妻の本音は、夫の親を介護したくない!?

2017年12月12日

男性の多くは介護の問題を自分の都合で考える傾向があるといいます

親に対する情もある、経済的な負担も気になる。そのため、老人ホームに入れたり、介護ヘルパーを頼むことにも難色を示し、「妻が在宅で介護をすればいい」などと勝手に決めこんでしまいがちのようです。

ところが、妻の6割は夫の親を介護したくないと考えているようです。介護は実の親に対してさえ大変なもの。下の世話をはじめ苦痛を伴う仕事の連続。肉体的な疲れや精神的なストレスは相当なものです。

厚労省の調査によると、要介護者に対し憎しみを感じたことがある人は35%以上にものぼるといいます。それが高じて虐待に至ったり、介護する側が体を壊すことも。

そんな大変な役目を、「“嫁”ならするのが当たり前」とばかりに押しつけられたら、たまったものではありません。

他人でしかない夫の親(舅)の介護など、“嫌だ”という妻が大半。夫はこのことを、介護する場合の大前提として頭に入れておく必要があるのではないでしょうか。

配偶者の親の介護.jpg

つまるところ、親自身も(先々の自分も)自立性や、介護にならない努力というものが不可欠になってくるのではないでしょうか・・・。
【介護問題の最新記事】
posted by Dr.ナガシマ at 14:25 | 介護問題
「逆流性食道炎」医療で治すのはあきらめた.. | ホーム | 骨より重要なカルシウムの役割!?