40歳過ぎたら眼底検査は絶対にやったほうがいい!

2017年10月11日

半年に1回は、私は眼底検査をやっています。

実は、30年近く前にRK手術(近視矯正手術)をやっていますし、今はボクシングが趣味なので、必ず検査を受けるようにしているのです。

実際、7年前に定期検査で網膜裂孔が見つかりました。そのクリニックの紹介で、日赤病院でレーザー治療を受け、お陰様で、それ以来の検査では完治していて心配もないようです。

驚くことに、(69歳の)私は今でも老眼鏡を使わずに済んでいますし、何と! いままで近視で眼鏡使用の条件だった車の免許が、昨年の書き換えで“眼鏡不要”となりました。

ところで、40歳を越したら、誰でも「眼底検査」は、ぜひやった方がいいようです。
日赤の医師の話では「40歳を越すと、眼底検査を受けた人の1割ぐらいに網膜裂孔が見つかる」と言ってました。

眼底写真.jpg

現在、網膜裂孔の段階ではレーザー治療で簡単に治すことができます。
でも、そのまま知らないでいると、「網膜剥離」に至る危険性があるのです。そうなったら大変!

私も40歳を越すようなボクシング仲間にこの話をするのですが、眼底検査に行ったというのは、ついぞ聞きません。
それよりも「網膜剥離になってしまった! 白内障で人工水晶体になってしまった!」というのが聞かれるようになりました。「だから言わんこっちゃないのに〜」と心中思います。

とにかく、このblogを読んでくださいっているあなたには、眼底検査のみならず、歯の予防、あらゆる予防に力を入れてほしいと思います

ちなみに「治療は極めて不経済! 結局、予防のほうが経済的!!」です。
レーザー治療には健康保険を使っても6万円ぐらいかかりました。たまたま、民間の保険に入っていたので助かったのですが・・・
posted by Dr.ナガシマ at 18:05 | 健康の考え方
親が肥満だと、その子供も肥満になりやすい.. | ホーム | 何のための手術!? 医者は神様とは違う・..