生活習慣病の予防のために身体環境を整える方法とは?

2017年09月29日

生活習慣病とは、がん、心臓疾患、脳卒中、糖尿病などの生命にかかわる重大な病気の総称です。
難病と言われるこれらの病気、でも、生活習慣病といわれる訳は、生活習慣を原因にして発病するからです。

つまり、生活習慣を正しくすれば予防することが可能になるということなのです。

では、どう生活習慣を改善したらいいでしょうか?
もっとも考慮しなければならないのは「身体環境」への影響です。
生活習慣や生活環境を見直すことで体内へ与える悪い影響を排除して、「身体環境」を整える必要があるのです

では、「身体環境」をどう整えたらいいのでしょうか?
その方法には次の4つの方法があると考えられます。

「毒物の排除」「抗酸化」「栄養バランス」「腸内環境」

な ぜ、「4つの方法」で身体環境が整えるられるでしょうか?

生活習慣病は、食事、喫煙、深酒、ストレスなどの生活習慣、また食品添加物、農薬、化学毒物(有機水銀、ダイオキシン)などの影響で、体内が汚染された結果として発病していると考えられるからです。

発がんに関係する要因.jpg

たとえば高血圧症の原因は、もちろん遺伝や加齢もありますが、食塩のとりすぎ、ストレス、肥満などの影響が大きいとされます。高血圧になると動脈硬化が進行し、心疾患や脳血管疾患(脳卒中)などの生活習慣病を発症するリスクが高くなります。

日本人の3割が死亡するという“がん”にしても、最大の原因は生活習慣や生活環境によることがわかっています。一方、がんの発病に関係する遺伝的要素も多く発見されていますが、その影響は1割にも満たないというのが世界的専門家たちの見解になっています。

がん、心疾患、脳卒中の3代病で日本人の約6割が死亡する現在。
いかに「身体環境」を整えるかが個々人のテーマになることは間違いありません。
そのために最も有効と考えられるのが、「毒物の排除」「抗酸化」「栄養バランス」「腸内環境」の4つの方法を実践することなのです

4つの原則.jpg

4つの原則+女性.jpg

次の言葉を紹介いたします。
元国立がんセンター疫学部長の平山博士は、がんの85〜90%は環境に原因があるといいます
「放射線やウイルス以外に、毎日食べる食品に含まれる無数の食品添加物やタバコといった身近なところに発ガンにつながる因子があります。さらにはヒトの生存に不可欠な水や空気に,以前には考えられなかったほど多くの有害な化学物質が含まれていることが明らかになってきています」、と。

中から「身体環境」を整えるためのサプリメント→
posted by Dr.ナガシマ at 10:34 | 生活習慣病
肥満が“がん”を呼び起こしている! | ホーム | 歯のケアにいってきました