この朝食だからこそボクシングも続けられる!

2017年11月03日

昌和リング.jpg

昨日もジムのリングに入って対戦してきました。
何と69歳になる私が若い人を相手に闘うことができるのも(テクニック以外)、もちろん体力を維持できているからなのです。

ご存知かもしれませんが、ボクシングはとてもスピードとスタミナが必要となるスポーツです。
だからこそ“肥満”しては動けませんし、かといって体重を落として筋力などが落ちてしまっては闘うことができません。つまり、食事の管理が非常に重要になるのです。

そして普通には、よく朝食が重要だと糖分不足にならないように「ご飯」などの炭水化物をしっかり食べないといけないと言われます。

でも、本当にそうでしょうか?

私の経験でも、このような「朝ご飯」をしっかり食べた後は、眠くなります(あなたもそうでは?)。
かつてのサラリーマン時代、朝食を食べた後の通勤電車ではほとんど寝ていましたね。
また朝食に限りません。昼食にしろ夕食にしろ食べた後にはすぐ眠くなりますよね。

つまり、朝食が活動のためというのはウソなのです。消化吸収が必要とされる食べものがすぐにエネルギーに変わるわけはありません。それよりも、消化吸収のためにエネルギーが奪われる方向にあり、だから、眠くなって休むことが必要となる、これが自然なのです。

最近の研究では、ブドウ糖(ご飯などの炭水化物)が脳の唯一の栄養だというのは完全な誤りで、実は、脂質(体脂肪)から作り出されるケトン体こそが脳の主要なエネルギーといわれるようになってきました。
むしろ糖質によって血糖値が上がったり(動脈硬化の要因)、肥満につながることが問題とされているのです。
“糖質制限食”という考え方がでてきたのもこのことによります。

そして、私が20年近く前から始めたBOSS法の朝食は、『プロテインサプリメント+果物』です。この食事は「低カロリーでバランスの良い栄養補給」が目的です。もちろん(果物以外)糖質はゼロにちかくなります

こうして栄養バランス良く体重管理をすることで、むしろ筋力を維持・増強すことが可能になるのです。
実は、年齢に関係なく筋力は栄養管理とトレーニングによって維持・増強できることが科学的にも立証されています。

事実、私がこの歳にしてボクシングという激しいスポーツができるのも、このBOSS法による朝食のお陰と思っています。

ちなみに、毎年の健康診断の数値も全て正常。また、朝食の後に眠くなるなんていうことは全然なく、朝ぱっと目が覚めて、しっかり活動できています。

百歳を越えてもボクシングを続けているというのが私の目標! それができたら自分ながら凄いなと思いますね。

私の毎朝の食事.jpg

私の使っているプロテインサプリメント『サプリタイム』
posted by Dr.ナガシマ at 15:12 | アンチエイジング