新型コロナ マスクの効果?

2020年03月09日

相変わらずマスク不足。アマゾンなどで調べてみても未だに1箱5千円だとか1万円だとかで販売されています。

私の場合、幸い防災用として備蓄していたので、今のところ困ることはありませんが・・・。

マスク写真.jpg

ところで、買い走るほどにマスクの効果は期待できるのか??
専門家の大方の見方は、コロナウイルスの阻止をマスクではできないということです。
その理由は、マスクのフィルターとしての効果(つまりウイルスに対する大きさ)

何と! マスクの穴(隙間)は新型コロナウイルスの50倍だとか。

ウイルスはほとんど通過してしまうということ。

マスクとコロナウイルスの大きさ.jpg
マスクとコロナウイルスの大きさ写真.jpg

これじゃ全然マスクの意味はないということじゃないか!?

でも、電車に乗ったりとか買い物とかで出かけるときには、私もマスクをします。
その理由は、それこそ少しでも咳やクシャミをしたら白い目で見られそうだから。
「他人から睨まれることへの防止」のため

もったいないこともあって、私は1つのマスクをエタノールで消毒して3回まで再利用することにしています(備蓄量にはまだ余裕がありますが、いつまで続くかわからないので・・・)。

経済産業省は「マスクの再利用」について、「1つのマスクを長く使ってもらうため、洗ったり、消毒液をつけることで、2〜3回程度は再利用できることを業界団体から周知してもらう」方向で検討したというが、結局、周知はされていない。

一方、メーカーサイドでは再利用を推奨はしていない。当たり前ですね、新型コロナウイルスのブームが去れば、マスクは余るようになる。再利用できるとなれば、よけいに売れなくなる!

つい最近、思い付いたのが、10年前に(高地トレーニングのように)呼吸力を鍛えるために購入したエクササイズ・マスク。この内側にティッシュペーパーを4つ折りにしてフィルター代わりにする方法。買い物ていどには、この方法で十分だと思う(いまさら格好もいってられないし)。

エクササイズマスク.jpg

ちなみに、ティッシュはもともと第一次世界大戦中にガスマスク用のフィルターとして使用されていたとか。いま品薄になっているマスクの性能とそう変わらないのでは。だからテッシュを利用!(どのみち使い捨てマスクの効果もかなり怪しい)

しかも、紫外線カット用のサングラスを必ずしていくために普通のマスクだと、すぐに曇ってしまいますが、このエクササイズ・マスクだと大丈夫。

結論、果たしてマスクに遮二無二なるほどの価値があるのか?
それよりちょっとした工夫。また、大阪のライブの例にもあるように人混みにはできる限り行かないように。

そして、なによりも自分の免疫力を高めておくことが重要です。感染した8割の人は症状もでなかったり、軽症で済んでいるんだから。

追伸:花粉の大きさはマスクの隙間の6倍で、マスクは非常に有効と考えられます。今や花粉症の季節にも入っている、でも、本当に必要としている人にマスクがいかない・・・。日本人というのは、世界でも思いやりのある国民だと思われているが、今の新型コロナでのいろいろな出来事をみていると、かなり疑問。利己的ですね!

ところで、ガンでは毎年30万人、心臓病と脳卒中を加えると60万人もの人が死んでいますが、多くの人はそっちのほうには、あまり関心を向けない(新型コロナウイルスでの日本の死者数は3月1日時点で6名)。不思議ですね・・・

免疫力に関係の乳酸菌は菌数の多さ
マックスピア.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/134
posted by Dr.ナガシマ at 14:41 | 健康の考え方
いま飲んでいる高血圧の薬をやめられないか.. | ホーム | ぞうすいダイエットはやめて!