がんは、どのくらい「遺伝が関係するか?」の科学的研究

2017年01月26日

昨年ハーバード大学では、スウェーデン、デンマーク、フィンランドの同性の双子について、がんの発生状況を追跡調査し、一卵性と二卵性で同一部位のがんにかかる率の差から、遺伝的な要素の大きさを研究した結果を発表しました。

対象11部位のがんのうち、大腸がん35%、乳がん27%、前立腺がん42%というように、遺伝的な要素の影響が有意に検出されました。しかし、その他は環境要因の影響と考えられました。

一方、遺伝的な要素であっても環境要因の影響を強めたり弱めたりする部分があるため、ほとんどは環境要因を変えることで予防できると考えられたのです

さらに双子の1人が、がんにかかった場合、もう1人が75歳までに同じがんにかかるリスクも推計されました。

双子の赤ちゃん.jpg

 一卵性と二卵性それぞれの場合、大腸がんが11%と5%、乳がんが13%と9%、前立腺がんが18%と3%になりました。つまり、遺伝的な要因の強いこれらのがんであっても、また、例え遺伝子が100%一致していても、同じがんになる確率は1〜2割に過ぎなかったのです

そして、全体のがんとして遺伝は5%以下と考えられました。
すなわち、ほとんどの人は「がんが遺伝する」ことに対して心配する必要はないということです

がん家系ではないか? 遺伝ではないか? と考えるよりも、むしろ残りの95%は「環境要因」の影響なので、生活習慣や生活環境を改善することこそ最優先されるべきという結果です

がんの原因 遺伝は5%以下.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 17:36 | がん予防

がんは遺伝か? 予防は可能か?

2016年12月07日

今や日本人の「がん」の罹患割合は2人に1人、また、3人に1人が「がん」で死亡しています。
日本人の死亡原因トップ。しかも、治療しても再発などもあり、完全に“治る”とも言えず、私たちにとって「がん」が最も恐ろしい病気であることに間違いはありません。

日本人ががんにな割合.jpg

実は、私の父親も66歳の時にすい臓がんで命を落としました。その父親の体質を私も継いでいるのではないか?と思うと、多少なりとも気にかかっているのが正直なところです。

でも、今や私も68歳と父親が亡くなった年齢を越えることができました。健康診断などのデータをみても、その心配はあまりしなくていいようです(けっして油断しているわけではありませが)。

ところで実際、がんは遺伝なのでしょうか?

昨年、米国ハーバード大学で「スウェーデン、デンマーク、フィンランドの同性の双子について」、がんの発生状況を追跡調査し、一卵性と二卵性で同一部位のがんにかかる率から、遺伝の大きさを研究した結果が発表されました。

対象11部位のうち、大腸がん35%、乳がん27%、前立腺がん42%というように、遺伝的な影響が検出されました。その一方で、その他の割合は「環境要因」の影響と考えられました。

さらに、遺伝的なものであっても、それが環境要因の影響を強めたり弱めたりするため、ほとんど「がんの予防」は、環境要因を変えることで可能とされたのです

また双子の1人が、がんにかかった場合、もう1人が75歳までに同じがんにかかるリスクも推計されました。

一卵性と二卵性のそれぞれは、大腸がんが11%と5%、乳がんが13%と9%、前立腺がんが18%と3%となりました。
これらの遺伝的な要因の強いがんであっても、また、双子のように遺伝子が100%一致していても、同じがんになる確率は1〜2割に過ぎなかったのです

双子.jpg

しかも、全体のがんとしては、遺伝は5%以下と推定されました。つまり、ほとんどの人は「がんが遺伝する」ことに対して心配する必要はないということです

がん家系ではないか? 遺伝ではないか? と心配することよりも、原因の95%が「環境要因」の影響なので、その改善こそ最優先されるべきなのです。

がんは確実に予防できる! 安心しました・・・ そして『ピンピン110歳』に邁進!!

がんの原因.jpg

「体内環境」を整えるためのサプリメント→

posted by Dr.ナガシマ at 11:20 | がん予防

がんは医療で完治できるか?

2016年11月28日

日本人の死亡原因第1位の「がん」。今や、国民全体の3人に1人、50歳代以上になると2人に1人が、この病気で亡くなっています。そして、この「がん」も代表的な「生活習慣病」なのです
 
「がんと闘わなければいけない」という声をよく耳にします。この病気に負けてはいけないという意味合いもあって、そう言われるのでしょう。そして、患者も医師も決死の覚悟でがん(治療)に立ち向かうことになります。

しかし、ことがんに関して「闘う」という考え方で、本当にいいのでしょうか?
なぜなら、がん細胞はもともと私たち自身の細胞です。正常な細胞が悪い生活習慣や環境など(一部は遺伝)をきっかけにして“がん化”し、それが異常増殖することで、がんという病気になったのです。

ところが「闘う」というのは、病気の原因は外からやってくる病原菌にあり、それを殺せば病気は治るという大昔の医学の考え方です。しかも、その考え方が現代医学にも踏襲されてしまっていると思われるのです。

結果は細菌と同じく、がんという敵を殺す治療方法となり、「切除手術、放射線治療、抗がん剤治療」のいわゆる「がんの3大療法」となってしまっています。

がんの3大療法.jpg

でも、先ほども言いましたように、がん細胞は外からやってくる病原菌とは違います。がんは私たちの体の中でつくられるものです。

病原菌による病気は、病原菌を殺せば完治できます。でも、がんは、がん細胞を殺したからといって完治したことにはなりません。
がん細胞自体が病気の原因ではなく、がん細胞をつくってしまう様態(ようたい:生活 環境や生活習慣のありかた)が根本の原因だからです

今のがん治療では、この様態をほとんど問題にしていません。治療が目的で、予防は目的ではないからです。だから、対症療法になってしまうのです

しかも、根本の原因が取り除けていないのだから、再発することに何の不思議もありません。

結論を言えば、今の医療だけで、がんを始めとした生活習慣病を“完治”させることは無理です
posted by Dr.ナガシマ at 11:08 | がん予防

がん予防の要(NK免疫細胞)を低下させないためには?

2014年12月24日

がんは今や日本人の国民病とも言えるのではないでしょうか?
日本人の最大の死亡原因であり、全死亡者数の3人に1人が、がんで死亡しているのです。
しかも、2人に1人はがんに罹る状態です。

「わたしは、がんに罹らない」というような他人事では絶対に済みませんね!
では、がんに罹らないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか? 

唯一、NK(ナチュラルキラー)細胞という免疫が、がん細胞を殺してくれるのです。
この免疫細胞が強く働いていれば、がんに罹らないということですね。

NK細胞は、1975年に米国のハーバーマン、日本の仙道富士郎教授(山形大学医学部教授:免疫学)らによって同時に報告され、その存在を知るようになりました。
「ナチュラルキラー細胞の活性が高い人は、がんにならないし、ウイルス感染もしにくいということがわかっている」と言うのは、世界的な免疫学者で順天堂大学医学部の奥村教授です。

その一方、「MK細胞の活性は、ちょっとしたストレスでも弱くなるし、生活のパターンがデタラメになると弱くなる」とも述べられています。若い人でも精神的なストレスや不健康な生活習慣などによって、NK細胞の働きが落ちてしまうのです。
NK細胞の活性に大きな影響を与える要因をまとめてみると次のようです(活性を下げる要因と、上げる要因があります)。

↓タバコで活性低下
NK細胞の活性度を低下させるものとして、まずタバコがあります。予防のためには禁煙しましょう。受動喫煙にも注意!(たばこを吸う方は、家族の健康のことも考えましょう)

↑リラックスすると活性上昇
NK細胞は自律神経系の働きに大きな影響を受けます。ストレスで交感神経系が優位になるとNK細胞の活性度が減少します。できるだけリラックスことが必要です。楽しいことを考えながらリラックスしたり、笑ったりしていると、脳からβ−エンドルフィンというホルモンが分泌されて、NK細胞の活性が上がるといいます。

↑栄養のバランスと種類で活性上昇
良質のたんぱく質や緑黄色野菜などをきちんと食べることで、栄養のバランス(特に、5大栄養素のバランス)に気をつけることが大切です。特に野菜や果物に豊富に含まれるビタミンやミネラル、ポリフェノールはNK細胞の活性を高めます。

↓飲酒や薬で活性が低下
過度のアルコール摂取や薬の取り過ぎもNK細胞の活性を低下させます。

↑腸内細菌を良くすること
腸内細菌は免疫力に大きな影響を与えます。NK細胞に限らず免疫力を保つために(善玉菌が多くなるように)腸内環境を健康な状態に保つことが極めて重要です。

↓冷えは大敵!
NK細胞は、体が冷えてくると血液の流れが悪くなり十分な活躍ができなくなります。
健康な状態にある人の腋化温度(わきの下の体温)は、平均で約36.5℃。この体温を1℃下回るだけで免疫力は30%も低下するといいます。その一方で、がん細胞は体温が35℃の低い体温のときに最も増殖し、39℃以上になると死滅します。

冷えとがん.jpg

↓肥満は肝臓がんのリスクを大にする!
非アルコール性脂肪性肝炎は、「過度のアルコール摂取がないにもかかわらずなる脂肪肝」から引き起こされる重度の炎症です。肥満や2型糖尿病にともない発症することが知られています。

国立がん研究センターによって「過体重や肥満が肝臓がんに影響を与えているのではないか」という調査が実施されました。
その結果、過体重と肥満の人たちの肝臓がんのリスクが高いことが示されたのです。

標準的な体重の人たちと比較した場合の相対リスクは、過体重の人に関しては1.2倍、肥満の人に関しては1.9倍になりました。

肥満と肝臓がん.jpg

元国立がん研究センターの疫学部長だった平山雄博士は、がんの原因の80〜90%は生活習慣や環境にあると述べています。つまり、これらの要因に対処するだけでも、がんの罹らない可能性が大になるのです
posted by Dr.ナガシマ at 16:16 | がん予防

これでも、がん治療やりますか!?

2014年11月07日

今や日本人が、がんに罹る人の割合は二人に一人、死亡するのは三人に一人になっています。つまり、がんは誰でもが罹る可能性のある病気なのです。
では、もし私が、そして、あなたが、がんに罹った場合、治療をどうしましょうか?

以下の記事が信じられるか、信じられないか?

【医師がTwitterに投稿】したものです

肺がんで治ったのはたったひとり
内科医「私は37年間医師をやってきて、1000人以上の肺ガン患者を治療してきたが、抗癌剤と放射線照で治った人はひとりのみ・・・そんなものなのです」

現代医療によるがん治療は受けなかった!
ガン三大療法は、どれをとっても原則としてガンを治療させるのに適切なものではありません。もしもあの時に現代医療によるガン治療を受けていたなら、私は数カ月のうちにこの世から去っていました。医師としての経験からみて、この点に疑いはありません。

自分には抗がん剤は使わない!
がん専門医の80%は「自分がガンになっても、抗がん剤は使わない」

日本のがん治療は異常!
日本では癌になると、抗がん剤や放射線治療、最悪は手術で切ることが多い。しかし海外を見渡せば、日本のガン治療こそが異常だとわかる。実は「何もせず」「様子をみる」のが一般的なのだ。例えばカナダでは、抗がん剤と手術両方する人はたったの3%である。

延命効果が無く、生活の質が悪化!
1990年、アメリカ議会に提出された報告書は、「抗がん剤、放射線治療などは病巣を一時的に縮小させるが、この縮小は無意味であり、延命効果が認められないうえに、患者の生活の質を悪化させる」と断定しています。

効かないと知っていながら使い続ける!
私は以前大きな総合病院の勤務医でしたので、多くの医師が「抗がん剤は効かないばかりか、強い副作用をもたらす」と思いながらも使い続けている実態を知っていました。

ガイドライン通りに治療をやる!
治療ガイドラインが決められていて、それに従わざるを得ない状況がある。そこから外れた治療は、何か問題が起きたとき医師個人の責任が問われかねないから、医師たちは(効かないとわかりつつも)ガイドライン通りに抗がん剤を使ってしまっている。

つまりは、がんに罹らないようにすることですね? 予防が第一!
posted by Dr.ナガシマ at 10:47 | がん予防

胃がんのステージ1で手術、本当に良かったか!

2014年10月28日

昨日、顧問契約をしている税理士さんが決算のため来社されました。もう20年以上の付き合いになるのですが、久しぶりに会って驚きました。70歳近くになるその税理士さんは“激やせ”で体重が12s減ったというのです。

実は胃がんに罹って胃の全摘手術を受けたとのこと。 「それでも医者からはステージ1と言われたので良かったです」と彼はいいます。本当にいいのでしょうか?

確かに、胃がんのステージ1での5年生存率は90%ちかくあるようですが、「本当に良かったことにはならない」のでは? 外科手術上では、がん病巣が完全に切除され、しかも、その後5年間生存できれば完治したことになるのでしょう。

けれども、なぜ? がんに罹ったのかという根本的なところが問題です。実は、その根本のところは、はっきりとは分かっていなのだから対応のしようもないのですが・・・。

でも、その根本が治せない以上は、いつ再発があっても不思議ではないのです。
むしろ、がんに罹っていない人よりも何倍も発がんする可能性が高くなったと考えるべきでしょう。
なぜなら、彼に胃がんが発見されたというのは、「彼が既に持っていたがん体質が表面化」したということだからです。

帰りは、大宮駅まで当社の車でお送りしました。その道々、少しお話しました。
「実は、私の父も60歳のときに直腸がんの手術を受けて、人工肛門になりました。担当医からは、5年間再発しなければ完治したことになると言われました。でも、6年目にすい臓で亡くなりました」
「がんの原因はハーバード大学の調査研究でも、遺伝的要素は10%程度で、あとは食事やタバコ、飲酒などの生活習慣が原因ということが分かっています。となれば、生活習慣を改善することが最善の方法だと思います」。

「いや、永島さんから、ずっと言われてきたのに、私の油断です」と彼は言いました。

食事がままならないとのことだったので、栄養補給のために当社のサプリタイム(バニラ味)をお土産に持っていっていただきました。
posted by Dr.ナガシマ at 11:06 | がん予防

がんは遺伝ですか?

2012年12月07日

歌舞伎俳優の中村勘三郎さんが57歳の若さで、食道がんで亡くなられました。
勘九郎ちゃんの時代から良く知っている私達としては、本当に驚き残念な気持ちで一杯です。

ところで食道がんをはじめとして、がんの原因は遺伝などで、どうしようもないものなのでしょうか?

がん、脳卒中、心臓病など、これらの病気を『生活習慣病』と呼ぶことを知っていましたか?

「まさか、がんは遺伝の病気でしょ」、と言う方もけっこういるようです。ところが、たとえがんであっても遺伝の影響は10%にも満たないというのが医学的な見解なのです。では、遺伝ではないとすれば、その原因は何でしょうか?

なぜ、これらの病気が『生活習慣病』と呼ばれるのか。その理由は、病気になった人の“生活習慣”が問題になるからです。厚生労働省では、『生活習慣病』のことを次のように説明しています。

生活習慣病を知ってましたか.jpg

食道がんの主の原因は、喫煙、アルコール度の高いお酒をよく飲む、熱いものを好んで食べるといった生活習慣が関係しているといわれています。ほかにも男性で高齢者というのも統計的に挙げられます。

ちなみに中村勘三郎さんは、演技だけでなく、遊びの方もかなりのものでして、お酒はもちろん、たばこも相当吸っていたようで、かなりの豪傑と言われていたようです。

開胸操作を有する食道がんの手術は、消化器外科の内でも、最大級の手術に属します。しかも手術に続いて発生する合併症も多く存在する難しい手術です。手術死亡率(手術関連死・術後1ヶ月以内の死亡)も非常に高くなっています。

多くのがんは、予防で防ぐことができるのです。ぜひ、生活習慣に心がけていただきたいと思います。

生活習慣が気になる方の本格サプリメント
posted by Dr.ナガシマ at 12:14 | がん予防

わたしは「がんにならない!」と言い切れる理由

2012年09月10日

多くのひとが「自分はがんにならない」と言います。でも、そはれは観念的で、楽観的過ぎる場合が多いんですね。ほとんど根拠の無い強がりか、それとも逃げか

今や、がんでなくなる方は3人に1人。わたしのような、がん適齢期になると2人に1人が、がん死亡しています。だから現実的に「がんにならない!」とは、なかなか言えない状況です。

では、わたしの場合、なぜ「自分はがんにならない!」と言い切れるのか。
そのポイントを挙げてみました。

1.毎年受けている健康診断のデータはすべて良好。オプションでの腫瘍(ガン)マーカー検査や頸動脈(動脈硬化)検査を受けているが、まったく問題無い。

2.肌の色ツヤ(血色)が良いこと。どす黒い顔や赤ら顔は、糖尿病、肝臓疾患、高血圧などの可能性。

3.疲れにくさ。疲れがすぐに回復できる。いつまでも疲れがとれない、体が重いなどのような状態では免疫力が低下するなど、がんにもなりやすくなる。

4.肩こりがない。慢性的な肩こりや頭痛などでは、血液や血管の状態が悪化している可能性がある。動脈硬化症の危険性もあり、がんにもなりやくなる。

5.“便の悪臭”がない。便がかなり臭うというのは、体内に毒素がたまっていると考える必要がある。

6.いつも食事が美味しい。また、睡眠が良くできるというのは健康のバロメーター。

7.肥満していないこと。標準体重であることはもちろん、体脂肪率も20%以下、標準の15%を維持(わたしの場合は、12%を維持している)。

8.タバコは吸わない。お酒も飲まない(2年前に完全禁酒)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『ガンと環境』平山雄/元国立がんセンター疫学部長より
ヒトのガンの約85〜90%は環境に原因があります。よく知られている放射線やウイルス以外に、毎日食べる食品に含まれる無数の食品添加物やタバコといった身近なところに発ガンに繋がる因子があるのです。さらには、生存に不可欠な水や空気に、以前には考えられなかったほど多くの有害な化学物質が含まれていることが明らかになってきています。
posted by Dr.ナガシマ at 14:09 | がん予防

ガンは、それほど恐い病気ではない!

2011年06月20日

新潟大学の免疫学の先生が書いた『免疫革命』には、なかなか面白いことが書かれています。

「ガンを治す究極の四ヶ条」というのがあるそうです。
第1条 生活パターンを見直す。
第2条 ガンの恐怖から逃れる。
第3条 免疫を抑制するような治療を受けない。あるいは、受けている場合はやめる。
第4条 積極的に副交感神経を刺激する。


安保徹.jpg

この部分だけ抜き出してもよくわからないけれども、特に参考にしたいのが「ガンの恐怖から逃れる」ということなんですね。
ガンを心配する心理的ストレスが交感神経を緊張状態にして免疫力が低下する。だから、よけいにガンにかかりやすくなる−ガンの最大の原因はストレスだというのが、この本のテーマ。

そのとおりだと思います。
ただし、つけくわえておきたいのは、「オレはガンにはならないよ」なんて、よく空威張りする人がいるけれどもそれとは話が全然違う。

さらに、こんなことが書かれている(以下『免疫革命』より抜粋)。

「ガン細胞は、けっして強い細胞ではない」−たとえば、ネズミに悪性のガンを発ガンさせるためには、ガン細胞を百万個も注射しなければなりません。一万個や十万個入れたところで、全てリンパ球(免疫細胞)に殺されてしまいます。一方、ネズミに放射線を当ててリンパ球を減らしておくと、たったの千個注射するだけで発ガンします。

そのくらいガン細胞はリンパ球に殺されやすい。だから、リンパ球を下げないような生活をしていれば、なかなかガンにはならないもの。なんですね・・・!

じゃ、リンパ球を下げないようにするにはどうしたらいいのだろうか?  となると、これがまた現代生活は逆のことをやっている。ストレスは多いし、不自然な食べ物で血液は汚濁させているしと、免疫を下げてしまう条件には事欠かない。

しかも、ガンになってからの3大療法、つまり手術、抗ガン剤、放射線は、間違いなくリンパ球などの免疫を著しく低下させてしまいます。だから再発が多くて中々うまくいくわけがない。とは、『免疫革命』の中でも強調されていることです。

ですから、これは前にもお話したことですが、私自身、たとえがんと診断されても手術や抗がん剤はやりません。治療が過酷で、QOL(生活の質)も著しく低下し、助かる見込みもけっして高いとはいえない。そうまでして自分の寿命を延ばしたいとは思わないからです(人間いつかは死にます)。

それだからこそ、何度も言いますが『予防に勝る、治療無し』なんです。「ガンを治す究極の四ヶ条」も、つまりは究極の予防法なんですね!


 夕食たっぷりのBOSSダイエット法/トップへ→ 

生活習慣病のリスク低減 サプリメント「MaxPia」

posted by Dr.ナガシマ at 14:32 | がん予防