体重アップ、メタボで家計も圧迫!

2017年11月07日

肥満でメタボ、そして病気になれば当然、診療代が増えることになります。
2007年厚生労働省は、国民健康・栄養調査や国民医療費のデータを用いて、平均的な身長の男女(男性167p、女性154p)を基準として、「体重と医療費」との関係を分析しました

その結果、男性は体重が64sの人と、それより20s重い84sの人とで、また、女性の場合は54sの人と、それより17s重い71sの人とで、糖尿病の診療代が2.5倍、高血圧の診療代は1.3倍にも増加することが判明しました。

肥満者と標準体重者の病気比較.jpg

この分析では、体重を減らすことによって健康になるだけでなく、経済的な節約のためにも大事なことが明確になったのです

病気による損失.jpg

■診察代以外にかかる費用

病気になることで増える負担は、診察代だけではありません。

病院まで通う交通費。通院回数が増えたり、遠方の病院まで通うとなれば無視できない金額になります。電車やバスで通うのがつらければ、タクシーを使う必要がでてきます。

そして入院すれば、食事代、個室利用のときなどに必要な差額ベッド代もあり、家族が看病や見舞いに通う費用もバカにならない。家計全体としては、かなりの費用負担となります。

しかも、 実際に支払う費用以外にも損失するものが・・・。
もしも健康だったら手に入れていたはずのものが、病気で手に入れられなくなる。それを「機会損失」といいます

この機会損失の最たるものが「収入の損失」。病気療養のために仕事を休むことも。あるいは働く時間を減らさなければならないかもしれない。

また、あなたの看護のために、家族が仕事を休むことになる。そうすると、本来得られていたはずの収入が得られなくなってしまう可能性もあり、休みが長期に渡れば、当然、収入はかなり減ってしまうことになります。


■メタボが招く病気の損失コストをシミュレーション

実はこれらの損失は、生活習慣を変えるだけでかなり防ぐことのできる病気での損失なのです。

厚生労働省のデータをもとに具体的なシミュレーションの例を挙げます。

★シミュレーション⇒男性サラリーマン Aさん(50歳)
Aさんは流通関連の会社に勤める50歳の男性。身長172p、体重76s。当時の年収は760万円。若い頃からの食べ過ぎ、飲み過ぎの影響もあり、糖尿病を発病してしまいました。

治療のために勤務日数が減り、年収が660万円に低下。また、58歳で糖尿病の合併症の「糖尿病性神経障害」を発症。治療をしながら何とか60歳の定年まで仕事を続けて退職。

さらに、61歳で「糖尿病性網膜症」、63歳で「糖尿病性腎症」、65歳で「脳血管障害」を発症。

以上の経過の中で、糖尿病やその合併症(合計5つ)のため通算6か月間入院。それらの治療はAさんが70歳で死亡するまで継続しました。

以上によるAさんの損失シミュレーションの内訳は、下表のようになりました。

病気の損失費用シミュレーション.jpg

損失の合計は、なんと1571万円。Aさんが元気な頃の年収の2倍を上回りました。

このAさんの例は、体重にして10s以上のオーバー、そして糖尿病にもなったという典型的なメタボリックシンドロームです。そして、健康を失うことが、いかに多くのものを失うことになるか!

肥満とメタボを解消するというのは、本人のみならず家族にとっても非常に重要なことになるのです

『夕食たっぷりだから痩せられる 非常識で正しいBOSSダイエット』より

健康のために肥満を解消するダイエット法
posted by Dr.ナガシマ at 10:45 | メタボ
人間本来の食べ方にすれば肥満しないのに・.. | ホーム | お酒は太る原因になるか?Q&A