「歯を磨け」だけでは歯は守れない!?

2016年12月22日

長生きする上で「歯の健康」というのは不可欠な条件になりますね。総入れ歯になったら、硬い食べ物はほとんどダメ。ステーキなんかも食べられない。結果として栄養が摂れない。筋肉減少症(サルコペニア)になって、寝たきり要介護の危険性も大きくなります。

ところで、歯が悪くなったら歯医者に行く。これは当たり前のこと。「でも大間違い!」の場合があることを知っておくべきです。

だめな歯医者はすぐ削る.jpg

例えば虫歯になったらどうなるでしょうか? その部分は当然削られます。そして銀冠などをかぶせられて安心か? でも、新たな問題が発生してくるのです。

1.銀冠をかぶせても、その根本原因は解決できていない。だから、虫歯は再発する。
2.銀冠をかぶせた部分は、よけいに細菌に侵されやすくなる。そのため再治療する必要がでてくる。さらに削って新たな銀冠をかぶせる。その悪循環が繰り返されるうちに、最後は抜く羽目に。

つまり、悪くなったら歯医者に行きさえすればいい、なんていうのはダメなんです。
歯の健康で最も大切なのは、もちろん予防です。

そうなると、必ず「よく歯をみがけ」とは言われますが・・・
「歯をみがくこと(ブラッシング)」だけで虫歯と歯周病を完全に予防できるでしょうか?

虫歯や歯周病の原因となる“歯垢”は、たったの12〜24時間でつくられてしまいます。ですから、少なくとも1日1回は歯垢を完全に取り除かなければいけません。

細菌の増殖グラフ.jpg

ところが、そう簡単には取り除けないのが問題なんです。
普通の歯みがきでは、半分程度にしかキレイにできません。
実は、完全なブラッシングというのは、特別の指導や訓練を受けないと難しいのです。

しかも、朝起きた時に気休めていどにサッサッと歯をみがき、その後に朝食。肝心の食後は歯みがきもせず、そのまま忙しく仕事や学校に出かけていく。それが私たち現代人の姿です。
つまり、「よく歯をみがこう」だけで歯を完全に守るのは、そもそも不可能なんです。

では、どうすべきか? 

私の「歯の磨き残し率0%を目指す方法」を試してみてください。手間もかからず、お金もかかりません。

この「歯の磨き残し率0%を目指す方法」のセミナーを時々開催しています。
場所は、さいたま市の大宮(大宮駅から徒歩13分)です。

セミー風景.jpg

お気軽にお問い合わせください。問い合わせ先
0120−54−8224 
もしくは、sora@soramesse.co.jp
posted by Dr.ナガシマ at 14:17 | 歯の予防

歯の“磨き残し率”を“0ゼロ”にする方法

2014年12月08日

93歳の母親が「お前の歯は白いね〜! お父さん似にて歯が丈夫なんだね、わたしに似なくてよかった」と言うのです。でも、違います。実は、何年も前には歯周病で、下の前歯は抜け落ちそうになっていて、非常に悩んでいました。もちろん汚かったです。

それが“ある方法”で、むし歯も、歯周病の心配もまったくなくなりました。今では「歯が白いですね〜」とは他の人にもよく言われることです。

ところで歯の健康を守るためには、「歯のケア」をいかに行うかに尽きる、といっても過言ではありません。つまり常に、歯を完璧に“綺麗に、清潔に”しておけなければならないということです。

さて、このタイトルにある「磨き残し率」とは何でしょうか? 
そうです、「歯の“磨き残し”の割合がどのぐらいあるか?」ということです。

プラークの写真.jpg

ご存じのように、虫歯や歯周病の原因は全てプラークです。
プラークのことをあらためてご説明しておきましょう。

歯の表面についた白っぽいネバネバ。歯牙細菌苔ともいいます。生きた細菌の大集団が苔(こけ)のようにヘバリついているのがプラークです。細菌が“食事で歯に付いたカス”を餌にしながら繁殖して作る「細菌の集団とその巣」のことです。
食後、歯を磨かずにこれを放置していると、たった約12時間で細菌数が100%ちかく達するというほど繁殖力が強いものです。

だから歯のケアには、このプラークをいかに“完璧に”除去できるかが問題になってくるのです。この“完璧に”とは当然、歯の磨き残し率を“0”にすることです。

ところが、非常に難しい!!

歯科医などは、歯周病の進行を止めるためには、この磨き残し率を20%以下にすること、あるいは改善していくためには10%以下にすべきだと考えているようです。

では、あなたご自身の「磨き残し率」はどの程度だと思われますか?

普通は、どんなに上手に歯磨きをやっても20〜30%ぐらいになってしまうようです。また、歯の専門家といえども0%にするのは不可能だといいます。
たぶん、あなたの磨き方では「ほとんどダメだ!」ということになるでしょう。

なぜ、毎日歯を磨いているのに、どんどん歯が悪くなっていくのか!?
よく考えてみる必要がありますね。

ところで、私(ナガシマ)の磨き残し率は、専門家でも不可能な「ほぼ0%」という驚異的な検査結果になってます。しかも“ある方法”を10年以上前から実践し始めてから、ほぼ「0%」を達成し続けています。

永島のみがき残し率.jpg

では私は、この歯のケアのために相当時間や手間をかけているでしょうか?
そうではありません。3分程度の時間で、しかも簡単に、お金もかからずにできる方法です。

それこそ歯は一生もの、健康の要といっても過言ではありません。
ぜひ、この方法をあなたにも知っていただきたいと思います。

次回の「歯の磨き残し率を0%にするセミナー」は来年の3月頃を予定しています。
この件に関しては、以下のメールでもお受け致します。お気軽にご連絡ください。
masakazu@soramesse.co.jp

posted by Dr.ナガシマ at 10:55 | 歯の予防

歯の検査結果が届きました!

2014年11月13日

11月5日にやった歯のレントゲン検査結果が封書で送られてきました。
2年ぶりの検査だったので、口腔内全体20枚近くの撮影でした。

結果は、「今回は心配な箇所はありませんでした」とのこと(よかったです!)。

レントゲン検査結果.jpg

もちろん、この歯科クリニックのケアも良いけれど・・・、
自分がやっている普段の「歯の掃除(ケア)」が非常に良いんですね(自画自讃!)。

ぜひ、私どもが開催している『歯のセミナー』に参加していただきたいな〜。
※次は、来年の3月頃に開催の予定でしょう・・・。
http://bossdiet.sblo.jp/article/61891235.html
posted by Dr.ナガシマ at 17:30 | 歯の予防

すべての歯は、他の臓器と同じく生涯と共にある

2014年11月05日

今日は3ヶ月毎の歯のケアに、検査の結果はまったく問題なしでした。その後、1時間ほどかけて歯のクリーニング。レントゲン撮影も2年ぶりということで、歯全体の20箇所ほどを撮りました。

待合室で支払いを待っていると、(今まで気づかなかったのか?)おもしろい言葉が掲示されていたのでご紹介いたします。

口とは・・・

口は人間にとってすばらしいものだ。
それは人間の情緒においても、日々の生活にとっても、また人の美しさに
とっても・・・。

口 ―― それは、今まさに私が生きていることを表わしている。

もし動物が歯を失った時、その動物の死を意味する。
歯を失ったとき彼らは生き続けることが不可能であり、その生は終わりを告げ、
やがて彼らは死んでいく。

人間にとって、口 ―― は会話を楽しみ、愛を語り、しあわせ、よろこび、怒り、 悲しみを表わす。

口 ―― は愛情の入り口であり、食べ物をとり、生き、そうして人間は栄えていく。

だからこそ、口はどんな犠牲を払おうとも、十分な注意と管理を受けるだけの
価値を持っている。

Dr. ハロルドワース アメリカL.D.パンキー財団 元理事長


また3ヶ月後の予約をして帰ってきました。
posted by Dr.ナガシマ at 16:59 | 歯の予防

歯のセミナーをやります!

2014年10月13日

今週の土曜(10/18)に久しぶりに「歯のセミナー」をやります。

老化で、結構大きな問題となるのが「歯」ではないでしょうか。
特に日本人の歯の不健康さというのは、先進国の中では最悪。80歳までに残せる自分の歯というのは平均5〜6本程度です。一方、欧米人はというと20本近く残しているといいます。

つまり、年取ったから歯が無くなるではないのですね。“歯のケア”のしかたが悪いんですね。では、どんなケアのしかたがいいのでしょう・・・。

こう言ってはなんですが、歯医者さんで教えてくれること、あるいは一般に紹介されている方法は、間違ってるとは言わないが、実際にやるとなると中々難しい、大変、続かない。だから、ほとんどの方が歯をだめにしている。

さて、この「歯のセミナー」でお伝えすることは、簡単で、お金も時間もかからずに、しっかりとケアできる方法。特に今問題となっているのが「歯周病」!

健康な歯、歯周病の歯の写真.jpg

【歯周病になっている兆候!】
@口が臭い  A歯がしみる 
A歯がネバネバする C歯がグラグラする
D歯ぐきの色が悪い 
Eすぐ歯ぐきから出血する

そして、たった2時間のセミナーでお伝えする方法では確実に次のことが手に入ります。
@口臭が無くなる
A歯が白くなる
B歯ぐきが健康的にピンク色になる
Cしみなくなる
D出血が止まる
E虫歯にもなりずらくなる
F歯ぐきがしっかりしてくる

にわかには信じられないかもしれませんが、すでに数百人の方々がこのセミナーを受けています。「歯医者さにんもビックリされた」というような参加者の声も聞かれます。

私自身10年以上、この方法を続けていますが、先日、少し嬉しかったのは「永島さんの歯は、本当に白いですね!」と言われたこと。もちろん、今や歯の健康にも自信がありますよ。



posted by Dr.ナガシマ at 12:14 | 歯の予防

歯は、保険診療がきかないほうがいい!

2012年10月09日

前回、保険診療がきかない歯科クリニックに行っているということで、
「贅沢だな!」という誤解を受けそうなので・・・、
むしろ保険がきかないことが良いというお話をします。

私も、かつては歯のことで大変困って、いろいろな歯科医院にかかりました。
この歯科医院はしっかり診てくれそうだと思っても、暫く(私の場合、3年〜5年です)かかっているうちに、こう言っては失礼だが・・・、
儲け優先じゃないか、という疑問が出てきてしまうところがほとんどだったのです。

たぶん皆さんも歯ではお困りのことと思います。
少し考えてみてください。
保険がきかないんじゃね〜、と思われても、
では、「保険内の治療」で一体どのぐらいのことをやっていただけるのか?

例えば前の歯を保険内でなんて、とてもできないですよね(みっともなくて)。
あるいは保険内で治療しても、すぐにだめになって、
何度も歯を削り直して歯冠をかぶせる度に歯が無くなっていく。
最後は抜歯する羽目に。
そうなると早速インプラントなんかすすめられたりして・・・。

結局は非常に高いものにつくことになります。

今通っている歯科医院は、もう何十年も前に保険診療をやめってしまたったそうです。
院長ぱ「保険内では、あまりにも制約が多くてちゃんとした治療ができない」と言います。
これには私も納得できました。

しかもそう言うだけあって、常に最新の技術を取り入れている。
そして、ここでの治療済みの歯については何年も保証するシステムになっている。
また、歯のケアというものを最も重要視していることがわかります。

歯に限らず、体の病気でもそうですが、ならないようにしたほうがいいに決まっている。
つまり、『治療より、予防!』ということですね。
トータルでみたら、そのほうが断然経済的になることも間違いありません。
posted by Dr.ナガシマ at 11:18 | 歯の予防

「歯ブラシ指導」を受けてもダメなんだな〜!

2012年10月04日

一昨日は、3ヶ月ごとの「歯」の定期検診とケア。昨日は、蒲田のボクシングジムで個人レッスン。今日は、「目」の定期検診と、個人的なスケジュールが立て込みました。
だいたい月中から月末までは、当社の月間ニュースレターの執筆・編修などで忙しくなるので、個人的な用事というのは、月初めに集中してしまいます。
お話したいことはいろいろあるのですが、取りあえず「歯」について・・・。

N歯科院長から「ずいぶんキレイになってますね。歯みがきにはどのぐらい時間かけてるの?」と聞かれたいので、「そうですね、食後に10分から15分ぐらいですかね」と返事しておきました。
その後、看護師さんによる歯のクリーニングがあったので、「ここは保険もきかないし、来る患者さんも、しっかりと歯をきれいにしている人が多いでしょうね」と聞くと、「そうじゃないんですよ。永島さんや新藤さんは最上級。ほとんどの人がダメなんです」と答えたのです。

実は、この歯科医院は(院長の考えで)保険診療を止めてしまっているので、治療費はかなり高額。それでも患者さんの予約はいっぱいで、小さな待合室ですが経済的に余裕のある方達が多いように見受けられます。

しかも何万円にもなる「歯ブラシ指導」というのもあり、だから、ちゃんと歯をキレイにしている人達ばかりなんだろうと思っていたのに、やっぱり違うんですね。
もちろん、私たちはこの「歯ブラシ指導」なるものを断りました。こっちが教えてやりたいぐらいで、実際に「歯のセミナー」をやっている側なんだから。

N院長は尊敬できる人なんだけど(そもそも尊敬できなければ行きません)、「どうやって磨いてるの?」みたいなこと聞かれると、「タダじゃ教えられません」と言いたくなっちゃいますよね(冗談ですが・・・)。

これほどケアというものを重要視している歯科医院ですら、その患者さんの「指導」はうまくいかない。だいたい、こうした歯科医院でやっている「歯ブラシ指導」の方法なるものが、忙しい毎日においては大変で難しいし、実際的でない。とても続けられそうもない。 

私が院長に食後に10分から15分と(適当に)返事しておいたのは、ちょっと説明がつきにくいから。本当は10分もかかりません。
どうして、もっと簡単で実際的な(私どものような)方法を教えてやれないのかな〜?(医師でも気づいていないのかも・・・、気づいていないんでしょう!)

機会があったら、ぜひ私どもの「歯のセミナー」に参加してみてください。次回は10月20日の予定。
posted by Dr.ナガシマ at 16:27 | 歯の予防

歯のケアが悪いと認知症! デブはバカという調査結果!

2012年09月18日

正直、「やっぱりそうか」というような調査結果が報告されています。

■1日に1回しか歯を磨かないひとは認知症になる可能性が65%!
カリフォルニア大学の研究で、きちんと歯を磨くと記憶力のアップにつながることが判明。
詳細は次をご覧ください⇒http://news.ameba.jp/20120916-431/

■「デブはバカ」という調査結果!
アメリカのニューヨーク大学の調査によると、能力テストの結果で、メタボの子どもはそうでない子どもに比べIQ(知能指数)が低いことが分かったというのです。
詳細は次をご覧ください⇒ http://magazine.gow.asia/life/column_details.php?column_uid=00002273

子どもを肥満から守るというのも親の責任ですよね。
posted by Dr.ナガシマ at 11:37 | 歯の予防

「予防は安い、治療は高い、予防は賢さ」、歯も予防!

2012年09月02日

−歯も予防が大切だということがつくづくわかりました。
わたくしは子供の頃から歯医者に通っていましたから、ほとんどの歯が治療済みなんですね。それでも、どんどん歯が悪くなっていきました。でも、今はその不安がほとんどなくなりました。やっぱり歯も予防ですね。

【永島】「歯のセミナー」をけっこうやりましたでしょう。それで、参加された多くの方から「今、すごく感謝しています」という声が聞かれますよね。
一方で、歯周病がひどくなってしまって医者に通っている。
「じゃ〜、歯のセミナーで教わったことをやったんですか?」って聞くと案の定やっていなかったと言うんですね。
あれだけちゃんと教えたのにやらない。それで、何十万円も治療費払って、痛い目にあっている。「なぜなんだ!」って、こっちがわからなくなる。

磨き残し率30%以下.jpg

−やはり「予防の大切さ」というのがなかなか根付かないんですね。治療には費用をかけざるをえないけど、予防には費用をかけない。

【永島】なぜ、お金の計算ができないのか? わたしには不思議なんですよね。
たとえば、わたしの場合、3ヶ月に1度は歯の検査と掃除のために歯科クリニックに行きます。その日を、すでにスケジュール表に書き込んであるんです。

この掃除には保険がきかないから8千円ぐらいとられちゃう。そうすると、それを聞いた人は「えっ、治療もしないのに8千円もとられるんですか!」って驚くのね。じゃ、将来、歯がなくなってインプラントにでもしようとなったら1本で30万円〜40万円ぐらいになる。

それに引き替え、この掃除は年間で「8千円×4回=3万2千円」じゃないですか。つまりインプラント1本のお金で10年間も歯の清掃に通えるんです。それで80歳、90歳まで自分の歯を残せる可能性が高くなる。
ちろん、歯のセミナーで教える方法をしっかりやった上でのことですが・・・。もっとも、こちらの方法はほとんどお金がかかりません。

0% 永島修正.jpg

予防というのは、多少のお金と時間をかけても将来の安全を手に入れる。その選択の方が、どんな得になるか。その計算ができていないひとが多いんですね〜。
「予防は安い、治療は高い」。

−予防は「賢さ」ではないでしょうか。
賢さって、先のことを見る力がなければいけないわけですね。また、何を選んだらいいかっていう選ぶ目も必要になります。健康食品をあれこれ使ってるけど、本当には健康になれていないひとって沢山いるじゃないでしょうか。

つまり、やっていることがほとんど気休め的で、実は何を選んだらいいかがわかっていないんだと思います。健康食品を売る会社の宣伝のしかたも問題だとは思いますが、消費者の選ぶ目も必要なんですね。

【永島】こういう世の中だからこそ、他はあてにならないのね。国も、年金も、病院も・・・。そうすると、自分で自分のことを守らなければならない。
しかも、第一に守らなければならないのが健康なんですね。取り返しのつかな病気になったら、もうどうしようもなくなりますからね。

この年齢になって、わたしが最も気をつけている健康は何かというと・・・、
1.肥満の防止 2.生活習慣病のリスクをゼロに近づける努力 3.筋力や可動域を落とさないための日々の運動 4.歯の健康 5.アンチエイジング
などです。

効果のあるサプリメントは、それを補完するものとして使うべきですし、わたしの場合はフルに活用しています(ただし、自社製品ですが・・・)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【歯のセミナー】

先日の日曜日、ここそらハウスにて「歯のセミナー」を開催しました。2度目の受講者3名さまもいらして、大いに楽しく盛り上がりました。

遠方からは滋賀県からもお越しになりました。東京へ帰郷のタイミングに合わせられたそうです。以前から参加を切望されていましたので、たいへん喜んでくださいました。歯にはとても困っているそうで。

歯のセミナー1.jpg

なぜ、歯が虫歯や歯周病におかされてしまうのか、説明をきいていただいた後、実地でお手入れ法を体験。

posted by Dr.ナガシマ at 18:25 | 歯の予防

『歯のセミナー』を開催いたします

2012年08月04日

日本人の30代以上の8割が歯周病に罹っているといわれます。
また、80歳で残る自分の歯は平均5本から6本。ほとんどが、
総入れ歯の状態になってしまいます。

では、そうならないためにはどうしたらいいでしょうか?
当たり前のようですが、“歯のケア”しかありません。ところが・・・

「良く磨け」と言われても、ほとんどの人は磨けていません。
そもそも、従来から言われてるような磨き方で・・・

『磨き残し率0%』は、絶対に無理なのです。

このセミナーでは、簡単に『磨き残し率0%』にできる方法を
お教えいたします。

しかも、お金はかかりません。
「完璧に歯をきれいにすること、口臭を無くすこと、そして歯周病を
完全に予防こと」ができます。

時間もかかならない方法なので忙しい方にも最適だと思います。

歯のセミナー風景2.jpg

『歯のセミナー』の予定は
■8月19日(日)午後1時30分〜3時半
■開催場所:さいたま市大宮区(そら本社内)、大宮駅から徒歩13分(バス便有り)
■参加希望の方 0120−54−8224 まで
■参加費無料(このセミナーは物品の販売を目的にしていません)
参加人数は15名限定です。現在5名空きがあります。至急お申し込みください。

【歯のセミナー参加者のご感想一部ご紹介】●歯にはじまって体操まで、本当に参考になることを教えていただきました。歯は生涯自分の歯で食べていけたらいいな、とかすかな思いをもっていたのですが、今日のお話で希望がみえてきました。これからの老後を快適に過ごせるような気がしてきました。楽しく興味深いセミナーでした。どうもありがとうございました。(I.K様)●すごいです。思いもよらない道具が登場してびっくりしました。でも、歯周病も傷であり、手入れは“治療”と考えると「なるほど!」と思いました。(I.H様)●私は小学生の頃から虫歯が多くて奥歯は詰め物が多く、歯医者によく行っていました。今回参加して、日々の歯のケアの大切さがよく分かりました。(K.M様)●久々のそらハウス、また充実したセミナーの内容を受けて日々の習慣を改めて省みる良いきっかけとなりました。(N.R様)
posted by Dr.ナガシマ at 16:53 | 歯の予防

「歯を良くみがけ」では、歯は守れない・・・

2011年06月30日

歯周病と口臭.jpg日本人は30歳以上で、なんと8割に歯周病があるといいます。歯を失う最大の原因が歯周病です。

そして、「年取れば歯が無くなるは、あたり前」と思われているのではないでしょうか。

ところが80歳で残っている歯の本数は日本人が平均8本、これに対して、アメリカ人は18本、スウェーデン人は24本です。

年取れば歯が無くなるは、あたり前ではないのです。むしろ、先進国の中で日本人の歯の悪さというのは異常なこと。

では、「歯をみがくこと(ブラッシング)」で虫歯と歯周病を完全に予防できるでしょうか? 歯医者さんにいくと、必ず「よく歯をみがけ」とは言われますが・・・。

普通の歯みがき程度では、磨き残し率はせいぜい50%。“磨き残し率”とは、歯を磨いた直後に、どのぐらいの磨き残しがあるかの割合です。

実は、完全なブラッシングというのは、特別の指導や訓練を受けないとできないのです。
上下の歯は合計28〜32本あります。その表裏、あるいは歯の隙間、歯と歯ぐきの間など、隅々までブラシをとおして、そこに付着している歯垢や歯石を完璧に除去することが可能でしょうか?

これは、ほとんど至難の業です。どんなに良く磨いても、磨き残し率30%〜20%程度がいいところ。

つまり、「歯を良くみがこう」だけで、歯を完全に守ることはできないのです!

歯周病の炎症部.jpg

では、どうすべきか?

実は、「手間もそれほどかからず、お金もかからない」という簡単な方法があります。なんと、磨き残し率0%も可能になるのです。
私たちの実施している「歯のセミナー(不定期)」で、そのことをお伝えしています。

10年ほど前から、このセミナーを実施して、これまでに数百名の方たちがこの方法を学ばれました。
そして、参加された方たちの“声”は次のようでした(ほんの一部掲載)。

■目からうろこ・・・です。3ヶ月毎に歯垢の除去に通っていますが歯ブラシでの歯みがき指導のみですのでなかなか上手くなりません。歯医者が教えてくれないことばかりなのでびっくりしました。■今回のお話を伺って、危機感を憶えました! 今すぐは目に見えていなくても、30年後、40、50年後の自分に出て来てしまうと思うと恐いです・・・。教えていただいた方法を習慣にして予防していきたいと思います。■歯のセミナーは非常にためになりました。数年前より、冷たい水がしみたり、朝、口の中がネバつくようになっていたので、早速、本日より実行いたします。


歯のセミナー風景.jpg

←セミナー風景


次回セミナーの予定はまだきまっていません。決まり次第、すぐに私のblog等でお知られいたします。そのさいには、ぜひご参加ください(どなたでも参加できます。参加費は無料です。ただし人数に制限があります)。


治療して、もう治ったと思うのは大間違い! よけいに虫歯は進行する。

銀冠と虫歯.jpg
歯の治療でかぶせたクラウン(銀冠)などは、むしろ虫歯や歯周病に侵されやすいのです。

最近は、インプラントも多くなってきました。「だから私は、大丈夫」なんて安心してはいられません。インプラントといえども、けっして自分の歯ではありません。それだけ細菌に冒されやすいのです。





 夕食たっぷりのBOSSダイエット法/トップへ→ 

生活習慣病のリスク低減 サプリメント「MaxPia」→


「毎日スッキリ!」で話題のゴールデンキャンドル茶【無料お試し】→
posted by Dr.ナガシマ at 12:17 | 歯の予防