食事の方法が“逆”だから肥満する!

2020年01月20日

実は、私たちが当たり前と思っている1日3食の食生活が定着したのは「近代」に入ってからです。この習慣が登場したのは明治時代で、富国強兵のためだったともいいます。

そして、この明治時代以降の食習慣は、戦後の高度経済成長期になって「過食」へとつながっていきます。その結果「1日3食」はカロリー過多となり、肥満やメタボ、生活習慣病の原因になってしまったのです

こうした間違った食習慣を本来の食事法に戻す必要があります。

正しい食事法.jpg

本来あるべき食事法は、「朝食ではなく、夕食中心」です。
しかも、栄養バランスを良くしなければなりません。


肥満になりやすい.jpg

肥満にならない.jpg

朝食は・・・.jpg

夕食十分のダイエット法.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 15:05 | 肥満防止
「骨化」で死亡率10倍! カルシウム不足.. | ホーム | 年齢が高くなるほど食事が問題