牛乳でカルシウムを補給できるは疑問!?

2020年08月31日

カルシウムは5大栄養素の一つ。不足は骨粗しょう症のみならず、免疫力の低下や糖尿病になりやすいなど、わたし達の健康維持に対してひじょうに大きな影響を与えます。

そしてカルシウム補給というと、すぐに牛乳がいいといわれます。本当にそうでしょうか? 

学校給食に牛乳.jpg

乳製品が心臓病に関係

世界29カ国における牛乳・乳製品の摂取量と「虚血性心疾患(心筋梗塞)」の死亡率の関係を調べた研究があります。

その結果(グラフ)をみると、牛乳・乳製品の消費量が多いスウェーデン、フィンランドなどの北欧、またアメリカなどで心臓病による死亡者数が多くな っているのです。

乳製品と心臓病死亡率.jpg

乳製品と乳がんの関係

乳製品の摂取量と「乳がん」の関係を調べた研究があります。世界40カ国で、国ごとの乳・乳製品の消費量と乳がんの発生率の関係を調べたところ、あきらかに乳・乳製品の消費量の多い国ほど、乳がんの発生率が高くなっていました

乳製品と乳がん.jpg

厚生労働省研究班(2008年4月)において次のような調査結果もあります。
牛乳やヨーグルトといった乳製品を多く摂取すると、「前立腺がん」になるリスクが上がる可能性があり、飲む量が最も少ないグループに比べて、最も多いグループのリスクは1.5倍になりました

乳製品の栄養価は?

牛乳をはじめとした乳製品が優れた健康食であるという理由に、たんぱく質、ビタミン、カルシウムなどが豊富であることが上げられています。

必須栄養素と乳製品の栄養.jpg

でも、総合栄養食品として考える場合には必ずしもバランスが良いとは言えません

@カルシウムに比べてリンの含有量が多く、カルシウム吸収には逆効果になる場合がある。
カルシウムとリン.jpg

Aマグネシウムの量が少ない(理想的なカルシウムとマグネシウムの比は2:1)。
B鉄分は、ほぼゼロ。
CビタミンB群が非常に少ない。ビタミンCはゼロ。ビタミンEも少ない。


カロリーや脂肪分が多いという問題もあります。
例えば、牛乳で基準の700mgを摂取しようとすれば、200ml×3杯飲む必要があります。そうなるとカロリーは420Kcal。これはご飯2杯半、あるいはラーメン1杯を食べたのと同じことになるのです。
また、脂肪分については、バターやチーズなどの乳製品に多いことは言うまでもありません。

つまり、牛乳・乳製品を特別な栄養食品やカルシウム補給食品とすることには疑問があるのです。

乳がんと牛乳.jpg

牛乳批判の書籍.jpg

カルシウムを食品で摂ることは、なかなか難しいとされます。
カルシウムは、サプリメントで補給するのが有効な栄養素です。

天然性で体に優しい 沖縄の化石サンゴカルシウム 「珊瑚の恵」

珊瑚の恵60本入り 初回半額でお試しできます。
megumiotamesi.jpg




posted by Dr.ナガシマ at 10:24 | カルシウム

肥満は食事の間違い。ガマンは逆効果!

2020年08月28日

 「やせるにはガマンしないといけないですよね」、「食事を制限するんですね」、「やっぱり、運動しないと」など、、、、ダイエットにつきものの言い方。

でも、みんな間違っています!

正しいことには、、、辛いも、ガマンもありません!
間違っているから辛いのです。

考えてもみて下さい。肥満は正常じゃないから起きる現象なんです。正常だったら肥満なんかにはなりませんね。

そして、肥満に最も影響を与えるのが「食事」なんです。

例えば、痩せるためには必ず運動が必要だと言いますが、現実としては無理です。
かりに42qのフルマラソンを走ったとしましょう。その場合の消費カロリーは約2、500Kcal。それで落ちる体重(体脂肪)はたったの0.3s(300グラム)しかありません。

運動で痩せるのがいかに難しいかです。

一方、「食事」は確実な効果があります。体重ばかりでなく体脂肪も大きな影響をあたえます。
しかも、、、

「正しい食事」は、人体にとって正しいことなので、辛いも、ガマンも、制限もないのです。肥満もメタボも心配ありません。

では、「正しい食事」とは何なのでしょうか?


肥満は現代版の栄養失調

現代人は「肥満環境」の中に生活しているといわれます。大昔であれば、食糧難で栄養不足状態にあったものが、現代ではまったく逆です。私たちのまわりには、いろいろな食べ物が満ちあふれています。今や「飽食の時代」ともいわれています。。

しかも、その中味をみると、カロリーが高く、栄養のバランスも崩れてしまっているのです。

2016年版の「世界栄養報告GNR」によると、肥満または体重過多の割合は世界のほとんどの国で上昇していると報告します。また、体重過多の人、糖分、塩分、脂質、コレステロールの血中濃度が高い人は、肥満のほか、心臓疾患、糖尿病、ガンの発症リスクが高くなっているといいます。

WHO世界保健機関では、現代人の肥満は(栄養バランスの悪い)一種の“栄養失調状態”であると結論づけました。

一方、米ヒルトン・ヘッド健康研究所のミラー博士は、「栄養のバランスさえとれていれば減量できる。肥満は栄養のバランスが悪いために、体のエネルギー代謝効率が低下していることが大きな原因」と述べています。

肥満ロイター.jpg

肥満しない食事のノウハウとは?

実は、肥満の原因は“脳”にあります。

ほとんどの肥満は、これまでの食生活や、あるいは間違ったダイエットによって、栄養のバランスが崩れたり、ストレスになったりした結果、“脳の食欲中枢”に変調をきたして起こっているのです。

食欲中枢の中にある摂食中枢と満腹中枢のバランスが崩れると、たくさん食べても満腹感が得られません。また、ぎゃくに間違ったダイエットなどをすると摂食障害に陥ることもあります。

これに対して、正しい食事は食欲中枢の働きを正常にします。
栄養バランスの良い正しい食事は、メタボの改善や生活習慣病の予防にもつながります。

正しい食事の効果.jpg

自ら体験.jpg

永島例.jpg

この食事法を始めたのは24年前です。その当時の記録がとってありますが、4ヶ月間で10s減量できました。最初の1ヶ月は目立った効果はでてきませんでしたが、その後、体重が減るときはストンと落ちていきました。

なによりも嬉しいのは、夕食をしっかり食べられるようになったこと。それまでは夕食で太ると信じていたので、いつも遠慮して食べていました(それでも肥満していました)。

食事を楽しく食べられて、正常な体重がコントロールできる。しかも、健康にもアンチエイジングにもなる。こんないいことはありませんね!

永島減量記録.jpg
減量の写真.jpg

新藤の例.jpg

運動が得意で中学、高校とバスケットボール部。大学は体育大学。そして、都内の会員制スポーツクラブに就職してインストラクターになりました。この頃の体重は47s〜48sでした。
ところが、この仕事を転職しデスクワークになってからは太っていきました。

今振り返ると、当時は、昼はコンビニの菓子パンと甘い物。夜は中華ファミレス、おそば屋さんなどというように外食が多く、体育大出身でありながら、栄養のこともほとんど考えずに食事はひどかった。このため20代後半には10sオーバーの56sになってしまいました。

20年以上前に、この正しい食事法で減量に取り組みました。もともと料理も食べることも好きなので、『夕食をしっかり食べられる』というのはすごく魅力的でした。

1年で10sの減量になり、体重は46sになりました。その後、その食事法を続けていいて、現在でも43sを維持しています。

ふつうなら中年太りを気にする年齢に入っていますが、この食事法をやっている限り、体重・体型、それも健康も維持できるという安心感があります。

「生涯、健康に適正な体重を維持できる方法です」。

新藤減量の写真.jpg

夕食十分のダイエット法.jpg
posted by Dr.ナガシマ at 09:52 | 肥満解消