肥満とアルツハイマーとの関係

2020年01月12日

要介護になる主な原因の一つが認知症です。
また、認知症に至る要因として問題となるのがアルツハイマー病です。

このアルツハイマー病が「内臓脂肪型の肥満」』に大いに関係しているという研究結果が報告されました。

肥満から要介護になるリスクは思いのほか高いのです。

新聞切り抜き.jpg

北米神経科学学会の60歳代を対象に8年間にわたる研究では、肥満体型の人は、認知機能に関わる脳の「海馬」が、1年間で2%も萎縮していることがわかりました。
これは、標準体型のおよそ2倍にもなります

肥満で海馬萎縮.jpg

さらに、別の研究機関の調べでは、肥満度を示すBMIの数値が25.5以上の人の場合、BMIが20〜23である標準の人に比べると、認知症の発症リスクが2.44倍にも上昇しました

30〜39歳の肥満では約4倍!
30〜40歳代の肥満が認知症に関連するという研究結果も出されています。
この年代で太りはじめると、先々認知症を発症するリスクが高まるのです

英国のオックスフォード大学のクレアウォットン氏(公衆衛生学)らは、英国の全国の病院を1999~2011年(12年間)にかけて調査し、肥満と判定された約45万人の患者の診療記録を解析しました。
その結果、30歳代で肥満と診断された人のほうが、認知症の発症リスクが上昇することが明らかになったのです。

30〜39歳で肥満の人は、肥満でない人に比べて認知症の発症リスクが約4倍に高まります。
同様に40歳代で約2倍に、50歳代で約2倍にも上昇したのです。


厚生労働省が、全国で認知症の人の数が2025年には700万人を超えるとの推計を発表しました。そのうち、65歳以上で5人に1人が認知症患者になると予想されています。

認知症や要介護にならないようにするためにも、肥満解消(標準体重でも体脂肪の高い“隠れ肥満”も含む)を避けては通れないのです

夕食十分のダイエット法.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 13:37 | 介護問題

要介護になるリスクを半分以下にする方法

2019年03月07日

「自分や家族に介護が必要になった場合の心配は何ですか?」に対する調査結果がありますが、
経済的な不安や介護疲れ、終わりが見えない、などの物的・精神的に非常に大きな不安を抱えることがうかがえます。

そして現実的に、本人のみならず、家族にも想像以上の負担がかかってくることは間違いないのです

家族が介護になった場合の心配.jpg

要介護になった原因は、血管系の疾患が28%、ロコモ関連の疾患が23%となっています

血管系疾患とは、脳卒中・心疾患・糖尿病などのことです。

また、ロコモ関連とは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器に障害が起こって、「立つ」「歩く」といった機能が低下してくることです。

つまり、要介護になる原因の半数以上が「血管系の疾患」と「ロコモ関連の疾患」なのです。
これらの疾患は主に生活習慣に起因することから、『生活習慣病』といわれています。

では、自分が介護にならないようにすることはできるのか? そのためにはどうしたらいいのか?
まずは生活習慣病に罹らないようにすることです。また、できるかぎり老化を抑制するアンチエイジングという自助努力が必要になってくるでしょう

「血管系の疾患」と「ロコモ関連の疾患」を予防することで、要介護のリスクを半分以下にすることができるのです。

要介護になった原因.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 10:39 | 介護問題

妻の本音は、夫の親を介護したくない!?

2017年12月12日

男性の多くは介護の問題を自分の都合で考える傾向があるといいます

親に対する情もある、経済的な負担も気になる。そのため、老人ホームに入れたり、介護ヘルパーを頼むことにも難色を示し、「妻が在宅で介護をすればいい」などと勝手に決めこんでしまいがちのようです。

ところが、妻の6割は夫の親を介護したくないと考えているようです。介護は実の親に対してさえ大変なもの。下の世話をはじめ苦痛を伴う仕事の連続。肉体的な疲れや精神的なストレスは相当なものです。

厚労省の調査によると、要介護者に対し憎しみを感じたことがある人は35%以上にものぼるといいます。それが高じて虐待に至ったり、介護する側が体を壊すことも。

そんな大変な役目を、「“嫁”ならするのが当たり前」とばかりに押しつけられたら、たまったものではありません。

他人でしかない夫の親(舅)の介護など、“嫌だ”という妻が大半。夫はこのことを、介護する場合の大前提として頭に入れておく必要があるのではないでしょうか。

配偶者の親の介護.jpg

つまるところ、親自身も(先々の自分も)自立性や、介護にならない努力というものが不可欠になってくるのではないでしょうか・・・。
posted by Dr.ナガシマ at 14:25 | 介護問題

介護のリスクを下げる!?

2017年05月25日

『ピンピン110歳』を目指す私にとって、介護になることは絶対に避けなければなりません。

その原因を調べてみると、血管系の疾患が28%、ロコモ関連の疾患が23%となっています。血管系疾患とは、脳卒中・心疾患・糖尿病などのことです。

また、ロコモとは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下してくることをいいます。

このように介護になる原因の半数以上は、「血管系の疾患」と「ロコモ関連の疾患」なのです
これらの疾患は主に生活習慣に起因することから、『生活習慣病』とされています。

では、自らが介護にならないようにすることはできるのか? そのためにはどうしたらいいのか?

まず60代、いや50代になったら生活習慣病に罹らないことです。さらに、できるかぎり老化を防止する(アンチエイジング)という自助努力が必要です。

先述しましたように、介護になる原因の半数以上は「血管系の疾患」と「ロコモ関連の疾患」。つまり、これらに関係した生活習慣を見直すだけでも、介護のリスクを半分以下にすることができるのです

一方、遺伝などの影響は比較的小さいことがわっています。

要介護になった原因.jpg

生活習慣の改善で血管系疾患の予防はできます。介護のリスクも低くできるのです。

自分の努力次第で介護にならなくて済むことを、あらためて肝に銘じようと思います

介護になった場合心配なこと.jpg

ナガシマプロフィール →

そら サプリメント →
posted by Dr.ナガシマ at 16:35 | 介護問題