「歯を磨け」だけでは歯は守れない!?

2016年12月22日

長生きする上で「歯の健康」というのは不可欠な条件になりますね。総入れ歯になったら、硬い食べ物はほとんどダメ。ステーキなんかも食べられない。結果として栄養が摂れない。筋肉減少症(サルコペニア)になって、寝たきり要介護の危険性も大きくなります。

ところで、歯が悪くなったら歯医者に行く。これは当たり前のこと。「でも大間違い!」の場合があることを知っておくべきです。

だめな歯医者はすぐ削る.jpg

例えば虫歯になったらどうなるでしょうか? その部分は当然削られます。そして銀冠などをかぶせられて安心か? でも、新たな問題が発生してくるのです。

1.銀冠をかぶせても、その根本原因は解決できていない。だから、虫歯は再発する。
2.銀冠をかぶせた部分は、よけいに細菌に侵されやすくなる。そのため再治療する必要がでてくる。さらに削って新たな銀冠をかぶせる。その悪循環が繰り返されるうちに、最後は抜く羽目に。

つまり、悪くなったら歯医者に行きさえすればいい、なんていうのはダメなんです。
歯の健康で最も大切なのは、もちろん予防です。

そうなると、必ず「よく歯をみがけ」とは言われますが・・・
「歯をみがくこと(ブラッシング)」だけで虫歯と歯周病を完全に予防できるでしょうか?

虫歯や歯周病の原因となる“歯垢”は、たったの12〜24時間でつくられてしまいます。ですから、少なくとも1日1回は歯垢を完全に取り除かなければいけません。

細菌の増殖グラフ.jpg

ところが、そう簡単には取り除けないのが問題なんです。
普通の歯みがきでは、半分程度にしかキレイにできません。
実は、完全なブラッシングというのは、特別の指導や訓練を受けないと難しいのです。

しかも、朝起きた時に気休めていどにサッサッと歯をみがき、その後に朝食。肝心の食後は歯みがきもせず、そのまま忙しく仕事や学校に出かけていく。それが私たち現代人の姿です。
つまり、「よく歯をみがこう」だけで歯を完全に守るのは、そもそも不可能なんです。

では、どうすべきか? 

私の「歯の磨き残し率0%を目指す方法」を試してみてください。手間もかからず、お金もかかりません。

この「歯の磨き残し率0%を目指す方法」のセミナーを時々開催しています。
場所は、さいたま市の大宮(大宮駅から徒歩13分)です。

セミー風景.jpg

お気軽にお問い合わせください。問い合わせ先
0120−54−8224 
もしくは、sora@soramesse.co.jp
posted by Dr.ナガシマ at 14:17 | 歯の予防
なぜ、サプリメントが必要なのか? | ホーム | 早期発見というのは無い