介護のリスクを下げる!?

2017年05月25日

『ピンピン110歳』を目指す私にとって、介護になることは絶対に避けなければなりません。

その原因を調べてみると、血管系の疾患が28%、ロコモ関連の疾患が23%となっています。血管系疾患とは、脳卒中・心疾患・糖尿病などのことです。

また、ロコモとは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下してくることをいいます。

このように介護になる原因の半数以上は、「血管系の疾患」と「ロコモ関連の疾患」なのです
これらの疾患は主に生活習慣に起因することから、『生活習慣病』とされています。

では、自らが介護にならないようにすることはできるのか? そのためにはどうしたらいいのか?

まず60代、いや50代になったら生活習慣病に罹らないことです。さらに、できるかぎり老化を防止する(アンチエイジング)という自助努力が必要です。

先述しましたように、介護になる原因の半数以上は「血管系の疾患」と「ロコモ関連の疾患」。つまり、これらに関係した生活習慣を見直すだけでも、介護のリスクを半分以下にすることができるのです

一方、遺伝などの影響は比較的小さいことがわっています。

要介護になった原因.jpg

生活習慣の改善で血管系疾患の予防はできます。延いては介護のリスクも低くできるのです。

自分の努力次第で介護にならなくて済むことを、あらためて肝に銘じようと思います

介護になった場合心配なこと.jpg

S199P2
posted by Dr.ナガシマ at 16:35 | 介護問題