運動後30分以内「体作りのゴールデンタイム」とは!?

2017年10月05日

運動後30分以内には、体内での成長ホルモンの分泌がさかんになり、筋肉の合成が活発になります。この時間帯は「体づくりのゴールデンタイム」ともいわれ、(十分な)たんぱく質を補給できれば筋肉の成長を促すことができるのです

ゴールデンタイム グラフ.jpg

もちろん、たんぱく質は魚や肉を食べることで摂取することができます。でも、体内で分解されて栄養素として吸収されるまでには約3時間かかってしまいますから、運動してから魚や肉を食べたのでは、ゴールデンタイムには全然間に合いません。 

そうなると、牛乳のようなもので、その効果が期待できるか?
となれば、問題があります。

研究結果でも示されているように、牛乳の場合には運動直後に400〜600ml飲む必要があり、たんぱく質量は13.2〜19.8グラムになります。しかし、摂取カロリーは282kcal〜423kcal(低脂肪牛乳では194kcal〜291kcal)にもなってしまうのです。ご飯2杯程度のカロリーです。

アスリートのように激しい運動をするならいざしらず、普通の人の運動量では逆効果になってしまいます。

しかも、運動で多くのエネルギーを分解するときに不可欠なビタミンB群、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの摂取も重要です。これらの栄養素も運動時に激しく消耗するので、運動直後に補給する必要があり、細胞の働きを正常化させて疲労回復を早めることができるのです。もちろん筋肉の回復に対しても同じです。

だから、ビタミンB群やミネラルの量が、それほど多くない牛乳をゴールデンタイムの食品とするのはおすすめできません。

やはり、運動後の「体づくりのゴールデンタイム」には、プロテイン(たんぱく質)、ビタミン、ミネラルの質・量ともに優れる『サプリメント』の利用が望ましいのです。

ゴールデンタイムにサプリタイム.jpg

サプリタイムの詳細→

posted by Dr.ナガシマ at 11:05 | 運動