百歳で元気! ピンピンな人の秘密?

2018年12月04日

現在の優れた医療を後ろ盾にしても、100歳を元気な状態で迎えるのは難しい。そんな中、慶應大学医学部の「長寿500人の追跡調査」で、ついに健康長寿の命運を握る「鍵」が解き明かされました。

そのポイントをまとめてみると・・・

1.死亡リスクの高いがん、脳卒中、心臓病の発症を促す「万病の元」その生活習慣や、とくに糖尿病などはほどんど無縁。

2.できるだけ体を動かしている。しかも日々の細々とした雑用をできるだけ人の手を借りず、自分でこなしている。

3.社会への関心を失わず、自分の生活に閉じこもるのではなく、他人とのコミュニケーションをとったりすることが、結果的に脳の活性化につながっている。

4.常に前向き。百歳長寿者の方たちは、とにかくポジティブ。人より長生きすることは、それだけ親しい人との別れを経験するなど、数々の悲しみを乗り越えることにもなる。

それでも不幸の数を数えるのではなく、くよくよしないで前向きに生きることが、ひいては心身の健康につながっている。

2025年での要介護者数は、何と700万人にも達すると推定されています。
要介護になっては、「ピン・ピン・コロリ」とはいえません。

そのためには、元気な長寿を目指す必要が絶対にあります。
posted by Dr.ナガシマ at 10:52 | アンチエイジング