大粒の錠剤もカンタンに飲める方法 顔を上向きにして飲むのは間違い!?

2019年03月28日

薬や錠剤のサプリメンなどで、「粒が大きくて飲みにくい!」と言われることがあります。

「確かに!」 でも、必要な成分をちゃんと配合しようとすると、どうしても大きい粒になるし、あるいは小さくして飲む粒数を増やすしかありません。

ところが考えてみると“ヘン”ですよね?
食事のときには、もっと何倍も大きな食べ物を平気で飲み込んでいるのに・・・。

薬やサプリメントを飲むときは、どうしているのか?!
錠剤を口に入れ、そのあと水を含んで、鶏のように顔を上に向けて飲んでいませんか??

鶏.jpg

食べ物の時には、上を向いていませんよね!

実は、サプリメントや薬であっても、上を向いて飲むのは間違い! 
「喉頭口」が開くので“ムセ”やすくなってしまうのです。

わたしたちの咽(のど)は、食事の際には食べ物の通り道となり、呼吸の際には空気の通り道となります。この仕分けをしているのが喉頭(こうとう)です。

一方、気管への入り口である喉頭口(こうとうこう)は呼吸の時には開いていますが、飲み込みの時には喉頭蓋が倒れ、
喉頭口をふさいで気管のほうに食べ物や飲み物が入るのを防いでいるのです

この仕組みがなかったら「誤嚥(ごえん)」を起こして、肺炎などにつながり大変なことになってしまいます。

顔を上に向けた時の喉頭口は、顔がまっすぐの時よりも開きます
このため、食べ物が直接気管に入りやすく、“ムセ”たり、“詰まりやすく”なってしまうのです。

喉頭口.jpg

錠剤と水を口に含むときは上向きでも、「ゴックン」と飲むとき顔を下向きにすると、どんな大きな錠剤でもカンタンに飲めるようになります

上手な呑み方.jpg

そらサプリメント webショップ
posted by Dr.ナガシマ at 15:54 | サプリメント
要介護になるリスクを半分以下にする方法 | ホーム | がんは予防できる!