健康食品で本当に健康になれるのか?

2014年11月28日

世の中には多種多様な健康食品があふれています。
そして、この健康食品を飲みさえすれば「健康になれる、病気にならない、若く元気でいられる」というようなことを新聞やテレビ、雑誌などで盛んに宣伝しています。こうした宣伝方法は大手メーカーでもご多分に漏れません。

本当にそうでしょうか?

確かに、それらの健康食品はごく一部の効用はあるかもしれません。でも、それでは本当の健康は手に入りません。

アメリカ上院の調査やWHO世界保健機関の勧告においては、がんや脳卒中、心臓病などの重大な病気は「現代食における栄養バランスの悪化が大きな原因である」ということを明確に認めているのです。
つまり、『5大栄養素』をおろそかにしていて“健康食品も何もない”ということです。 

あらためて5大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)に注意していたたぎたいと思います。真の健康を手に入れるためには、まず「5大栄養素のバランスを図ることである」といっても過言ではないのです。

例えば「青汁」。青汁を飲んでいったいどんな栄養が摂れるというのでしょうか?! →
posted by Dr.ナガシマ at 14:59 | サプリメント
私が父親の死んだ年齢に達して思うこと。が.. | ホーム | 高倉さん、菅原さんの死で「自然死」を思う..