24年間、肥満を解消している食事法

2020年01月03日

私が健康上、とくに気にしているのが「肥満」といっていいでしょう。

なぜなら肥満はハッキリいって、まさにオヤジ体型で何を着ても似合わない。“かっこ悪い!”
手前味噌になりまずか、心情的に「いつまでも格好いい」というのが一つの目標なんですね。


しかも、肥満はいろいろな病気の原因。健康を害する根源です

肥満による病気.jpg

特に、日本人の場合は(白人に比べて)肥満に弱い体質を持っていて、糖尿病や高血圧などを発病しやすいとされています。

内閣府の世論調査によると、肥満を感じる人の割合が4割以上もあり、また「運動不足」を感じる人も6割以上に達していることがわかっています。
肥満解消に「(運度が)必要だとわかっていても実行するのは大変」という本音が出いてるようです。

肥満解消には運動。つまり運度すれば肥満が解消されると思っているようですが、
実は、かなりの思い違いをしていると思います。

肥満解消には「食事」です。運動を1とすれば、食事は9。
食事の改善なくして、肥満の解消はありえません。

私も24年前(47歳)に減量しました。
それ以来、その体重(と体脂肪率)を維持していますが、それも肥満解消のための食事法を継続しているからなのです。

当時の記録がとってありますが、4ヶ月間で約10s減量しました。
それが24年間経過した今でも維持できいるのです。

ダイエット写真.jpg 

ダイエット経過.jpg

ダイエットを成功させるためには何が最も重要でしょうか?

ずばり“続く”ということです。
ダイエットといえば、ほとんどは“続かない”のです。

そこで私のやったダイエットは「夕食をしっかり食べる」というものでした。
他でよく言う「夕食を制限すべき」なんていうのは続かないからです。
ストレスにもなって逆効果です。


でありながら、「栄養のバランス」は絶対に崩さないようにしました(むしろ良くなるように)。
その方法として、当社の総合栄養補助食『サプリタイム』を利用したのです。
現在でも、この食事法を維持しています。もちろん健康を考えての上のことです。

夕食十分のダイエット法.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 11:32 | 肥満防止
新年のご挨拶 | ホーム | なぜ、タンパク質は太らないか?