なぜ肥満だと、病気しやすく短命なのか?

2019年01月08日

誰もが100歳まで生きられる時代になるということで、国は「百寿社会プロジェクト」を立ち上げました。現在、日本の100歳以上の人口は7万人を超えるといいます。

でもそれは、裏を返せば“要介護人口”を増やすことにつながりかねないのです。
その理由は、健康寿命が延びていないからです

「健康寿命」とは、日常的・継続的な医療や介護に依存しないで、自分で生命を維持して、自立した生活ができる期間のこと。現在、この健康寿命は平均寿命よりも男女共に約10年も短くなっています。つまり、老後の最後の10年間は、自立できず介護などが必要となって終わるということなのです。

いくら平均寿命が延びても、健康寿命が延びなければ意味がありません

他人の手を患わさなければ生きていない状態が長期に・・・。
健康を失えば、その危険性が非常に高くなるのです。

そうならないためにも、「肥満」を防止しなければなりません。
なぜなら肥満は生活習慣病の大きな要因になっているからです

では具体的に、肥満にはどんな弊害があるのでしょうか?

<善玉と悪玉の生理活性物質>

実は、脂肪細胞からは生理活性物質である「アディポサイトカイン」が分泌されています。

生理活性物質とは、体のさまざまな活動を調節したり、活性化したりする化学物質のことで、ホルモンや神経伝達物質など。また生理活動にいろいろな作用をもたらす物質で、ビタミン、ミネラル、酵素やホルモンなどもそれに当たります。

一方、肥満して体の脂肪が過剰にたまると、「悪玉のアディポサイトカイン」が過剰に分泌され、くわえて「善玉のアディポサイトカイン」の分泌が低下してしまうのです。

このため、高血糖、高脂血症、高血圧などのいろいろな病気につながってしまうことが医学的にもわかってきました。

生理活性物質.jpg

肥満に関係する病気.jpg
大腸がん・前立腺がん・乳がんなどの多くのがんのリスクを
高めることもわかっています。


日本肥満症予防協会副理事長の宮崎氏によると・・・、
「日本人は軽度の肥満でも、さまざまな健康障害を引き起こす内臓脂肪型肥満が多く、いろいろな病気に繋がっている」
「肥満と判定された人は、体重を3%以上減らすだけでも内臓脂肪が減り、検査数値が改善することが多い」

と指摘しています。

★★BOSSダイエットweb
posted by Dr.ナガシマ at 16:05 | ダイエット