宅配夕食弁当の問題点とは?

2019年11月27日

最近、一人暮らしの高齢者などを対象にした「宅配弁当」が盛んに宣伝されています。
自炊ができずに、栄養不足になりがちな場合には、便利で、安心にもつながるというふれこみです。

ところが、その宅配弁当が“新型栄養失調を助長する”としたら・・・!?

以下は、『食事でかかる新型栄養失調』(三五館出版)の中から、Y社の夕食宅配弁当「M御膳」の例を抜粋したものです。

***
このY社の夕食宅配は比較的人気が高かく、「冷凍ではなく、毎日手づくり」「栄養バランスに配慮した和食中心の献立」とPRしています。高齢者向け「M御膳」は、おかずの種類が豊富で、味もおいしく、上品によくまとまっている。だから、私たちも期待を込めて三食分を混合して検査に出しました。

すると、残念ながらミネラルの摂取にはまったく配慮していないという結果が! 検出値を70代男性の基準と比較したところ、5種類のミネラルとも基準を大幅に下回っていたのです。

高齢者は、食事の量が減っているうえにミネラルの吸収率が下がるから、ミネラル摂取量を増やさねばならない。「M御膳」は、そういう配慮がないのでミネラルが大幅に不足している。神経系を調節するミネラルが少ない食事を食べ続けると、躁うつ病になったり、認知症になったりする可能性が高まる

こうした食事なら、宅配してもらわないほうがいい!

Y社宅配.jpg

サプリタイム.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 11:50 | 健康の考え方
フレイルと筋肉減少症対策にプロテインサプ.. | ホーム | なぜ、日本人ばかり“がん”が増えているの..