肥満には見えない“隠れ肥満”こそ問題!

2019年01月28日

最近では、『隠れ肥満』が大きな問題となってきています

体重が標準(例えば、BMIが正常範囲内)なのに,体脂肪率が標準よりも高い場合を“隠れ肥満”といいます。「太っていないのに、肥満している!?」という状態だからです。
隠れ肥満の多くは「内臓脂肪型肥満」だといわれます

内臓周辺に蓄積する脂肪は血液中の脂質濃度を高めてしまいます。またインスリン抵抗性といって、すい臓から分泌されるインスリンの働きを低下させ、さらには、血圧を上昇させる物質が分泌されてしまうのです。その結果、脂質異常症、糖尿病、高血圧を併発して、メタボリックシンドロームをまねきやすくしてします。

とくに加齢にともなう隠れ肥満の影響は深刻です。加齢とともに筋肉量が低下し、それに相応して体脂肪が増加するからです。多くの場合は、体重には関心を持っていても体脂肪には、あまり関心を持っていません。
このため自分が隠れ肥満であるという自覚はあまり持ちません。

次のデータをご覧ください。体格指数BMIにおける「年代別肥満者数」の割合は、男女とも40代をピークとして、以後の年齢では低下傾向にあります。

40代をピークに体重は減少.jpg

ところが「年代別の脂肪面積」をみると、25歳時と比べて「皮下脂肪面積」についてはほとんど変わりませんが、「内臓脂肪面積」は、40歳代で2.5倍、60歳代では3倍以上にも増加しているのです。

年齢別脂肪面積.jpg

つまり、年齢が高くなるほど(高齢になるほど)体重は減少傾向、一方で体脂肪は増加するという「隠れ肥満」が顕著な状態になっているのです。

40歳を越えたら体重のみならず、ぜひ“体脂肪率”を計ってださい。「隠れ肥満」が見つかるかもしれません。

健康のため「隠れ肥満対策のダイエット」は必須です。

あなたも隠れ肥満かも?.jpg

★★BOSSダイエットweb
posted by Dr.ナガシマ at 15:29 | 肥満防止
ダイエットの原則 | ホーム | ボクシングだけでは痩せないな!