『サンゴの力』で飲料水の長期備蓄試験の報告 9ヶ月目

2017年01月28日

災害時の飲料水はとても心配になるところです。行政などからも最低で3日間程度、できれば1週間程度の飲料水備蓄をしてほしいとの要望が出されています。
【備蓄量】1人1日3リットル×3日〜7日=9〜21リットル

さて、「市販のミネラルウォーターを開封せずに備蓄するのか?」となると、メーカーでは賞味期限を2年間に設定しているものが多いようです。

市販のミネラルウォーターは、何となく長く持ちそうだというイメージを持っておられる方も多いられるかもしれませんが、ペットボトルには「気体透過性」があるため長期間保管していると内容物の酸化や味の変質などが起こる可能性があり、賞味期限を2年程度にしているのだそうです。

また、備蓄用のミネラルウォーターも販売されていますが値段が数倍高くなります。

それに対し、私の場合は1リットル用のペットボトルに「水道水」と『サンゴの力』1袋を入れて密封し、備蓄用の飲料水として備えています

備蓄写真.jpg

そのメリットは・・・
@『サンゴの力』の効果で、水の変質がほとんどなく気軽にいろいろな場所に備蓄しておくことができる。
A経済性が高く、長持ちするので多くの本数が備蓄できる。
B何年たっても細菌が湧くことも無く、水の腐敗なども無いので安心して備蓄できる。


とくにBに関しては、「長期備蓄試験」をすすめて検証しているところです。

今回、備蓄開始から9ヶ月目の結果が出てきました。一般細菌数は「0」、PHの変化もなく飲料水として全く問題ありませんでした。もちろん、残留塩素も検出されていません。

試験結果表.jpg

次回(12ヶ月目)は4月上旬を予定しています。

★地震などの災害時に備えて『水の備蓄』を!
6年前の東日本大震災の時には、ミネラルウォーターの買い占めがおこり、「スーパーに行列、品切れ」という騒ぎが起こりました。いざという時の飲み水の備蓄が非常に大切だといことがわかります。

『サンゴの力』の場合は、1リットルの水道水に対してサンゴの力1包、10リットル用のポリタンクには10包入れることで常温で長期間の保存が可能です。


ポット型浄水器とサンゴの力.jpg

ウォーターサーバーとサンゴの力.jpg

50リットル分が1000円で試せる体験キット↓クリック
体験キット.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 14:46 | 飲み水
がんは、どのくらい「遺伝が関係するか?」.. | ホーム | 今年は昨年の4.4倍! 花粉症の原因とは..