外出自粛での栄養補給法 新型コロナ

2020年04月10日

新型コロナで外出自粛要請が出されて、家で過ごすことが多く“巣ごもり状態”になったこの頃。
“コロナ太り”というのが問題になっているようです

運動不足に加え、ストレスから食べる量が増えてしまうという悪循環。肥満になってしまう以上に「放っておくと、糖尿病や脂質異常症、高血圧につながる可能性がある」と警鐘を鳴らす専門医も。

また大きな問題は「免疫力」が低下すること。当然、新型コロナに感染して重症化にもなりやすくなります。

さらに病気だけでなく、免疫力の低下によって血行が悪くなると、新陳代謝が低下して美容の面にも悪影響が現れることも。

免疫力を下げないために重要なことは言うまでもなく、まず“食事”が大事。
いかに栄養バランスの良い食事が取れるかです。その方法とは・・・

@いろんな栄養素をバランスよくとる
ある特定の食品を食べれば免疫力があがるというわけではない。
5大栄養素がバランスよく含まれる食品を食べる事が大切。

Aよく噛んで食べる
よく噛んで食べることで、必要な栄養素の消化吸収を助けます。
腹8分目を意識して食べ過ぎを防止。でも、腹八分目にして栄養バランスを図ることが難しい

Bタンパク質を豊富に
免疫細胞の主要な成分はタンパク質。肉類・魚類・卵・大豆製品・乳製品などを豊かに。

C抗酸化作用がビタミンをとる
免疫細胞の強化に必要な栄養素は、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE。

D免疫細胞を活性化するカルシウムの補給を十分に

今や外食をやめて内食が増えているといいますが、その反動として野菜などが値上がりしているとのこと。そうなると、どうしても毎度食事を作る大変さも手伝って、栄養のバランスが悪化しやすくなります。

そこで、「BOSS法」の食事を紹介します
基本的にはプロテインを主体にした総合栄養補助食品『サプリタイム』を活用する方法です。

実は、肥満も栄養バランスの悪化から起きていることなのです。

BOSS法の食事.jpg

肥満解消法.jpg
https://www.sorawebshop.jp/page/65
posted by Dr.ナガシマ at 13:58 | 健康の考え方
マスコミ自体が“平和ボケ” 新型コロナウ.. | ホーム | 外出自粛でも運動不足にならないわけ