「置き換えダイエット」の“置き換え”というのが違うよね!

2014年10月26日

「置き換えダイエット」というのが、そもそも気にくわない。置き換えとは、「やせる目的のためにしばらく食事に代わりに」という安易な感じで、ダイエットで減量ができたらもう終わり、ということですか? では、その後はどうなるんですか? また前の食生活に戻って太っちゃうじゃないですか。

わたしの場合、18年前に(ダイエットで)10s減量して、それを維持していますし、食事方法もその時のままです。だから、置き換えたわけではない。悪かった食事の方法を正しい食事の方法にしたまでのこと。現在もそれで肥満にならなくてすみ、健康も維持できているわけです。

他の方の例もご紹介しましょう。

下は、56才女性Tさんのデータ。
富士山BOSSダイエット開始時(8月上旬)。  身長153センチ、58キロ、
  体脂肪率35%、BMI=25
富士山目標は8キロ減らして、50キロ。
  体脂肪率27% BMI=21

Tさんの職業は看護師さん。過去のダイエットの経験は、他社の「置き換えダイエット」に挑戦したが続かなかったとのこと。
こような「置き換えダイエット」とは、1日3食のうちの1〜2食をダイエット食品に置き換えることで1日の摂取カロリーを減らして痩せる方法であり、置き換える食事は夕食が一番効果があるとされています。この置き換えダイエットで名前が売れているのは、マイクロダイエットやリエータなど。やり方は? というと、朝食、夕食をプロテインドリンクに替えるというもの。しかも、普通の食事は昼食だけ。

その結果はどうなるかというと、「夕食」をプロテインのみにしているため、節食によるストレスが問題。確かに早く痩せはするが、それもTさんのように一時のこと。結局は挫折、リバウンドしてしまいます。
つまり置き換えダイエットというのは、カロリーさえ減らせればいい、食べなければやせるんだという極めて短絡的な考え方、やり方です。

一方、正しいダイエットというのは、人間本来の食事のあり方に沿う方法です。
その中で、プロテインなどのサプリメントを利用するというのは、栄養のバランスを良くすることが目的。しかも、このサプリメントは朝食と昼食に利用すべきものです。

つまり、正しいダイエットでは「夕食をしっかり食べる」ことを大切にします。夕食を軽くみている「置き換えダイエット」とは以て非なるもの。

ところで、Tさんですが、当社のBOSSダイエットを始めてちょうど3ヶ月が経過。体重は2.5キロ、体脂肪率は3.5%減りました。夕食では晩酌も楽しんで、食事もたっぷり満足するまで食べているそうです。


我慢ではない。栄養バランスをよくして食事も楽しむ。
健康になりながら、体脂肪も減らせる「BOSSダイエット法」詳しくは→




posted by Dr.ナガシマ at 16:40 | 肥満防止