ウォーターサーバーの水は、やっぱりやめたほうがいい!?

2017年02月08日

体に占める水分量の割合は、小児で約60〜70%、成人で約60%、高齢者で約50%と、加齢とともに減少していきます。かつ、高齢者では口渇感を感じにくくなり、体内水分量の低下とあわせ、水分不足の調整が上手くできず、脱水状態となってしまうことがあり、熱中症の大きな原因ともなっています。
特に、年齢が高くなるほど水分補給が大切になるのはこのためです

水分の割合.jpg

ところで同じ飲む水でも、美味しくて、体に良いということから水道水を敬遠し、ミネラルウォーターや浄水器の水などを使う人が増えてきています。

そして最近では、ウォーターサーバーまでも一般家庭に普及するようになりました
ウォーターサーバーとは、天然水やろ過されたRO水(逆浸透膜処理された水)の入ったボトルを設置し、温水や冷水を汲み出すことができる給水機器です。その水も業者が宅配してくれるので便利というところも人気が出てきている理由のようです。

ところが、このウォーターサーバーにトラブルならびに相談件数が急増! 東京都が安全性の調査および商品テストを実施したところ、5台中2台で基準値を大幅に超える一般細菌が検出されたのです。

ウォーターサーバーの相談件数.jpg

いずれも設置使用開始時は細菌ゼロであったものの1台はわずか1日後、もう一台は5日後に基準値を超えていました。また使用2週間後にユーザーレベルでの清掃とボトル交換を行っても、翌日から一般細菌が検出されて、その細菌数が基準の100個/mLを超えるため【飲用不可】と判断されるレベルに達していました。

これではせっかく安全のためにウォーターサーバー導入したのに、かえって危険な水を飲まされる羽目になってしまいます。

一般細菌が検出されたからといって、必ずしも病原菌が存在するわけではありませんが、乳幼児や病人、高齢者など免疫力の弱い人には、【日和見感染症】を発症する場合があるので注意しなければなりません。

つまり、ウォーターサーバーの水を飲料水とすることには問題があるようです。
東京都の報告でも、「粉ミルクの調乳の際、熱いミルクに、さらにウォーターサーバーの冷水を入れるような利用法は避けるべき」と指摘しています。

ウォーターサーバーの一般細菌数.jpg

水道水よりも本当に安全な飲み水なのかどうかは、よほど慎重に判断しなければならないという良い例ですね。

もちろん私の場合、水道水に『サンゴの力』を入れて飲んでいて、もう30年近くになりますかね! わけのわからないミネラルウォーターやウォーターサーバーの水なんかは絶対に飲みません。

水道水に入れて天然のミネラルウォーターをつくる『サンゴの力』→
posted by Dr.ナガシマ at 15:29 | 飲み水

『サンゴの力』で飲料水の長期備蓄試験の報告 9ヶ月目

2017年01月28日

災害時の飲料水はとても心配になるところです。行政などからも最低で3日間程度、できれば1週間程度の飲料水備蓄をしてほしいとの要望が出されています。
【備蓄量】1人1日3リットル×3日〜7日=9〜21リットル

さて、「市販のミネラルウォーターを開封せずに備蓄するのか?」となると、メーカーでは賞味期限を2年間に設定しているものが多いようです。

市販のミネラルウォーターは、何となく長く持ちそうだというイメージを持っておられる方も多いられるかもしれませんが、ペットボトルには「気体透過性」があるため長期間保管していると内容物の酸化や味の変質などが起こる可能性があり、賞味期限を2年程度にしているのだそうです。

また、備蓄用のミネラルウォーターも販売されていますが値段が数倍高くなります。

それに対し、私の場合は1リットル用のペットボトルに「水道水」と『サンゴの力』1袋を入れて密封し、備蓄用の飲料水として備えています

備蓄写真.jpg

そのメリットは・・・
@『サンゴの力』の効果で、水の変質がほとんどなく気軽にいろいろな場所に備蓄しておくことができる。
A経済性が高く、長持ちするので多くの本数が備蓄できる。
B何年たっても細菌が湧くことも無く、水の腐敗なども無いので安心して備蓄できる。


とくにBに関しては、「長期備蓄試験」をすすめて検証しているところです。

今回、備蓄開始から9ヶ月目の結果が出てきました。一般細菌数は「0」、PHの変化もなく飲料水として全く問題ありませんでした。もちろん、残留塩素も検出されていません。

試験結果表.jpg

次回(12ヶ月目)は4月上旬を予定しています。

★地震などの災害時に備えて『水の備蓄』を!
6年前の東日本大震災の時には、ミネラルウォーターの買い占めがおこり、「スーパーに行列、品切れ」という騒ぎが起こりました。いざという時の飲み水の備蓄が非常に大切だといことがわかります。

『サンゴの力』の場合は、1リットルの水道水に対してサンゴの力1包、10リットル用のポリタンクには10包入れることで常温で長期間の保存が可能です。


ポット型浄水器とサンゴの力.jpg

ウォーターサーバーとサンゴの力.jpg

50リットル分が1000円で試せる体験キット↓クリック
体験キット.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 14:46 | 飲み水

ミネラルウォーターって、本当に買う必要あるんでしょうか?

2012年12月27日

ミネラルウォーターが安全だというのは、幻想じゃないか・・・
某ジャーナリストのウェブサイトに、次のような「ミネラルウォーターに関する記事」が掲載されていました。

北関東山間のある村は、業者と共同して、地元でも有名な“名水”をボトリングし、ミネラルウォーターとして販売していました。ところが、このミネラルウォーターが有名になるにつれ、水源地を訪れる観光客が急増。源泉に勝手に立ち入って、水を汲んでいく人が後を絶たないようになったのです。

さらに恐ろしいことに、源泉の上流の山中には、テレビや冷蔵庫、廃材といった廃棄物を不法投棄する事件が相次ぐようになりました。
地元の人達が定期的に見回りをしたり、ゴミを拾ったりしているとはいうものの・・・、「水源地の保全と言われても、不法投棄が増えていて対策しようにも難しい。安全性もはっきり断言できないので、(この件の)マスコミへのPRはいっさいしないことにしている。取材もお断りしている」と村役場の担当者は述べたといいます。

この村の事例は、決して極端なことではありません。たとえば、ミネラルウォーター水源地のメッカといわれる富士山麓。そこで猛毒の廃液の硫酸ピッチ約5トンが廃棄されているのが見つかり、県みずから撤去する騒ぎになりました。
 
一方、国産ミネラルウォーターの中には、大自然どころか住宅街の近くで水を採取しているケースがけっこうあるといいます。水ビジネスに関わる関係者は、こう証言します。
「あまりに山の中で採取すると、輸送費がかかってしまう。原料はタダに近いミネラルウォーターの原価の半分近くは輸送費。これをどうやって削るかがメーカー側の課題。どうしてもボトリング工場に近い場所を探して、という結果になってしまうのは仕方がない」。

ミネラルウォーターの研究家としても知られる映画監督の早川光氏によれば・・・、
「以前、ヨーロッパの水研究者に日本の水をどう思うか聞いてみたところ、『あんなに国土の狭いところに人口があれほど密集していて、環境が保てるわけがない。いい水なんてないだろう?』と一笑に付されたことがあります。日本の水は世界一すばらしいと思っているのは日本人だけで、海外から見ればその程度の認識です」、とのこと。

実際、ヨーロッパが主導するミネラルウォーターの国際基準では、「水源地があらゆる汚染から完全に隔離されている地下水であり、また水源周辺の自然環境がきちんと保護されている」と定められています。
しかしながら日本では、水源地の保全については法律もガイドラインもありません


水道水よりも低いミネラルウォーターの安全基準!?

そもそもミネラルウォーターは、食品衛生法で「清涼飲料水」に分類されています。そして、この水質基準がかなり甘いのです。細菌数や有毒のカドミウム、水銀などの含有量は約18項目が定められているだけ。
一方の水道水は50項目の基準があり、水道水の安全性はミネラルウォーターよりはるかに高いといっても過言ではありません。

ミネラルウォーター、水道水の水質基準.jpg

水道水で常に問題となる発がん物質のトリハロメンタンにしても、ミネラルウォーターには含まれていないと考えるのは甘いようです。たとえば1989年に女子栄養大学がミネラルウォーター30銘柄を測定したところ、国産13銘柄、輸入2銘柄からトリハロメタンが検出されたといいます。

基準が甘く、そのうえ水源地の保全さえも定められていないとすれば、ミネラルウォーターが水道水よりも安全だとは、絶対に言えないのです
posted by Dr.ナガシマ at 10:29 | 飲み水

ミネラルウォーター、買う必要あるの?

2012年08月09日

ミネラルウォーターを買うのが当たり前のような時代になりましたが、
本当に買う価値があるんだろうか?
かなり疑問なんですね


以下は、当社ニュースレター「そら通信2012年6月号」の冒頭文です。

−−−−某ジャーナリストのウェブサイトに、次のような「ミネラルウォーターに関する記事」が掲載されていました。

北関東山間のある村は、業者と共同して、地元でも有名な“名水”をボトリングし、ミネラルウォーターとして販売していました。
ところが、このミネラルウォーターが有名になるにつれ、水源地を訪れる観光客が急増。源泉に勝手に立ち入って、水を汲んでいく人が後を絶たないようになったのです・・・・・・(この続きは、次のPDFをご覧ください)。http://www.sora-1.net/pdf/sora146
posted by Dr.ナガシマ at 10:23 | 飲み水

スーパーで汲む“飲料水”を調べてみたら何と!!

2011年07月12日

スーパーで汲む飲料水.jpgスーパーで容器を買って汲みに行く“飲料水”。

あれって、いったいどんな水なんだろう??

ということで実験してみました。

「はじめに専用の容器を購入すれば、あとは無料で飲料水が汲める」。じゃ、どんな水質の水なんだろう?と興味津々。

容器購入後、列に並んで順番を待った。自販機のような装置から、一応は“ミネラルウォーター?”と称される水を汲んで自宅に持ち帰って、さあ実験開始!

塩素反応は?・・・ナシ。さすがに塩素は入っていないようだ。次に、酸性か?アルカリ性か?がわかるpH(ピーエイチ、でも私はペーハーと呼びます)テストについては? 果たして、本来のミネラルウォーターとしてのアルカリ性を示すのか? 

結果は目を疑った・・・

オレンジ色に・・・、ナ、ナント!! 酸性を示したのだ。このへんでは、まあまあ高級食材を扱っていることで知られているスーパーマーケット。それが酸性水を配っていたとは・・・。

いくら営業のためとはいえ、ここまで消費者をバカにするのか!? そうとは知らないお客は、この水をせっせと汲んでは家に持ち帰っているのだ。

スーパーで汲む飲料水の実験.jpg

そういえば、当社のユーザーの方からもこんな話を聞いていた。付近のスーパーでこうしたサービスをやっているので、その方も実験したらしい。

結果は驚く無かれ、塩素反応が出てしまったというのだ!

ビックリして、そのスーパーに問い合わせたところ・・・、
「最初は塩素は取り除いていたが、お客さんからこの水で下痢をしたという苦情が相次ぎ、やむなく塩素を入れるようにした」という答えが返ってきた。

その後、私はスーパーに行くと、几帳面にもこの“飲料水”を汲んで帰るお客さんの姿を見る度に、気の毒に思ってしまうのです。


瞬時に本物のミネラルウォーターが作れる!「サンゴの力」→



posted by Dr.ナガシマ at 09:29 | 飲み水