運動で減らすか? 食事で減らすか?

2019年11月08日

昨日の「井上Vドネア戦」、すごかったですね。
井上もスゴイけど、ドネアもスゴイ!
本当に心に残る一戦でした。

さて一般的に、運動で痩せられると思っていますよね(ボクシングの減量と勘違いしてもらっては困ります)。
たしかに運動で筋肉が付いて、基礎代謝量が増加すれば、エネルギー消費量が増えるのだから痩せやすくはなります。でも、直ちに痩せられることにはつながらないし、期待したいほどには痩せられない! しかも続かない!

それこそスポーツクラブなどに通っている人達は、そこを勘違いしているように思われるんですね。お腹でっぷり、体脂肪たっぷりで痩せられないおじさん方、おばさん方が結構いるのもうなずけます。

太るか痩せるのかは、結局のところ「摂取カロリーと消費カロリーとの関係」

摂取、消費カロリーの関係.jpg

つまり体重を減らすためには、大菱形1摂取カロリーが消費カロリーよりも少なく」なければならない。さらに減量後の体重を維持するためには、大菱形2摂取カロリーが消費カロリーと同じ」にする必要があります。

いくら運動をやっても、トータルの消費カロリーが摂取カロリーを下回ってしまえば、結局は「太る」ことになってしまうのです。しかも、運動による消費カロリーは思ったほど多くありません

運動か?食事か?.jpg

たとえば10kmのランニングにおける消費カロリーは300〜400kcal程度。水泳1時間の消費カロリーも300kcalほどにしかならない。ケーキ1個(350kcal程度)食べたら、それで終わり!

ちなみに、体脂肪を1kg燃やす(体重を1s減らす)のに消費しなければならないカロリーは、“7000kcal(4日間の絶食に匹敵する)”です。

すなわち「肥満解消」の基本は、運動ではなく「食事のコントロール」なのです

BOSSダイエット
https://www.sorawebshop.jp/page/65
posted by Dr.ナガシマ at 16:24 | ダイエット
ダイエットにも、アンチエイジングにも最高.. | ホーム | 甘い! 介護への考え