大粒の錠剤もカンタンに飲める方法 顔を上向きにして飲むのは間違い!?

2019年03月28日

薬や錠剤のサプリメンなどで、「粒が大きくて飲みにくい!」と言われることがあります。

「確かに!」 でも、必要な成分をちゃんと配合しようとすると、どうしても大きい粒になるし、あるいは小さくして飲む粒数を増やすしかありません。

ところが考えてみると“ヘン”ですよね?
食事のときには、もっと何倍も大きな食べ物を平気で飲み込んでいるのに・・・。

薬やサプリメントを飲むときは、どうしているのか?!
錠剤を口に入れ、そのあと水を含んで、鶏のように顔を上に向けて飲んでいませんか??

鶏.jpg

食べ物の時には、上を向いていませんよね!

実は、サプリメントや薬であっても、上を向いて飲むのは間違い! 
「喉頭口」が開くので“ムセ”やすくなってしまうのです。

わたしたちの咽(のど)は、食事の際には食べ物の通り道となり、呼吸の際には空気の通り道となります。この仕分けをしているのが喉頭(こうとう)です。

一方、気管への入り口である喉頭口(こうとうこう)は呼吸の時には開いていますが、飲み込みの時には喉頭蓋が倒れ、
喉頭口をふさいで気管のほうに食べ物や飲み物が入るのを防いでいるのです

この仕組みがなかったら「誤嚥(ごえん)」を起こして、肺炎などにつながり大変なことになってしまいます。

顔を上に向けた時の喉頭口は、顔がまっすぐの時よりも開きます
このため、食べ物が直接気管に入りやすく、“ムセ”たり、“詰まりやすく”なってしまうのです。

喉頭口.jpg

錠剤と水を口に含むときは上向きでも、「ゴックン」と飲むとき顔を下向きにすると、どんな大きな錠剤でもカンタンに飲めるようになります

上手な呑み方.jpg

そらサプリメント webショップ
posted by Dr.ナガシマ at 15:54 | サプリメント

なぜ、サプリメントが必要なのか?

2016年12月12日

私にはサプリメントが不可欠です。なぜなら、今の食事だけで栄養バランスが十分にとれるでしょうか? 老化の原因といわれる活性酸素の除去は? がんの原因ともなる化学的毒物の排除(デトックス)は? などなど・・・ 

『ピンピン110歳』を目標とする私としては、食事だけで何とかしようと思っても絶対に無理だからです!
そして、これらの問題を効果的に解決してくれるのがサプリメントなのです。


ところが、いまだ日本では、“食べることイール栄養”だという、短絡的かつ古典的な考え方を信奉し過ぎているといいます。

「新しい栄養学」、すなわち単なる“栄養”ではなく“栄養素”や“機能性”などを科学的に考慮した栄養学に頭を切り替えない と、生活習慣病の一次予防の実現は無理と思われる。そうしないと、
体内の栄養状態を見向きもせずに、「病気、ハイ、薬!」となって、“薬づけ”となりかねない。
と言われたのが、元日本健康・栄養食品協会理事長、東京大学医学部名誉教授の細谷憲政先生です。

ここでいう一次予防とは、病気の発生そのものを防ぐために食事や運動などの面から健康を維持することで、医療行為になる二次予防の前段階のことをいいます。

この一次予防のため、サプリメントを活用しながら健康増進に取り組み、がんや脳卒中、心臓病、糖尿病などの生活習慣病のリスクを回避するという考え方が必要になってきたのです。

言うまでもなく、サプリメントは薬ではありません。薬は病気を治療するためのもの、サプリメントは、そのような薬を飲まなくてすむようにするためものと言えます

幸い、私はほとんど薬をのまなくてすんでいます。もちろん(そら)サプリメントは常用していますが、“常用薬”はありません。

サプリメントと薬の違い.jpg

そらのサプリメント→
posted by Dr.ナガシマ at 11:07 | サプリメント

健康食品で本当に健康になれるのか?

2014年11月28日

世の中には多種多様な健康食品があふれています。
そして、この健康食品を飲みさえすれば「健康になれる、病気にならない、若く元気でいられる」というようなことを新聞やテレビ、雑誌などで盛んに宣伝しています。こうした宣伝方法は大手メーカーでもご多分に漏れません。

本当にそうでしょうか?

確かに、それらの健康食品はごく一部の効用はあるかもしれません。でも、それでは本当の健康は手に入りません。

アメリカ上院の調査やWHO世界保健機関の勧告においては、がんや脳卒中、心臓病などの重大な病気は「現代食における栄養バランスの悪化が大きな原因である」ということを明確に認めているのです。
つまり、『5大栄養素』をおろそかにしていて“健康食品も何もない”ということです。 

あらためて5大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)に注意していたたぎたいと思います。真の健康を手に入れるためには、まず「5大栄養素のバランスを図ることである」といっても過言ではないのです。

例えば「青汁」。青汁を飲んでいったいどんな栄養が摂れるというのでしょうか?! →
posted by Dr.ナガシマ at 14:59 | サプリメント

わが家の犬にもリウマチか!?

2014年11月17日

今年初め居候になった15歳の雄の老犬(シーズー)。ここ2ヶ月ほど体調が非常に悪く、下痢、嘔吐を繰り返し、食欲がほとんど無くなって、とんと動かなくなってしまいました。動物病院で血液検査などをして診てもらうと悪いところはないという。

「人間でいえば80歳を越えてますからね」と、獣医は言います。点滴をしてもらって帰ってきたが、その後は餌をまったく受けつけなくなってしいました。

こりゃ、点滴がかなりのストレスになったんじゃないかと思って、なんとか餌を食べさせるために、犬用のミートに、(人間用)赤ちゃんの離乳食、さらにサプリタイム(プロテイン主体のサプリ)をミルサーで混合してお粥をつくり、注射器型のポンプに入れて口の中に注入してやったところ、数日で元気を取り戻しました。(まだお粥ですが)餌も自分で食べられるようになりました。

ところが突然、何かに怯えたように体が硬直して、じっと動かなくなってしまったのです。そこで、また注射器型のポンプに入れて(強制的に)餌を注入する方式に戻ってしまいました。
その後は、体調が良くなったかなと思うと、悪くなることを繰り返すようになってしまい、かといって、犬の病院に連れて行けば、また「検査だ!点滴だ!」と、よけいにストレスをかけ、かえって悪くしてしまうようで、とても回復は望めそうもありません。

そう思っていたところ、息子が「天気が悪くなると、体調も悪くなるよね・・・」ということを言うので、最初は、まあ冗談だろうと受け流していましたが、はた、と思いつくことがありました。“もしかすると、リウマチかもしれない!?”。
ネットで調べてみると、犬にもリウマチがあるんですね!(考えてみれば、当然のことで、犬といえども人間の病気はほとんどかかる)。

イギリスの人間に対するリウマチの研究で、気候が悪くなるとリウマチの症状が悪化する。この場合、とくに気圧に関係するらしいという情報は得ていましたので、何となく合点がいったのです。

早速、お粥の餌に体重1グラムあたり10r程度のバファリンを粉にして加えて食べさせたところ、雨の日であっても、リウマチと思われる症状はほとんどでませんでした(このシーズーの体重は5sなので50rのバファリンで、人間の約1/10分量です)。

その後はさらに、(キトサン、乳酸菌、ミネラル、ビタミン配合)マックスピアという(当社製)錠剤のサプリを粉にして餌に混ぜるようにしました。

天候が悪化するときにはバファリンを、天候が良いときにはマックスピアを、というふうに決めて与えていたところ、かなり元気を取り戻しました。
それまでは自分でウンチをすることもできなくて、(人間用の)浣腸をやって何とか排泄を手助けしていたのですが、何と!とても豊富なウンチができるようになりました。実は、(豊富な・・・)は人間でも経験されることなんですけどね・・・。

ちなみにバファリンは犬には毒だという意見もあるようですが、私はそうは思いません。なぜならば、人間用の薬といえども必ず動物でのテストをクリアしてきているからです(つまり、犬で毒になるような薬は、とても人間の薬としては使えません。ただ、犬に対して飲ませる“量”が問題でしょうね)。
posted by Dr.ナガシマ at 17:59 | サプリメント

サプリメントなんて不自然と言われるんですけれど?

2014年10月21日

ぎゃくにお聞きしたいのは、「自然とは何でしょう」。人間にとって、あるいは人体にとって、今や自然というものがあるのでしょうか?

現在、最も問題となっている病気は「生活習慣病」です。日本人のほとんどが生活習慣病にかかり、それで死亡しているからです−このことは日本ばかりではありません。どの先進国においても共通しているので、「先進国病」とも言われています。

代表的な生活習慣病は、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病など。日本人の約6割もが、これらの病気で亡くなっているのです−特にがんは2人に1人がかかり、3人に1人が亡くなっている状況です。

日本人の死亡原因.jpg

−−−日本人の死亡原因の第1位であるがんについて、元国立がんセンター研究所疫学部長の平山雄氏の研究では、その原因を次のように報告しています(『予防ガン学』メディサイエンス社、1987)。

がんの成因については多くのがん遺伝子、がん抑制遺伝子が発見されるなどめざましい研究成果があり、がんは遺伝子の病気であると考えられています。

しかし疫学研究によると、ヒトのがんの約85〜90%は環境に原因があります。
よく知られている放射線やウイルス以外に、毎日食べる食品に含まれる無数の食品添加物やタバコといった身近なところに、発がんに繋がる因子があるのです。さらには生存に不可欠な水や空気に、以前では考えられなかったほど多くの有害な化学物質が含まれていることが明らかになってきています。−−−

いかがでしょうか。がんをはじめとした生活習慣病のほとんどは、人間の手によってつくられた「不自然で人工的な生活習慣や生活環境 」の中で引きおこされているのです。

事実、がんの発生原因について米ハーバード大学が調べた結果では、食事の影響が30%、タバコの影響が30%となり、その一方で、遺伝的な要因はたったの5%しかないことがわかったのです。

がんの原因 ハーバード大学.jpg

現代の私たちの食生活は、加工食品や栄養価の低い食材、片寄った食事内容などによって、栄養のバランスが著しく悪化している状況にあることは否めません。また食品添加物や農薬、ダイオキシンや水銀等の化学毒物が、毎日のように私たちの体内に侵入し、私たちの体を汚染していきます。

食品添加物の摂取 漫画.jpg

では、サプリメントの役割とは何でしょうか? 
こうした不自然な生活習慣や生活環境にありながらも、体内を可能な限り自然の状態に戻すためのツール(道具)なのです。
よく勘違いされるのが、何か病気に効くといった“薬”と同様の作用があると思われてしまうこと。でも、サプリメントは薬とはまったく違います。何かの病気を治すという結果を求めるものではありません。

あるいは俳優や有名人などを使って、いかにもこの健康食品で若くなったとか、高い山に登れたとか、そんな見せかけの宣伝をするものでもありません。サプリメントは、あくまでも私たちの健康を補助するものです。
posted by Dr.ナガシマ at 10:34 | サプリメント

サプリメントは“物売り感覚”のものじゃない!!

2013年04月04日

ナガシマ サプリメントを日本語に訳すと、栄養補助食品です。それに時間のタイムを足して「サプリタイム」にしました。つまり、サプリメントを補給する時間という意味です。

この製品名を特許庁に登録申請したんですが、実は“サプリ”って名のつく商標というのは何十件もありました。一例として、キリンビバレッジの“アミノサプリ”なんかもそうですね。
しかし、幸いにも「サプリタイム」というのはなかった。商標登録は特許と同じく先願主義といって早い者勝ちですからね。
先に商標をとられていたら登録できないし、それを無視して使っていると商標違反になってしまいます。

この名前を考えついたときに、「他では絶対に登録してないな」という確信がありました。

なぜならサプリタイムは、ある決められた時間にサプリメントで栄養補給するという“行動”や“こと”のほうに焦点をあてているからなんです。

これに対して、大手をはじめ他の健康食品会社の製品名は、中味を表現しているものがほとんど。語弊があるかもしれないが、あくまで儲けるための“商品”や“商材”なんでしょうね。
だから購入してくれたお客様が、その製品をどう使ってくれて、どういう結果を出しているのか、なんていうのには関心が薄いんです。「お客様第一」というのは口先だけで、どのくらい沢山売れたかに最も関心がある。使う人の行動に焦点のいかない“物売り感覚”ということじゃないでしょうか。

でも、それは絶対におかしい。お客様が本当に健康になってくれなきゃ、サプリメントなんて何の意味もないですからね。

シントウ 私たちは結果を求めていますし、そうしたライフスタイルを提供するのが目的ですから、常にお客様の“行動”や“こと”に焦点をあてるというのは良くわかります。

ナガシマ 結果は思ったとおりで「サプリタイム」の商標登録ができました。

そらの方針 大手との比較.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 09:58 | サプリメント

原発災害とビタミンD

2013年02月15日

013年2月15日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行より転載
相馬中央病院 整形外科 石井 武彰

相馬市で整形外科医として勤務を始めて間もなく一年が経過しようとしています。当地での診療を通じて、この地域でビタミンD不足が起きているのではないかと心配しています。

ビタミンDは骨代謝に必須のビタミンです。腸管からのカルシウム吸収をたすけるほか、腎臓からのカルシウム再吸収を促進するなど、血中のカルシウム濃度の維持に関わっています。そのため重篤なビタミンD欠乏では、小児ではくる病を、大人では骨軟化症を生じてしまいます。そこまでいかなくてもビタミンD不足の状態では骨粗鬆症となるリスクが高まっていると言えます。

一般的にビタミンDが多く含まれる食品として、脂肪にとんだ魚やキノコ類があげられます。私がビタミンD不足の可能性に気づいたのは、外来で骨粗鬆症の患者さんに食事の注意点について説明していたときでした。魚介類、キノコ類の摂取を勧めにくい思いをしたからです。

震災以前は、福島沖は優れた漁場で、地域の方々は新鮮な美味しい魚介類を多く食べていたそうです。しかし原発事故後は放射能汚染の問題で漁業が本格再開していません。新鮮な魚をいつも食べていた漁師さんからは「スーパーでお金を払って魚を食べる気がしない」との声もあり、魚介類の摂取が減っている可能性があります。津波・原発被害で打撃を受けた方も多く、なかなか簡単に魚を一杯食べましょうとは言いづらい思いがあります。

また内部被曝の調査が進む中で、キノコ類は特に放射能汚染への注意が必要な食品とわかってきました。地域の方へも情報が浸透してきており、たとえ検査済みであっても、これらの食材の摂取を控えている人がいても不思議ではありません。キノコ類には注意しましょうという一方で、キノコ類の摂取を推奨することにも難しさを感じています。

ビタミンDは、食事摂取以外に日光を浴びると皮膚で合成されます。実際、日照時間のへる冬期ではビタミンDが減少気味であり、また高緯度地域では紫外線量が少なく、人種によっては乳幼児にビタミンD欠乏によるくる病がしばしば発生するそうです。
日光暴露の減少によるビタミンD不足は、原発事故後屋内退避が勧奨されていた地域でも同様のことがいえます。現在でも外遊びが減った子供、外出が減った高齢者など日光暴露が減っているのではないでしょうか。食事からの摂取減少、そして日光暴露不足からビタミンD不足となっていないかと心配しています。

相馬中央病院で働く、骨代謝の専門家である加藤茂明教授と話をすると、震災後のストレス、食習慣の変化、活動量の減少など、骨代謝にとって明らかに問題であり、相馬に来るようになって被災地の現状を見た時から心配しているとのことでした。そして、地域での骨粗鬆症に対する啓発活動として学術講演会を企画したり、一般住民対象に小さな勉強会で話をしたりと行動を始められています。

ビタミンD不足は骨への働き以外にも筋力低下などの身体機能の衰えにも関係があり、その結果として転倒が増えて骨折しやすくなるとも言われています。仮設住宅検診で高齢者のバランス能力に低下がみられたことも気がかりです。一旦骨折などしてADL(日常生活動作)が低下してしまうと、なかなか元の状態に戻るのは難しい状況です。通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションが順番待ちで利用できずADL低下している方もいます。やはり、骨折を予防していくことを考えて行かなければなりません。

ビタミンD不足は食生活の是正や毎日の日光浴、必要があればビタミンD製剤の服用で対応可能です。原発災害の特殊性がビタミンD不足の一因となっている可能性があります。骨折予防のためにビタミンDに対する啓発が必要です。
posted by Dr.ナガシマ at 10:06 | サプリメント