ダイエットの原則

2019年01月19日

@摂取カロリーを消費カロリーより減らす
原料の基本原則はきわめて単純。出ていくカロリーよりも入ってくるカロリーを減らせば良い。カロリーを“赤字”にすればいいのです。例えば、赤字が7000kcalになれば、体重が1s減ることになります。

摂取 消費カロリー.jpg

A運動だけでやせるのは、ほとんど不可能
かりに運動だけでやせようとして、1日に700kcal消費するには、とても激しい運動が必要になります。ジョギングなら続けて1時間半。自転車こぎなら続けて2時間半。運動選手でもない限り、運動だけで減量するのは不可能といえるでしょう。

700kcal消費の運動.jpg
ちなみに、上記のように1日700kcal減らしたとしても、その体重減は1日100g。もし、1ヶ月間続けられたら3sの減量になる計算です。

B肥満解消の効果は「運動」よりも「食事」が圧倒的!
ご飯1膳で200kcal弱にもなってしまいます。ジャンクフードといわれるマックのポテトLサイズ、ビックマックなどは500kcal以上。ケーキなら・・・。上の運動で消費できるカロリーと比較してみてください。

いかに食べ物による摂取カロリーが大きいか、運動による消費カロリーが少ないかです。

肥満解消のための食事の3原則があります。この3原則から外れたダイエットは絶対に成功できません。一方、3原則に従えば、かならず理想の体重を(健康と共に)手に入れることができるでしょう。

肥満解消のための3原則.jpg

★★BOSSダイエットweb
posted by Dr.ナガシマ at 14:33 | 肥満防止
なぜ肥満だと、病気しやすく短命なのか? | ホーム | 肥満には見えない“隠れ肥満”こそ問題!