の食事例です。そして夕食はしっかり食べます

「天は自ら助くる者を助く」でも、間違った努力では成功しません。
正しい努力をすることも努力です。
だからこそ、天からの助けもくるのだと思います。

プロテインサプリ活用の朝食.jpg

栄養バランスの改善にサプリタイムを活用すると効果的 →
良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルが十分に補給でき、栄養面で安心できます!

初回半額でお試しになれます。

suplitimehangaku.jpg






posted by Dr.ナガシマ at 14:51 | 肥満防止

カップヌードルミュージアム、楽しかった

2016年12月30日

昨日、横浜のカップヌードルミュージアムに行ってきました。

インスタントラーメンの発明者はご存知、安藤百福(あんどう ももふく)さん。
開発秘話やこれまでのインスタントラーメン、カップヌードルの歴史など、なかなか盛り沢山の展示。外国の方も大勢見に来ていました。

オシャレな建物とインスタントラーメンのハーモニー、これも著名なアートディレクターの佐藤 可士和 (さとう かしわ)さんのプロディースだそうです。納得!

最上階のテラスに出ると東京湾が一望でき、横浜ベイブリッジや停泊の大型の巡視船が見られます。けっこう横浜情緒を堪能できますよ。

ミュージアム.jpg
カップヌードルミュージアムにリンク→

ところで安藤百福さんは、96歳まで生涯現役で生きられたそうで、何と!亡くなる前日には仕事始めで立ったまま約30分も訓辞を行い、昼休みには社員と餅入りのチキンラーメンを食べたそう! まさに「ピンピンコロリ」の象徴のような方ですね。

ご覧になっていない方には、ぜひ一度、おすすめです。
この後の夕食は横浜中華街に行きました。けっこう楽しい1日でした。健康に感謝!

安藤百福さんと私.jpg


ピンピン110歳めざして、生涯現役で仕事を続けるのが目標。
健康も生き甲斐も手に入る。仕事はライフワーク!
ナガシマ プロフィール →
posted by Dr.ナガシマ at 12:49 | アンチエイジング