「逆流性食道炎」医療で治すのはあきらめた!

2017年12月07日

一昨年の8月に逆流性食道炎に罹ってしまいました。

「逆流性食道炎」というのは、胃のすぐ上の噴門(下部食道)の締まりが悪くなり、食後などに、食道へ胃酸が逆流してしまうんですね。食道は胃と違って胃酸から守る機能を持っていません。だから、食道が侵されて荒れてしまうわけです。これが続いて、悪くすれば食道がんの原因にもなります。

私の場合、みぞおち部分の鈍痛が続いて夜も寝られないという状態。そこで、胃腸専門のクリニックに通いました。でも結局、オメプラソールという胃酸抑制薬をくれるだけ・・・。

ゲップも酷く、咽が痛くて声もかすれてきます。思いあまって市販の咽スプレーを買い、度々つけていると多少は治まるのですが・・・。

内視鏡の検査もやって、幸い食道がんの疑いもなく少し安心しましたが、症状の方はほとんど回復しません。市販薬ではなく、もっといい咽スプレーを処方してもおうと医師に頼むと、耳を疑う返事がかえってきたのです。
「それは、耳鼻咽喉科にいってもらえますか」。

えっ! だって逆流性食道炎に咽の炎症というのはつきものじゃないの?? 
しかし、すぐ納得しました。人の体を部分として診るだけで、全体としては捉えられない。まさに、これが現代医療なんだと・・・。 

「薬を飲めというだけ。しかも、その薬もちっとも効かない。根本的な治療法のアドバイスもない」。
結局、医療で治すのはあきらめました。もちろん薬も自ら中止! 
そうなれば自分自身で治すしかありません。

まずやったことは、食事の量を減らすこと、これが最も効果があると思われます。そして、よく噛み、口の中でドロドロの状態にして、胃には負担をかけないようにすること。
このため、夕食にご飯は止めることにしました。なぜなら、ご飯は十分によく噛めないし、また消化も悪いと考えられるからです(糖質制限食にもなりますね)。
かわりとして、サツマイモの蒸かしたのを1/2本程度食べるようにしました(通じも良くなります)。

幸いなことに、私の1日の食事はBOSS法にしたがったものです。だから食事量が減っても、栄養摂取や栄養バランスに対する不安はまったくありません。朝は「サプリタイム(プロテイン中心の栄養補給食)+果物」、昼は「パン食+野菜サラダ+果物とサプリタイムをミキサーした飲料」。
したがって、胃腸に負担の大きい食事は夕食だけなんですね。

さて、おかげさまで、逆流性食道炎の症状はほとんど治まりました。
もう2年経ちますが、もちろん医療にもかかっていないし、薬も飲んでいません。

それこそ逆流性食道炎も「生活習慣病」。自分で治す病気の典型かもしれませんね!

BOSS法の食事に『サプリタイム』
posted by Dr.ナガシマ at 10:29 | 健康の考え方