フレイルと筋肉減少症対策にプロテインサプリメント

2019年11月26日

最近、中高年層のフレイル(虚弱体質)が非常に問題となっています。
フレイルにより要介護となるケースが多くなっているからです。

その原因の多くに肉や魚などの動物性タンパク質の不足が上げられます。
タンパク質は筋肉を作るための重要な栄養素ですが、年齢が高くなるほど、食欲の低下やかむ力の衰え、歯の悪化などから、手軽に食べられる炭水化物のみの食事が多くなり、タンパク質不足になってしまうのです。

その対策に、1日1食の高濃縮タンパク(プロテイン・サプリメント)利用がすすめられます。なぜなら、筋肉減少症(サルコペニア)の予防に対しては、十分な量のタンパク質を補給しなければならないからです。それも、中高年層の隠れ肥満(内臓肥満)の問題があるため低カロリーでなければなりません

かりに動物性タンパク質食品の牛ステーキを食べて、プロテインサプリメントと同量のタンパク質を摂ろうとしても、ビタミンやミネラルが不足してしまいます。一方、カロリーが高いという問題があります。しかも毎日のように、食牛ステーキのようなタンパク質食品は食べられません。

その点、プロテインサプリメントであれば、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富にバランス良く摂取することができます。吸収性も高いので摂取に対しての負担もありません。

とくに中高年層においては、フレイルやサルコペニアの予防に、確かな効果の期待できるプロテインサプリメントを利用しない手はありません

サプリタイムV牛ステーキ.jpg
サプリタイム.jpg
https://www.sorawebshop.jp/product/141
posted by Dr.ナガシマ at 11:00 | アンチエイジング
がん治療に、その甲斐があるのか? | ホーム | 宅配夕食弁当の問題点とは?