美肌づくりの栄養素

2020年05月28日

「美肌づくり」というと、化粧品やエステなどの「外からのスキンケア」に注目してしまいがち・・・
 
でも、本当にそれで正しいのでしょうか?

肌は、常に新陳代謝されています。
肌表面から、さらに奥の基底層で生まれた“新しい細胞”は、じょじょに肌表面に押し上げられます。このため一番表面にある角質は、“新しい細胞”に押し上げられて、アカとなって剥がれ落ちていきます。

こうした新陳代謝が繰り返されて、肌が生まれ変わっているのです。この肌の生まれ変わりをターンオーバーといいます。

ターンオーバーの周期(サイクル)には個人差がありますが、ふつうは加齢とともに新陳代謝が低下し、30代〜40代になると45日(1ヶ月半)程度かかるといわれています。

つまり、どんなに高いスキンケアを使っても肌表面のみ有効で、奥の新しい細胞に対し効果を与えることはできないのです
(基底層まで浸透できるスキンケアはないからです)。

一方、美肌づくりには・・・、
美肌になるための“細胞づくり”をしなければなりません。

では、美肌づくりのための細胞をつくるにはどうしたらいいでしょうか?

肌細胞の再生に不可欠な「栄養素」をバランス良く、しかも十分に補給しなければなりません。


肌内部に浸透.jpg

●美肌に重要なビタミン!
肌細胞の再生のために、一番重要とされている栄養素は、「ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸、ナイアシン、ビオチン」です。

とくにビタミンCは体内でコラーゲンをつくるための不可欠な栄養素。美肌づくりには、1日約1,000r必要になります。

ビタミンC.jpg

はだのさぷりお試し.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/136


posted by Dr.ナガシマ at 10:53 | 肌のケア
新型コロナでもEPAを豊富に・・・ | ホーム | 女性の体の衰えは筋肉と骨 だからタンパク..