ウォーターサーバー“細菌の増殖”が問題だ!

2020年03月23日

ウォーターサーバーとは、天然水やろ過された逆浸透膜水の入ったボトルを設置して、飲料水を給水できる機器のことです。最近では水への関心の高まりから、定期的に宅配してくれるサービスがあるため、家庭で利用されることも増えています。

このウォーターサーバーの宅配水を麻布大学の古畑勝則教授(微生物学)が調べました。
その結果、使用中に細菌が繁殖し、水道水の基準を満たさないものが数多くあることがわかりました。同教授は「安全性確保のため、衛生管理の対策が必要だ」と警告します。

HPTIMAGE.jpg

ウォーターサーバーの原水は地下水や濾過(ろか)した水道水など。一般家庭では、家族の人数にもよりますが10〜12リットル程度の容器1本を10日前後で消費するといいます。

昨年度、家庭や事務所などで使用中のサーバーの水140検体を調べたところ、全体の3割にあたる42検体が、水道水の水質基準における一般細菌の基準値(1ミリリットルあたり細菌のコロニー数が100以下)を上回ったことが報告されたのです!

ウォーターサーバー内に潜む一般細菌は、従属栄養細菌、カビ・酵母、一般生菌。これらの細菌は体への影響は少ないが、レジオネラ菌やノロウイルスといった危険な細菌が混入することもあります。とくに、ボトルの水をサーバー本体に移すときの空気や、ウォーター本体に水を供給する入り口に手が触れた時などに混入しやすいことがわかっています。

ウォーターサーバー水や市販ミネラルウォーターは一般の食料品扱いであり、「毎日、飲み続けても安全」という前提の水道水の基準と比べてもかなり低いのです。

サンゴの力.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 15:14 | 飲み水
ぞうすいダイエットはやめて! | ホーム | 志村けんさん死去