最も重要な栄養素といったらカルシウム!

2019年12月31日

だいぶ前の話になりますが、「結石になるのはカルシウム不足から」とお伝えしていたところ、ユーザーの方から「医者に、カルシウムを摂りすぎると結石になる」と、まったく逆のことを言われたというのです。

そこで、「そのお医者さんは、カルシウムのメカニズムのことをあまり知らないのではないでしょうか?」とご返事しておきました。すると後日、そのユーザーの方から「教わったことを医者に話したら調べてくれて、私が間違っていたと謝った」そうです

このように専門家でも、いまだにカルシウムのメカニズムである「カルシウム・パラドックス(カルシウムの逆説)」のことを分かっていない人がいます。

なぜ、「カルシウム」が他の栄養素に比べても特別な物質であり、最も重要な栄養素なのか?

健康な体は誰もが願うことです。その「体」という“文字”、古くは「體」と書きました。健康な体づくりには、まず豊かな骨づくりにあるという意味。それには“カルシウム”を豊富に補給しなければならないのです。

カルシウムは人体に最も多く含まれるミネラルで、「生命の源(みなもと)」ともいわれる最も大切な栄養素です。骨をつくるのみならず、体の多くの働きに関与しています

体内のカルシウム量は、骨や歯に99%、細胞や血液に1%存在します。このわずか1%のカルシウムが非常に重要なのです。

1%のカルシウム.jpg

カルシウムは「筋肉の収縮、心臓の拍動、神経の情報伝達、血液の凝固、ホルモンの分泌、免疫、受精」などの体のあらゆる作用に関係しています。このためカルシウムが不足になると生命に危険を及ぼすようになるのです

このため体の機能として、体内のカルシウム量を不足させない作用があります。
それが「カシウム・パラドックス」です。

1%のカルシウムの作用.jpg

カルシウムは体の中でつくることはできない栄養素です。だから、食べ物から摂取するしかありません。

かりに体内での不足が許されないカルシウムが、食事で不足するようになるとどうなるか?

何と!骨のカルシウムが血液中に溶かし出されてカルシウム濃度を一定に保とうとするのです
しかも、口から摂るカルシウムが不足すると、骨から溶かしだされたカルシウムが血液中に溢れ出てしまいます。

つまり、これがカルシウムの逆説、「カルシウム・パラドックス」というものです。

カルシウム・パラドックス.jpg

そして、この状態が続くと“骨のカルシウム”が減少して、スカスカの“骨粗しょう症”になってしまうのです。

骨粗しょう症.jpg

先ほども言いましたよう、カルシウム不足が体に与える悪影響は“骨”だけではありません。

健康に対して極めて大きな影響を与えることになるのです。
カルシウ不足をけっして侮ってはいけないということです

カルシウム不足と病気.jpg



珊瑚の恵.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/135






posted by Dr.ナガシマ at 11:19 | サプリメント
機能性表示食品はサプリメントとは呼べない.. | ホーム | 新年のご挨拶