EPA・DHAは“品質と安全性”

2020年01月27日

素材の魚が汚染されている!

魚介類は、良質なたんぱく質やオメガ3不飽和脂肪酸のEPA、DHAなどを多く含み、健康的な食生活にとって不可欠な食品です。

その反面、環境汚染の問題から自然界の食物連鎖をつうじて、メチル水銀が含まれている問題が生じています。

厚生労働省は、魚を食べることで摂取されるメチル水銀が、胎児に影響を与える可能性があるとして、妊婦を対象に魚介類の摂取に関する「注意事項」を公表しました。

注意の必要な魚類として、サメ、メカジキ、キンメダイ、一部のクジラ、マグロ類など15種類に及びます。そして、これらの魚類を、とくに妊婦が食べてよい量と回数が示されています。
妊婦とメチル水銀.jpg

魚油にダイオキシン
魚油は脂溶性の環境汚染物質であるダイオキシンなどに汚染されている場合があります。このため、EPA・DHAサプリメントでは原料、捕獲海域及び製品の製造工程などの信頼性がひじょうに重要になるのです

EPA+DHA1000r 原料ニッスイ.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/124
posted by Dr.ナガシマ at 14:02 | 健康食品
肥満は7種類のがんを誘発する結果に! | ホーム | 免疫の低下で新型コロナウイルスのリスク大..