健康素材キトサンが有害物質を除去(1)

2020年09月28日

デトックス※医療の専門家である銀座サンエスペロ大森クリニックの院長、大森  医師は次のように述べます。
※デトックス(detox)は、生物の体内に溜まった有害な毒物を排出させること。この呼び名はdetoxification(解毒、げどく)の短縮形。

「重金属が体内に蓄積した結果、やがてとんでもない健康障害を引き起こす可能性があります。花粉症や、アレルギー、ニキビ、便秘、イライラ、気分の落ち込み、忍耐力が無い、キレやすい、学習能力の低下。自閉症や多動、学習障害といった子供の症状も、脳の発達障害であり、有害物質が影響していると考えられます」。

生活習慣病の代表的な疾患である癌(がん)、心臓病、脳卒中への影響も否定できません。

有害物質の環境.jpg
農薬と食品添加物.jpg

健康素材キトサンのデトックス作用

キトサンは、カニやエビの甲羅から取り出される成分です。カニの甲羅にはキチンという成分が含まれ、それを化学処理するとキトサンが精製されます。

このキトサンの研究の歴史は意外に古く、1859年にルーゲによって発見されました。

その後、日本でも研究がすすみ医療分野でのキトサン研究では農林水産省が、また、文部省に移管されてから国の助成金を投入して、1982年から全国13大学の研究機関で研究がスタートした経緯があります。

キトサンは食すると胃腸の中でダイエタリーファイバー(食物繊維)の働きをします。普通食物繊維は野菜の成分などにみられるように植物性ですが、キトサンは唯一、動物性の食物繊維なのです。

特に研究では、野菜などの植物性の食物繊維と比べて有害物質を排泄する働き(キレート作用)が格段に強く、食品添加物や農薬、有害重金属、塩分、コレステロールなどを除去できると考えられています

キトサンの製法.jpg

キトサンにはどんな効果があるか?(2)>>>  
posted by Dr.ナガシマ at 11:16 | 健康食品
健康素材キトサンが有害物質を除去(2) | ホーム | “夕食しっかり”が正しい理由