磨き残し率0%を目指す画期的な『歯の健康法』

2017年06月27日

治療するほど歯を失うは本当!?
治療済みの歯が増えるほど、ますます歯が悪くなりやすいのをご存知でしょうか?
歯医者へ行く回数も増えて、悪循環の中で歯はどんどん失われていき、
70歳も越え高齢に入った頃には、もう「総入れ歯!」

銀冠のむし歯.jpg

「8020運動」というのは、厚生労働省が推し進めている「自分の歯を80歳までに20本以上残そう」という運動。平均、日本人が80歳で残る歯の本数は何と8本。ところがアメリカ人は18本、スウェーデン人は24本も残しているのです。

つまりは、「年取れば歯が無くなるのは当たり前」ではないのです!
むしろ先進国の中では、日本人の歯の悪さというのは極めて異例なこと。

歯が失われていく原因はハッキリしています。『虫歯と歯周病』!
これらの病気は、まったく別のものとして捉えがちですが、そうではありません。虫歯が多くなれば、同時に、歯周病も多くなるのです。

歯を失う原因 グラフ.jpg

認知症の増加の原因に!
歯を失うと、QOL(生活の質)が著しく低下します。
何と!認知症が2倍にも増加するという報告があります(名古屋大学研究グループ)。

健康な高齢者(70歳後半)の歯の本数は平均9本。それに対して脳血管性認知症患者では平均6本、アルツハイマー型認知症患者では平均3本だったそうです。
頭部を断層撮影してみると、残っている歯の本数が少ないほど脳の委縮が進んでいることもわかりました

歯を失うと認知症増加.jpg

これまで沢山の方がこの方法を学んだ!
14年前から、この「歯の健康法」をお伝えしてきました。そして、これまでに沢山の方々がこの方法を知りました。

その結果、「歯医者で誉められた」「助かった」「もっと早く知っていればよかった」などの声が寄せられています。

お伝えするのは「歯の磨き残し率0%」を目指す画期的な方法です。

紙面では、中々お伝えすることができません。
ですからセミナーで、実習して習得していただいています。

手間もかからず、お金もほとんどかからない。
難しいこともなにもありません。本当に簡単です!
ダマされたと思って、体験してみていただきたいのです。

参加された方達は、「えっ! こんなに簡単で凄い効果がでる!!」と必ず驚かれます。

プロジェクターを使いながら簡単な理論を説明し、また、実習をまじえてお伝えします。
「目からウロコ! もっと早く知りたかった!」と言っていただけること受け合いです。

次回の歯のセミナーは↓ すぐお申し込みを。
http://www.sorawebshop.jp/page/26

歯周病と口臭.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 11:05 | 歯の予防
歯のホワイトニングに、こんなにかかるの .. | ホーム | 格好良いオヤジと格好悪いオヤジ