女性の「骨粗しょう症」要介護の原因に!

2020年11月24日

骨粗しょう症は、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。
日本には約1千万人以上の患者がいるといわれます。

とくに女性は、男性の3倍も「骨粗しょう症」になる割合が高くなっています。

閉経後の骨粗しょう症罹患率.jpg

骨粗しょう症になっても、痛みがないのが普通です。しかし、転ぶなどのちょっとしたはずみで“骨折”しやすくなるのです。

要介護や要支援が必要となった原因に、骨折(骨粗しょう症が疑われる)が認知症についで多くなっています。

骨粗しょう症で骨折しやすい箇所.jpg

骨の成分であるカルシウムは、食事によって腸で吸収されて血液に入り、骨に運ばれ骨が作られます。その一方で、骨はしなやかさを保つために、古くなった骨を壊すという新陳代謝をおこなっていて、3年くらいで骨はすべてつくりかえられています。

この新陳代謝に関与するのが、骨を壊す役割の破骨細胞(はこつさいぼう)と、骨を再生する役割の骨芽細胞(こつがさいぼう)です。骨の材料であるカルシウム不足で骨が再生できなければ、骨粗しょう症になってしまうのです。


正常な骨 骨粗しょう症の骨.jpg
骨粗しょう症で身長が低く.jpg

珊瑚の恵.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 09:42 | カルシウム
太らない食べ方 | ホーム | 魚のアブラEPAサプリメントの比較