●筋肉指向では、格好いい体つきにはなれない!

2014年10月03日

59歳からボクシングを始めた理由の一つというのが、姿勢がジジイぽくなってきたのを何とかできないかと思ってたからなんですね。全身が鏡に映る姿を見ると、背中は丸くなっているし、下腹も少し出ていて緩んだような感じ! もちろん15年前に10s減のダイエットに成功し、それをずっと維持してきました。

でも、いくら体重や体脂肪が下がっても、何にもしなきゃジジイの体になってしまう。こりゃ当然だと思って、何か運動しよう、それがボクシングだったのです。大学時代に、遊び半分でやっていたので、それもきっかけになりました。

ところで今日言いたいことは、筋肉指向では、ボクシングでも、他の運動でも絶対に上手くなれない、格好良くもなれない、ということなのです。

とかくウェイトトレーニングを一生懸命やれば、筋肉もりもりで、姿形も格好も良くなるだろう。そう思って、中高年の人達がけっこう励んでいる姿を見かけていますが、確かに筋肉はつくけど、やっぱり背中を丸くした爺さんで、歩くときはヨボヨボの姿。
女の人だって同様です。

つまり体というのは体全体で維持し、活動しているのであって、部分的な筋肉をいくら発達させたところで格好の良い体つきにはなれない。

この話は、また次の機会に続けたいと思います。

ナガシマ プロフィール →


参考記事
「ボクシングだけでは痩せないな!」→
「運動しない若者よりも、スポーツをやっている高齢者」→
posted by Dr.ナガシマ at 15:49 | 運動 ウェイトトレーニング ダイエット