洗顔フォームにイイことなし!洗顔石けんとの違い・・・

2018年01月05日

あけまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて『ピンピン110歳』まで、健康に元気に生きるためには、いつまでも“若々しくない”といけないですね。
つまり、美容の面にも気をつける必要があるということです。
もちろん男の私であっても、美容には関心があります。今年70歳を迎えることになるので、なおさら老化に対するあらゆることに関心を向けています。

ところで、男性の私として何時も不思議に思うのは、どうしてわざわざ女性は肌を悪くさせるようなファンデーションや化粧をするのでしょうか?

実は以前、東洋経済新聞に出た記事で、化粧品業界の宣伝費が圧倒的に高く、何と販売価格の9割近くにも達するといいます。つまり、原価は1割以下ということですね!?

そうなると、原価を抑えるための化学成分が非常に沢山使われているのもうなずけます。
そんなモノを毎日肌につけていて良いわけがないですよね。
化粧品が女性の肌を悪化させ、さらに老化させている報告もあります。
そんな良くないモノをわざわざ高い金を出して買っている。不思議です??

皮膚科の専門医からみると、肌のケアの基本は「洗顔」「保湿」「紫外線の防御」の3つだそうです。
しかも、「洗顔」は肌のお手入れの大切な第一のステップ

さて、毎日の洗顔はしっかりできていますか?

「疲れて、ついついメイクしたまま寝てしまった」、「乾燥が気になるから水ですすぐだけ・・・」。
洗顔の一番の目的は皮脂などの不要な油分を取り除くこと。古い油は酸化して皮膚細胞に悪影響を与え、肌を老化させる要因にもなるからです。また、一日中顔につけていたメイクも洗顔でしっかり落としたいもの。

乾燥肌の人に多い「朝は水ですすぐだけ」というのはNG! 寝ている間にコップ一杯の汗をかくといい、そのとき分泌した皮脂汚れは水だけでは落ちません。
「基本的にはどんな肌質の人でも、朝晩2回の洗顔で、しっかりと油汚れを取り除くことが正しいお手入れ方法」、と皮膚科の専門医も述べています。

そこで問題は、洗顔石鹸と洗顔フォームの大きな違い! それは“合成”界面活性剤が入っているか、入っていないかなのです
石鹸も「石鹸という名の界面活性剤」なのですが、一方の洗顔フォームは“合成”界面活性剤が主成分。

●「石けん」の製法と成分
石けんは、「石けん素地」や「カリ石ケン素地」、もしくは「純石けん分(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)」という成分からできています。
いずれもステアリン酸やオレイン酸などの「脂肪酸」とカリウムやナトリウムなどの「アルカリ」を反応させたものです。

石けんの製法.jpg

こうして作られる「石けん」には、当然、“合成”界面活性剤が含まれていませんし、防腐剤(パラベン)や香料、着色料なども一切添加されていません。

■「洗顔フォーム」の成分
洗顔フォームには、もちろん“合成”界面活性剤が使われています。
その中で、石油系の合成界面活性剤の成分はたくさんあります(その一例を以下に示します)。とりあえず、これだけでも把握しておくとだいぶ回避できますね。

これらの成分が入っている洗顔フォームや洗顔料は、肌の健康のために避けるのが望ましいものです。

洗顔フォーム 合成界面活性剤.jpg

◆「石けん」と「洗顔フォーム」の違いは “洗い流した後”でわかります
「脂肪酸」と「アルカリ」からなる洗浄成分(石けん素地)は、分解されて肌に洗浄力が残りません。一方、合成界面活性剤(洗顔フォーム)は、お湯では分解されないため肌に洗浄力が残りやすい。これが刺激になって、お肌を荒らす原因ともなるのです。

「石けんが肌に優しい」、と言われるのもこのようなことからなのです。

洗顔フォームと合成界面活性剤の違い.jpg

“汚れを落とす”という“石けん本来の機能”を重要視!

私も愛用! 使用感にとても満足しています。顔も頭も体も、そして髭剃りもこれひとつで済むのが簡単で。





posted by Dr.ナガシマ at 11:20 | 肌のケア

美肌に不可欠な栄養素は? コラーゲンではない!

2012年12月03日

まず、たんぱく質が重要です。これがないと肌の再生はできません。実際、どんなに保湿剤やローション、美白化粧品を使っても根本から解決することはありえません。皮膚そのものが、たんぱく質からつくられているからです。

肌の弾力をつくるコラーゲンもたんぱく質からつくられています
コラーゲンというと、コラーゲン入りの化粧品もけっこう売られています。でも、この場合のコラーゲンは保湿効果はありますが、皮膚に浸透し補給しているわけではないので誤解のないように(皮膚に浸透はしません)。

また、コラーゲン入りの飲料、コラーゲン入りの健康食品など、口から摂るコラーゲンがたくさん出回っていますが、コラーゲンを食品で補給できるかは、かなり疑問です

ふつうの食べ物でも、カレイや鶏手羽などはコラーゲンが多く含まれています。でも、このコラーゲンも結局はたんぱく質として体内に吸収されて、腸のなかでアミノ酸に分解されてしまいます。だから、このアミノ酸すべてが肌に行くとは限りません。多くは筋肉や血管、その他の臓器に使われてしまうことになるでしょう。

つまり、コラーゲン入りの飲料や健康食品の多少のコラーゲンを摂ったからといって、なおさら肌に効果があるとは考えられないのです。はっきり言ってしまえば、気休め的(とは言いすぎでしょうか)。

食べたコラーゲンの行方.jpg

コラーゲン合成にはビタミンCが不可欠.jpg

コラーゲンの効果は証明されていない.jpg

それよりも、良質のたんぱく質を十分に摂ること。たんぱく質を分解してコラーゲンを合成するのに不可欠なビタミンCを豊富に摂ること。さらに、鉄、亜鉛などのミネラルをしっかり摂ることの方がはるかに有効です。

ビタミンCの再生や皮膚細胞を守る働きのあるビタミンE、“カサカサ肌”にさせないための栄養素としてビタミンB群(B2、B6、パントテン酸、ナイアシン)、それに肌のビタミンといわれるビオチンも、美肌にとっては不可欠な栄養素です

美肌には、化粧品などの「外のケア」も大切かもしれませんが、それ以上に「中からのケア」が大事!  けっして“片手落ち”とならないようにしていただきたいと思います。

はだのさぷり
☆10日間のお試しは40粒で500円(送料無料)
posted by Dr.ナガシマ at 10:39 | 肌のケア

オイリー肌(テカリ肌)こそオイルケア!

2012年12月02日

「肌の保湿対策」として活用したいオイル。でも、オイリー肌やニキビ肌で悩む人たちは、オイルを避けてきたのでは?

実は、「オイリー肌にオイルはもってのほか」という考えは、大きな間違いでした!

皮脂は、オイリー肌の人にとって悩みの種でもありますが、同時に肌の表面(表皮)を乾燥や感染症から守る大切な役割をもっています。
ところが、とかくオイリー肌の人は洗顔や洗髪を頻繁にしたり、あぶらとり紙で皮脂をこまめに拭き取ってしまいます。これでは皮脂本来の機能を果たすために必要な皮脂をも取り去ってしまうことに。だから、まったく逆効果なのです。

皮脂量が足りないと、正常な肌の状態を保とうとする機能が働いて、かえって皮脂をたくさん分泌してしまうのです
強い洗浄成分のある石鹸やシャンプーも、皮脂を取りすぎてオイリー肌の原因。

それって逆効果だよ!.jpg

むしろオイリー肌の人は、オイルケアが適しているのです。この場合も、余計な物が入っていなくて、皮脂に近い成分を持つ天然オイルが効果的です

その理由は、油系の汚れはオイルで取れるからです。オイリー肌の人というのは脂の汚れがたくさん付いているので、オイルマッサージで汚れた油を取って、さらっとした新しいオイルに入れ替える必要があります。

男性のオイリー肌.jpg

100%天然の保湿成分 シアバター
posted by Dr.ナガシマ at 11:48 | 肌のケア

肌の手入れは中からやらなきゃダメ!

2012年11月09日

■美肌を守る化粧品は本当?

毎日のように化粧品を使う女性の多くは、化粧品こそ美肌を守ってくれると信じているのでは? 美肌、美白という効能を宣伝しながら売られている化粧品がいかに多いか、まさにそのことが物語っているように思われます。

ところで、本当に化粧品は美肌を守ってくれるのでしょうか?

国民生活センターの「危害・危険情報」によれば、発生件数において「化粧品」はトップ
。その内訳をみると約9割が皮膚障害です。しかも、肌のシミ・かさつき・湿疹などの原因が化粧品だということに気づいてない人もいるので、実際はもっと多いと考えられています。

化粧品でトラブル アンケート円グラフ.jpg

合成界面活性剤や合成ポリマー、その他の化学物質で有効成分を浸透させたり、化粧品の形状を整えたり、見た目を良くする化粧品も少なくありません。
これらの化学物質は私たちの肌には全く不必要なもの。長期にわたって使用すると肌のトラブルの原因になります

調査結果(下図)をみると、なんと美肌を守るはずの化粧水や洗顔料での肌トラブルは最も多いのです。実際、某有名メーカーのモイスチャーローションの成分内容をみると、肌によくないと思われる添加剤がたくさん入っています。

化粧品トラブル種類、モイスチュア配合表例.jpg

残念ながら、「しわをのばしてシミを完全に消す」というような化粧品は存在しません。それが皮膚科専門医の共通した意見です。

では美肌をつくり、また、それを維持するためには何が必要なのでしょうか? 

■肌の再生がポイント!

これも専門家の共通した意見ですが、肌(すなわち皮膚)の再生こそ良好でなければならないのです。つまり、外からのケア以上に、体内部からのケアが極めて重要だということです。

そもそも肌は常に再生されています。この再生というのは、当然のことながら外から起こるものではありません。肌内部にある毛細血管、つまり血液で運ばれてくる酸素や栄養素によって皮膚細胞が生まれ変わる(再生)ことで、皮膚の健康が保たれているのです。
皮膚が不健康なのに、美肌というのはありえません!

肌の構造.jpg

美肌のビタミン類とポリフェノール(プロアントシアニジン)を贅沢に配合『はだのさぷり』
posted by Dr.ナガシマ at 11:24 | 肌のケア