がん治療で免疫力の低下は? 新型コロナ

2020年04月28日

女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルス肺炎で亡くなられました。
岡江さんが今年1月から2月にかけて放射線治療を受けていたことで免疫力が低下していた可能性が報道されました。

このことからか、がん治療を受けている方から危険性についての問い合わせが多くなっているようです。

一方、日本放射線腫瘍学会では「早期乳がん手術後に行われる放射線治療は、体への侵襲が少なく、免疫機能の低下はほとんどありません」とアピールしています。

しかし、日本放射線腫瘍学会の言い分をにわかに信じることはできません。

他の専門医からは「あえて新型コロナウイルス感染症、がん患者さんが感染すると危険かに答えると、“がんによる”“治療法による”と言えるだろう。中国からの報告では、いま治療中のがん患者さん・がん治療を終えた患者さんで重症化しやすいというデータもある」と。

免疫力とは、具体的には、血液の成分のひとつである白血球やリンパ球の働きことを指します。白血球やリンパ球は“免疫細胞”と呼ばれます。

(下図、ライフライン21 がんの先端医療より)
図1.jpg

がん細胞が増殖した後に起こる、最も恐ろしいことの1つは、がん患者さんの体の免疫力が無力化してしまうことです。具体的には、免疫を無力化する「免疫抑制細胞」をがん細胞の周囲に増やします。

図2.jpg

つまり、がんに罹れば、免疫力が低下するフェーズ(局面)が多くなる可能性は否定できないのです。

どちらの説が正しいか、正しくないかはわかりませんが、とにかく、がんに係らず基礎疾患を持つ人は、新型コロナに絶対的な注意が必要であることは言うまでもありません。

手を良く洗うこと。他人との接触を避ける。栄養を十分にとること。

これらのことをしっかりやる。暫くの辛抱です。

そらサプリ.jpg
https://www.sorawebshop.jp/

posted by Dr.ナガシマ at 14:40 | がん予防

新型コロナの重症化の要因“肥満”が鮮明に!

2020年04月26日

普通の人に比べて免疫力が低下しているため、肥満の人に新型コロナウイルスの重症化が多いことが欧米各国の医療現場からの報告で次第に明らかになってきました。

いまや肥満人口は世界的に増大しており、新型コロナ被害が各国で深刻化する一因になっている可能性があります。

新型コロナの感染者数、死者数ともに世界最多となったアメリカでは、重症の新型コロナ患者と肥満とを結びつけるデータが相次いでいます。実はアメリカこそ世界的な肥満大国です。

アメリカ政府の疾病対策センター(CDC)によると、基礎疾患の有無で感染者を分析したところ、最も多かった基礎疾患は糖尿病で全体の12%。次に多かったのが慢性肺疾患の9%と心臓血管疾患の9%でした。

糖尿病や心臓血管疾患は肥満が原因となることが多く、今回のデータで肥満と重症化の関連がより一層明白になったのです。

肥満が新型コロナウイルスに感染しやすくなることは、アメリカのみならず世界的な傾向としても認められているようです。

ヨーロッパでも、新型コロナの重症化と肥満の因果関係を示すデータがだされました。
イギリスの調査機関によれば、ICU(集中治療室)に運び込まれた新型コロナの感染者の何と72%が肥満あるいは肥満傾向の患者であったといいます。しかも、BMI25未満の患者は58%が助かる一方で、肥満の患者が生きてICUを出られたのは39%にとどまりました

新型コロナと肥満.jpg

新型コロナのパンデミック発生源となり、多くの死者を出した中国でも肥満人口が急増しており、絶対数で見れば世界最大の肥満大国となっています。

世界保健機関WHOは肥満を世界的な「エピデミック(流行)」と表現し、各国政府に対策強化を促しています。

ちなみにWHOによれば、世界的な肥満人口の増加の背景には高カロリー食の摂取や運動機会の少ないライフスタイルの広がりがあると指摘し、肥満が心疾患、糖尿病、筋骨格障害、子宮がん、乳がん、肝臓がんなど様々な病気の主要なリスク要因になっているとも警告しています。

肥満解消法.jpg
https://www.sorawebshop.jp/page/65

posted by Dr.ナガシマ at 14:36 | 肥満防止

外出自粛でも運動不足にならないわけ

2020年04月23日

新型コロナウイルスの緊急事態宣言がだされて、ボクシングジムも休館。外でのランニングも感染リスクがあるのでダメ。

でも私の場合、運動不足になる心配はありません。

自宅のトレーニング部屋で、体力がおちないよう毎日鍛えています。

私も前期高齢者。だから体力を落とすのが一番恐いこと。好きなボクシングもできなくなる・・・。

この際、小さな部屋でいいから“トレーニング部屋”を作ることをおすすめします。
一つ一つの道具は、それほど値段の高いものではありません。徐々に揃えていきました。

ダンベル.jpe

スピンバイク.jpg

レッグマジック.jpg

肥満解消法.jpg
https://www.sorawebshop.jp/page/65
posted by Dr.ナガシマ at 14:51 | 運動

外出自粛での栄養補給法 新型コロナ

2020年04月10日

新型コロナで外出自粛要請が出されて、家で過ごすことが多く“巣ごもり状態”になったこの頃。
“コロナ太り”というのが問題になっているようです

運動不足に加え、ストレスから食べる量が増えてしまうという悪循環。肥満になってしまう以上に「放っておくと、糖尿病や脂質異常症、高血圧につながる可能性がある」と警鐘を鳴らす専門医も。

また大きな問題は「免疫力」が低下すること。当然、新型コロナに感染して重症化にもなりやすくなります。

さらに病気だけでなく、免疫力の低下によって血行が悪くなると、新陳代謝が低下して美容の面にも悪影響が現れることも。

免疫力を下げないために重要なことは言うまでもなく、まず“食事”が大事。
いかに栄養バランスの良い食事が取れるかです。その方法とは・・・

@いろんな栄養素をバランスよくとる
ある特定の食品を食べれば免疫力があがるというわけではない。
5大栄養素がバランスよく含まれる食品を食べる事が大切。

Aよく噛んで食べる
よく噛んで食べることで、必要な栄養素の消化吸収を助けます。
腹8分目を意識して食べ過ぎを防止。でも、腹八分目にして栄養バランスを図ることが難しい

Bタンパク質を豊富に
免疫細胞の主要な成分はタンパク質。肉類・魚類・卵・大豆製品・乳製品などを豊かに。

C抗酸化作用がビタミンをとる
免疫細胞の強化に必要な栄養素は、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE。

D免疫細胞を活性化するカルシウムの補給を十分に

今や外食をやめて内食が増えているといいますが、その反動として野菜などが値上がりしているとのこと。そうなると、どうしても毎度食事を作る大変さも手伝って、栄養のバランスが悪化しやすくなります。

そこで、「BOSS法」の食事を紹介します
基本的にはプロテインを主体にした総合栄養補助食品『サプリタイム』を活用する方法です。

実は、肥満も栄養バランスの悪化から起きていることなのです。

BOSS法の食事.jpg

肥満解消法.jpg
https://www.sorawebshop.jp/page/65
posted by Dr.ナガシマ at 13:58 | 健康の考え方

マスコミ自体が“平和ボケ” 新型コロナウイルス

2020年04月06日

(公財)日本健康・栄養食品協会をとおしての知人の記者Tさんからメールが届きました。

それは、新型コロナウイルスに関する記者会見の記者さん達の驚く態度でした!

以下はTさんのメールより・・・

今回の新型コロナウイルス感染問題では、国や東京都をはじめとした多くの自治体が記者会見を行って中継されましたので、ご覧になった方も多いかと思います。

で、いつも気になるのが記者さんたちの態度。というか立ち振る舞い…。私が勝手にそう思っているだけかもしれませんし、あくまでも一部ですけど…。

あれだけ、マスク、マスクと言っておきながら、東京都の会見の時には半分以上の記者はマスクしていませんでしたね。さらに、あれだけ席があるのにくっついて座って、他のところではおもいっきり席が空いていたり…。肘ついてだらしない恰好でTVに映っていたり・・。カメラの前で数人が寄り集まって話していたり…。危機感ゼロ…。

話は「都市封鎖ギリギリ・・」っていう内容なんですけど、あれでは画面から危機感伝わらないですよね…。自分たちは関係ないって思っているんでしょうかね?それとも自分たちは別格?  
記者クラブという“りっぱな村社会”があるんですから、「全員マスク着用」「席は1つずつ離れて座る」とか…。そこはきちんと対応すべきだと思いますよ…。

小さなことの積み重ねが大事なんだと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まさに、緊急事態宣言が出されるという最中・・・、

本当に、日本はマスコミから“平和ボケ”してるんですね(呆れる)。

そらサプリ.jpg
https://www.sorawebshop.jp/
posted by Dr.ナガシマ at 10:33 | 健康の考え方

脳は老化しない! 研究結果

2020年04月04日

年齢とともに脳細胞は減るばかりと習ったはず。つまり脳は老化しっぱなしで、衰える一方というのが今までの常識。ところが最新の脳科学では、“脳は老化しない”が正しいというのです。

寿命と脳の間にはどのような関係があるのか? 歳をとると脳神経細胞であるニューロンには何が起こるのか? 認知能力の衰えは避けることができるのか? 

近年、こうした疑問の解明につながる研究が盛んになってきたようです。

脳の機能.jpg

例えば、脳の大きさと長寿には関係があり、特に人間のように体と比べて大きな脳を持つ種ほど長寿が期待できるといいます。

しかも最新の最も驚くべき発見は、脳は決して老化しないというのです。
「体のほかの細胞は不可避的に老化していきます。細胞が増殖する過程で遺伝子DNAにダメージが蓄積され、ついには細胞が死に至るからです。これに対してニューロンは、一度分化するとそのまま残る」と、ミラノ大学の神経生物学者ミケーラ・マッテオーリは説明します。

ニューロンの構造.jpg

つまり、体と脳の老化に関しては異なる道を歩んでいるのです。

では、ニューロンに寿命の限界は存在するのでしょうか?

「最近の研究が示唆しているように、神経細胞は体よりも長く生き延びることができる」
これは、パヴィア大学とトリノ大学のイタリア人グループが発表した研究結果です。
この研究は、マウスの胚から神経前駆細胞を採取して、これを平均寿命が2倍のラットの胚の神経システムに移植しました。そうすると、このニューロンは新しい宿主の死まで、完璧に生きたといいます。

一方、ニューロンを損傷する環境的、生物的、分子的要因が数多くあることも事実です。
これらのリスクに晒(さら)される時間が長くなるほど、ニューロンが損傷する可能性も高くなるのは明らかで
す。

アルツハイマー病をはじめとする老年期の脳神経変性疾患は、病気の進行を止めることのできる治療法がなく、世界の健康・社会・経済の危機となっています。

では、どうすればニューロンを長生きさせられるのか?

先ほどのマッテオーリは説明します。「運動をすること。運動が脳内のプロテイン(タンパク質)のレベルを増加させて新しいニューロンの形成を助けます」

また、「細胞を損傷させるフリーラジカルを防ぐために、抗酸化物質(ビタミンC・E、ポリフェノール等)やオメガ3(EPA・DHA等)を豊富に摂ること。さらに重要なのは、歳をとっても頭脳をきたえること。というのも学習は脳の柔軟性を保ちシナプスの形成を促進させるからです」。

年を取ったら“ボケるのが当たり前”と考えるのは早計のようです。

タンパク質、抗酸化ビタミン、ポリフェノール、EPA・DHAの摂取、そして運動というような自分の努力次第で、アルツハイマー型認知症などの脳疾患は予防できるということですね。

そらサプリ.jpg
https://www.sorawebshop.jp/
posted by Dr.ナガシマ at 15:40 | アンチエイジング