自立が失われる年齢と、そのパターン・・・

2017年04月24日

いくら長生きといっても自立性が失われては、生き甲斐もなくなるし、楽しくありませんね。
「ピンピン110歳」を目標とする私にとっても、一番に気をつけなければならないことです。

では現実はどうなのでしょうか? その調査結果があります。
注目すべきは、多くの方が自立が失われ要介護となる中、男性の場合、生涯を自立して生きる人が10%以上もいるというのです。では女性の場合は・・・

秋山弘子・東京大学高齢社会総合研究機構特任教授は、全国から無作為に抽出された約6千名の高齢者の生活を20数年の間追跡調査し、その結果を報告しました(下のグラフ参照)。

このグラフは、「お風呂に入る、電話をかける、電車やバスに乗って出かける」といったごく普通の日常生活の動作を介助無しでできるか? つまり、自立して生活できる能力を加齢別、男女別に表したものです。

【縦軸】は自立の程度を示します。3点は自立して日常生活ができる状態。2点、1点と下がるにしたがって自立度が下がり、介助が必要になります。【横軸】は年齢です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<男性の場合>
男性のパターン.jpg
 
3つのパターンが見られました。
@約2割の男性は70歳になる前に健康を損ねて死亡するか、重度の介助が必要。長寿社会においては“若死”といえる。

A80歳、90歳まで自立を維持する人が10%以上存在する。しかし、残りの大多数の7割は75歳ころまでは元気だが、そのあたりから徐々に自立度が落ちていった。

<女性の場合>
女性のパターン.jpg

@男性と同様に、約1割を超す人たちが
70歳になる前に健康を損ねて死亡するか、重度の介助が必要になった。


A9割の女性たちは70代から衰えていった
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

男女合わせると、約8割の人たちが70代半ば(後期高齢)から徐々に衰えはじめ、何らかの助けが必要になった。

また男女別の特性として、男性は脳卒中など疾病によって急速に動けなくなったり、死亡する人が多く、女性は専ら骨や筋力の衰えによる運動機能の低下により、自立度が徐々に落ちていっています。

つまり・・・、
●男性の場合は「生活習慣病」における血管系の病気の予防
●女性の場合は「サルコペニア(筋肉減少症)や骨粗しょう症」などの予防

が特に重要になるということなのです。

自分のためにも、家族のためにも、はたまた国家のためにも、
自らの健康は第一で考えていかないといけないですね!


女性のサルコペニア.jpg

健康な状態を保つか? 加齢と伴に衰えるか?.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 11:27 | アンチエイジング
肥満しない食事法について | ホーム | 「朝食を抜くと太る」という過度な信仰の罠..