キトサンが塩分を減少、高血圧への効果

2017年08月01日

塩分の過剰摂取は、高血圧や腎疾患、心疾患につながることはよく知られています。

米ハーバード大学公衆衛生学部のSaman Fahimi氏らの研究では、世界の成人の4分の3が1日推奨量の2倍近くの塩分を摂取していて、高血圧や腎疾患、心疾患などの原因になっていることが報告されました。

とくに日本人の塩分摂取量は世界的に多いことで知られています。その結果、高血圧の人が非常に多く約4000万人いると推定されています。30歳以上の男性で約50%、女性で約40%が高血圧を引き起こし、高齢になると何と3人に2人が高血圧という状況なのです。

健康長寿のためには、(降圧薬などのクスリに頼ることなく)血圧を安定させることが極めて重要です。

この血圧を安定させることに対し、「キトサン」が食物から摂取された塩分を低減させて、血圧を安定させることが可能となる研究結果が出されました。

※日本人の平均食塩摂取量は男性11.0グラム・女性9.2グラム(2016年調査)
一方、世界保健機関(WHO)は、食塩摂取目標を1日5グラムが望ましいとしています。
つまり、日本人は平均1日5グラム以上の塩分過剰摂取となっていることになるのです。

愛媛大学医学部の奥田教授らのテストで被験者に食塩を摂らせた後、キトサンを飲ませると血圧の上昇を防ぐことがわかりました。食事で食塩を5グラム摂取しても、その直後にキトサン0.5グラム(500mg)を摂取すれば、血液中の塩素濃度が上がらずに、ACE活性も起こらなかったのです。一方、キトサンを飲まない場合は血圧が上昇しました。

※ACE(アンジオテンシン変換酵素)は、アンジオテンシンTをUへ変換させる酵素であり、アンジオテンシンUは血圧を上昇させる要因です。 つまりACEの活性を阻害することは,アンジオテンシンUの増加を防ぎ血圧の上昇を抑制することができると考えられています。

【実験】キトサンが塩素を吸着!!
キトサン塩素実験@A.jpg

キトサン塩素実験B.jpg
塩素はマイナスの電気(−)をおびています。それに対し、キトサンは強力なプラスの電気(+)をおびている物質です。この強力な磁石のようなキトサンに塩素がくっついてしまうのです。
つまり、食事で塩分を摂っても、胃腸で消化している間に、「塩素」はキトサンにくっつき便として排除されてしまい、減塩効果が得られるのです。

キチン・キトサン研究会.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 10:41 | 生活習慣病
「歯を見れば、その人の自己管理能力がわか.. | ホーム