要介護になるリスクを半分以下にするには!?

2017年10月26日

要介護になった原因を見てみると、血管系の疾患が28%、ロコモ関連の疾患が23%となっています。

介護になった原因.jpg

血管系疾患とは、脳卒中・心疾患・糖尿病などのことです。
またロコモとは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下してくることをいいます。

このように要介護になる原因の半数以上が「血管系の疾患」と「ロコモ関連の疾患」なのです。これらの疾患は主に生活習慣に起因することから、『生活習慣病』ともいわれています。

では、自分が要介護にならないようにすることはできるのか? そのためにはどうしたらいいのか?
まずは、中高年以降に「生活習慣病」に罹らないようにすることです
そのためには、老化を防止する「アンチエイジング」などの自助努力が必要になってきます。

先述したように、要介護の原因の半数以上は「血管系の疾患」と「ロコモ関連の疾患」。
つまり、これらの生活習慣病を防止するだけで、要介護のリスク(危険性)を半分以下にすることが可能になるのです

血管系疾患と要介護.jpg

血管系疾患の予防にEPA・DHA

EPA DHA 魚.jpg

EPA・DHAは血液をサラサラにする効果があるため、これを摂取すると高血圧や動脈硬化などの血管系疾患の予防や改善になり、要介護のリスクを低くすることにも役立ちます

消費者庁においても、EPA・DHAの血管系疾患に対する効果を次表のように評価しています(食品の機能性評価モデル事業の結果報告資料)。

EPA DHAの血管系疾患に対する評価.jpg

厚生労働省でも、EPA・DHAを合わせた1日の摂取目安量1g(1,000r)以上を推奨しています(「日本人の食事摂取基準」2010年版)。

なお、EPA・DHAをサプリメントで摂取することが有効です
なぜならサプリメントの場合、自然の魚に含まれる水銀などの汚染が取り除かれているからです。

一方、EPA・DHAは、各メーカーにおいていろいろなものが販売されています。
しかし、ただ価格の安いというものは精製の問題もあり、品質の高いものを選ぶ必要があるでしょう。

日本人の魚の摂取量が減っています!.jpg

『そら EPA+DHA 800mg(日本製)』
posted by Dr.ナガシマ at 10:46 | 生活習慣病
なぜ失敗を繰り返すのか? リバウンドの罠.. | ホーム | 「最良の健康」オプティマルヘルスとは・・..